中国のiPhone工場、マスク生産へ 1日200万枚目指す

Foxconn surgical mask making test production line. Image copyright Foxconn
Image caption マスク需要の急増を受け、フォックスコンは中国・広東省深圳市の製造工場で医療用マスクの試験生産を始めている

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、台湾の電子機器受託生産大手、富士康科技集団(フォックスコン)が、中国国内のiPhone製造工場で医療用マスクの生産に乗り出すという異例の対応を取る。

フォックスコンはまた、新型ウイルスの影響で停止中の電子機器の製造を再開するため、当局から承認を得ようとしている。

新型ウイルスのアウトブレイク(大流行)によって、マスク需要が急増し、世界中でマスクが品薄状態になっている。

「人命を守り、状況に打ち勝つ」

フォックスコンは、中国のソーシャルメディア「微信(ウィーチャット)」で、「エピデミック(伝染病)との戦いは、一刻を争う」と書いた。

「我々が予防的措置を講じるのが早ければ早いほど、新型ウイルスをより早く防ぎ、人命をより早く守り、この状況により早く打ち勝つことができる」

同社は、今月末までに1日あたり200万枚の生産を目指すとしている。

世界最大の電子機器受託生産メーカーのフォックスコンは、米アップルのiPhonenのほか、iPadや米アマゾンのKindle、ソニーのPlayStationsなど、電子部品やテレビなど黒物家電の製造を手がけている。

同社はすでに、広東省深圳市の製造工場でマスクの試験生産を始めている。

全面生産後に社外へ

マスクはまず第一に同社の従業員を感染から守るために使う。これは、「フォックスコンの最大の企業責任というだけでなく、社会的責任でもある」と考えているという。

全面的なマスク生産を開始すれば、社外の人々にもマスクの提供を始める方針だと付け加えた。

フォックスコンは、職場での感染を見つけるために、同社施設で新型の赤外線温度測定機器を使う方針だという。

新型ウイルスのアウトブレイクを受け、フォックスコンは他企業と同様に、春節期間中にほぼすべての製造を停止した。これまでは、春節期間中も工場の操業を続けていた。同社は現在、製造を再開するため、当局からの許可を求めている。

米GMもマスク製造へ

中国・武漢で発生した新型コロナウイルスをめぐっては、中国国内の工場が閉鎖され、移動が制限されるなどしている。そのため、世界中への物品の供給に大きな影響が出るのではないかと懸念が高まっている。

そうした中で、フォックスコンは異例の対応を取ると発表した。

一部のアナリストは、今年の世界のスマートフォン出荷量は最大10%ほど減少する可能性があると推定しており、iPhone(特に最新のiPhone11)の品薄状態につながるおそれがある。

米自動車メーカー、ゼネラル・モーターズ(GM)もまた、不足する医療用マスクの問題を解決する取り組みに加わっている。

GMの合弁会社の、中国の上汽通用五菱汽車(SAIC-GM-Wuling、SGMW)は、1日あたり170万枚を目標に、自社の14の製造ラインでマスクの生産を行うと発表している。

(英語記事 iPhone manufacturer Foxconn starts making masks

この話題についてさらに読む