弾劾裁判で造反、ロムニー議員に批判殺到 「不愉快な負け犬」

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
造反したロムニー米上院議員の演説、「大統領は重罪と不品行を犯した」

アメリカのドナルド・トランプ大統領に対する弾劾裁判で造反したミット・ロムニー上院議員(共和党、ユタ州選出)に対し、大統領や与党・共和党内から怒りの声があがっている。

今月5日に上院で行われた評決の投票でロムニー氏はただ1人造反し、有罪票を投じた。

トランプ大統領は、2012年大統領選で共和党の大統領候補だったロムニー氏を、隠れ民主党員だと批判。保守系メディアの著名人らも、ロムニー氏は離党すべきだとの意見を展開している。

一方、批判的になりすぎるのは良くないとくぎを刺す共和党幹部もいる。

共和党のミッチ・マコネル上院院内総務は、ロムニー議員は追放されるのかと記者団から質問されると、「嫌悪感をもっている人はいない。最も大事な投票は次の投票(大統領選)だ」と答えた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
トランプ氏の弾劾裁判、無罪評決の瞬間

野党・民主党が多数派の下院は昨年12月、トランプ氏を権力乱用で弾劾訴追した。トランプ氏が昨年7月にウクライナの大統領との電話で、軍事援助の凍結解除をちらつかせながら、政敵ジョー・バイデン前副大統領を捜査するよう働きかけたとした。

また、ウクライナ疑惑をめぐる下院の調査を妨害したとして、議会妨害でも弾劾訴追した。

上院は現在、53対47で共和党が多数を占める。有罪評決には3分の2以上の賛成が必要なため、ロムニー氏の造反では票が足りず、トランプ氏の無罪が決定した。

今年11月、トランプ氏は弾劾裁判にかけられた大統領として初めて大統領選挙に臨む。

「重大な過ちをおかした」

ロムニー氏は5日、投票前の演説で「大統領には、国民の信頼をひどく侵害した罪がある」と指摘。トランプ氏は「過ちを、重大な過ちをおかした」と話し、権力乱用については有罪に票を投じると表明した。

一方、議会妨害については無罪に投票すると述べた。

また、上院が昨年9月に解任されたジョン・ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を証人として呼ばなかったことに失望していると述べた。ボルトン氏をめぐっては、ウクライナ問題をめぐるトランプ氏の発言を直接聞いていたとされており、民主党側が召喚を求めていた。

ロムニー氏は、この投票でトランプ氏や共和党員の怒りを買うだろうと認めた上で、「大統領の逃れられない罪については、無罪評決に反対することが神への誓いを守ることになる」と語った。

「私の票は、上院では少数派になるかもしれない。しかし、自分の子どもやその子どもに、私は義務を果たすために最善を尽くしたと言いたいし、アメリカも私にそれを期待していると信じている」

トランプ陣営の「とげ」

ロムニー氏は長い間、トランプ陣営にとってとげのような存在だった。2016年の大統領選では、ロムニー氏は公の場でトランプ氏を「ペテン師で偽者だ」とやゆしていた。

しかし、トランプ氏が大統領になった後、ロムニー氏は国務長官の座を求めてトランプ氏と食事をしている。トランプ氏は結局、ロムニー氏以外の人物を指名した。

マサチューセッツ州知事を務めた経験があるロムニー氏は、2019年にユタ州の上院議員になって以降、トランプ氏への批判を強めている。

同氏の任期は2024年まで。

<関連記事>

ロムニー氏の投票後、トランプ大統領はツイッターに投稿した動画の中で、ロムニー氏を「民主党の隠れた資産」だと指摘した。

また、6日朝には、「敗北した元大統領候補のロムニーが、私の弾劾裁判で偉そうに振りかざしたのと同じエネルギーと怒りをよろよろのバラク・オバマに勝つために使っていれば、大統領になれていたかもしれない」とツイートした。

さらに、両党の議員などを招いて行われる毎年恒例の朝食会でも、「間違ったことを正当化するために信仰を利用する人は嫌いだ」と、ロムニー氏への批判を強めた。

トランプ大統領は6日夜にも、弾劾裁判について記者会見を行う予定。

共和党内からは批判の嵐

ロムニー氏の造反には、共和党議員らが次々と批判と反対を表明した。

フロリダ州のリック・スコット上院議員は、ロムニー氏は「間違っている」とツイート。マット・ゲーツ下院議員(フロリダ)とリー・ゼルディン下院議員(ニューヨーク)は共に、ロムニー氏を「不愉快な負け犬」だと非難した。

トランプ大統領の息子ドナルド・トランプ・ジュニア氏もツイッターで、「ロムニー氏は民主党を倒せないほど弱かったから、民主党に味方した。彼は正式に反体制派の一員だから、共和党から追放されるべきだ」と、強い批判を展開した。

ロムニー氏の選挙公報を務めていたリック・ゴーカ氏は、ロムニー氏は「悔しさと嫉妬」に突き動かされていると指摘した。

さらに、ロムニー氏の姪で共和党全国委員会の委員長を務めるロンナ・マクダニエル氏は声明を発表し、「私がおじと意見が合わなかったのはこれが初めてではないし、最後でもないと思う」と説明。

「肝心なのは、トランプ大統領は悪いことは何もしておらず、彼の下で共和党はこれまで以上に一致団結しているということだ」と強調した。

(英語記事 Romney backlash after he votes to convict Trump/ Romney to defy party and vote to oust Trump

この話題についてさらに読む