香港、大陸からの渡航者を全員隔離へ 新型ウイルス

Medical staff strike demanding a full closure of the border with the mainland Image copyright EPA
Image caption 香港の医療従事者は境界の全面封鎖を求めてストライキを行った

新型コロナウイルスの流行を受け、香港自治政府は5日、中国大陸からの渡航者全員に14日間の隔離措置を行うと発表した。8日から施行される。

一方、香港の医療従事者は境界の全面封鎖を求めてストライキを行っているが、当局はこれを拒否している。

香港ではこれまでに21人が新型ウイルスに感染し、1人が死亡している。

新型ウイルスをめぐっては日本でも、横浜港に停泊しているクルーズ船の乗員乗客のうち少なくとも10人から陽性反応が出るなど、感染が拡大している。

<関連記事>

新型ウイルスは深刻な呼吸器感染症を引き起こすもので、発熱や空ぜきといった症状から始まるとみられている。

しかし感染した多くの人が、通常のインフルエンザのように完治しているようだという。

中国国内では5日時点で、死者が563人、感染者は2万8018人に上っている。

死者には、湖北省の自治体が5日、新たに死亡が確認されたと発表した70人も含まれている。

中国国外では、25カ国で191人の感染が確認された。死者は6日時点では、フィリピンでの1人のみ。

世界保健機関(WHO)は先に、新型ウイルスのアウトブレイク(大流行)について国際緊急事態を宣言した。

テドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は5日、新型ウイルス対策に3カ月で6億7500万ドル(741億7600万円)を投じる必要があると訴えた。

香港の隔離措置とは

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官はこの日、中国大陸から香港への渡航者は、外国人も含め、14日間隔離されると発表。しかし、実際の方法については言及しなかった。

隔離の場所や、香港市民であれば家で過ごせるのかなど、詳しいことは不透明なままだ。

香港には4日、数万人が中国大陸から渡った。

Image copyright AFP
Image caption 啓徳クルーズ・ターミナルに停泊している「ワールドドリーム」

林鄭行政長官は境界の完全封鎖をするまでには至っていない。しかし、境界の封鎖を求める医療従事者によるストは3日目に入り、数千人が参加している。

一方で香港は、海からの渡航を禁止し、啓徳クルーズ・ターミナルも閉鎖する方針だ。

同ターミナルに停泊している「ワールドドリーム」では、1月19~24日に乗船していた中国人3人が下船後に新型ウイルスに感染していたことが分かったため、乗員乗客約3600人に対して検査を行っている。

香港では、2002~2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)では300人が亡くなっており、こうした事態を繰り返すことになるのではとの懸念が広がっている。ただし、新型ウイルスの致死率はSARSの9.6%より格段に低いという。

こうした中、香港を拠点とするキャセイパシフィック航空は2万7000人の従業員に対し、新型ウイルスのアウトブレイク対策として、3週間の無給休暇を取るよう要請している。

横浜港のクルーズ船の状況は?

Image copyright Getty Images
Image caption 横浜港に停泊している「ダイヤモンド・プリンセス号」には、3700人が乗船している

横浜港に停泊している「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗員乗客3700人のうち、検査を受けたのはこれまでに300人近く。感染が確認された10人は病院に搬送されたが、その他の乗員乗客は船内にとどまるよう指示されている。

同クルーズ船では、1月に乗船していた香港出身の80歳の男性が新型ウイルスに感染していたことが判明し、検疫が始まった。

乗船しているイギリス人のデイヴィッド・アベルさんはBBCの取材に対し、本来であれば4日にイギリスに戻る予定だったと説明した。

「ブリティッシュエアウェイズ(BA)の4日朝便を予約していたが、キャンセルしなくてはならなかった。いつ下船していいのか分からない」とアベルさんは話した。

「他の乗客と接触できないし、食事は船室に運ばれてくる。非常に簡素で、クルーズ中に楽しんでいたものとは全く違う」

WHOが支援呼びかけ

6億7500万ドルの計画を呼びかけているWHOのゲブレイエスス事務局長は、「国際社会に対して、きょう投資しなければ後から多く支払うことになるというメッセージを発信する」と述べた。

資金の多くは、新型ウイルス対策に支援が必要な国へ送られる予定で、24カ国にマスク50万枚と呼吸器4万個が支給されるという。

事務局長はまた、このウイルスを制御する「絶好の機会」が訪れていると指摘したほか、ビル&メリンダ・ゲイツ財団から1億ドルの寄付があったと発表した。

一方で、中国のテレビ局が浙江大学で新型ウイルスに有効な治療薬を発見したと報じたことを批判。「まだ効果的な治療法は見つかっていない」とくぎを刺した。

5日にあったその他の進展は以下の通り。

  • マレーシアでは、ペナン州に中国人1000人を乗せたクルーズ船が来るとフェイスブック上で警告したジャーナリストが、社会不安を引き起こしたとして起訴された
  • インドネシア・バリ島では、政府が中国との発着便を停止したため、数千人の中国人観光客が足止めされる可能性がある
  • 東京オリンピック(五輪)の組織委員会は、ウイルスの感染拡大が大会に与える影響について「非常に懸念している」と話した
  • ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、マスクの値段を引き上げている薬局について認可を取り消すべきだと発言した
Image caption 各国の新型コロナウイルス感染者数。左上から日本33人、タイ25人、シンガポール24人、韓国18人と続く。 出典:欧州疾病予防管理センター/BBCリサーチ(2月5日現在)

(英語記事 Hong Kong to quarantine mainland China visitors

この話題についてさらに読む