ラグビーと脳震とう、女子選手をどう守る? 男子より高リスク

ルイーズ・デイ、BBCニュース

Elisabeth Williams
Image caption スウォンジー大学のエリザベス・ウィリアムズ上級講師は、女子選手と男子選手の脳震とうになる過程の違いについて調べている

ラグビーは、女性の間で最も急成長しているスポーツの1つだ。そして、男性と女性が全く同じ方法でプレーするスポーツの1つでもある。

しかし、女性の方が男性よりも脳震とうになるリスクがずっと高く、その影響もより深刻だと、最近の研究が示している。

英南西部のスウォンジー大学は、その理由を理解するための先駆的研究を行っている。

また、女子選手の練習方法を変更することで、脳震とうのリスクを減らすことができるのかについても研究している。

2週間の離脱を余儀なくされ

カーディガン出身の レベッカ・レドモンドさん(21)は、スウォンジー大学の女子ラグビーチームのフランカーだ。先月、ホームの試合中に脳震とうになった。

「私は、試合開始から約3分で頭を打ちました。すぐに何かがおかしいってわかりました」とレドモンドさんは振り返った。

「大きな衝撃を受けたんだと説明を受けたので、病院に行きました。そしたら脳震とうと診断されて、2週間チームから離脱しなければなりませんでした」

Image caption レベッカ・レドモンドさんは、異なる倒れ方を学ぶことで、自分はより安全なんだという安心感が得られると話す

頭部への衝撃を記録

レドモンドさんは、選手がいつどこで頭部を強打したかを実時間で記録できる、特別な設計が施されたマウスガードを着用していたため、強い力が頭に加わっていたとわかった。

昨年9月以降、同大学では、男子チームも女子チームもこのマウスガードを着用している。そして、初期の研究結果は、男子と女子では異なる方法で頭に衝撃を受けることを示しているという。

この研究には、同大学エンジニアリング学部で生物医学を教えるエリザベス・ウィリアムズ上級講師が関わっている。

ウィリアムズ氏は、「男子の試合での頭部への衝撃は通常、選手と選手のコンタクト(接触)が原因です。一方で、女子の場合はフィールドあるいは膝に頭をぶつけて起きることが多い」と説明してくれた。

「この結果は、弱点を改善するために、女子選手を異なる方法でどう鍛えられるか明確にしてくれました。男子と同じにする必要はないかもしれないので、私たちは女子選手を小さな男性としてではなく女性として鍛えています」

Image caption レドモンドさんのマウスガード。スウォンジー大学の研究で用いられているこのマウスガードで、衝突がいつどのように発生したのかを記録することができる

女性の方がリスクが高い

ウィリアムズ氏は、「神経学分野での最近の研究では、女性の脳の軸索(神経繊維)は男性よりずっと薄く、微小管(細胞の形態維持に必要な中空の細管)の数が少ないという報告がなされている」と述べた。

「つまり、外部から同じ力を受けると、女性の脳の方が男性の脳よりもけがのリスクが高いということを示しています。選手たちがどれほど強く頭を打っているのかという客観的データを集めることで、脳への損傷を制限するための戦略が立てやすくなります」

トレーニング方法を変更

スウォンジー大学の研究結果は、今年後半に発表される予定だ。しかしその内容はすでに、首の強化に重点を置いたり、後方ではなく前方に倒れるよう推奨するなど、女子選手のトレーニング方法の変更につながっている。

脳震とうの症状が数日間続いたというレドモンドさんは、この新しい技術を信頼していると話す。そして、フィールドに戻ることを楽しみにしているという。

「脳震とうを起こした後、酔って目が回るような感覚でした。吐き気もこみ上げてきました。なにが起きているのかを理解していなかったので、プレーを続行しました」と、レドモンドさんは述べた。

「私たちが行っている首の強化トレーニングや、新しい倒れ方を学ぶことで、自信がついています。自分はより安全なんだとわかっているので」

「私のやる気を奪うものは何もない」

ポンタダワ出身のルース・ルイスさん(19)は、スウォンジー大学、ウェールズ・ラグビー・ユニオンのオスプリーズ、ウェールズ代表のプロップとしてプレーしている。

ルイスさんはこれまでに3度脳震とうを経験しているが、こうしたリスクがあっても試合から離れることはないと話す。

「直近の脳震とうは昨年8月に起きました。かなり悪い状態で、病院へ行ったところ脳挫傷でした」

Image caption ラグビーは女性の間で最も急成長しているスポーツの1つだ

ルイスさんは、「選手もコーチも、脳震とうがどれほど深刻なものなのか、理解を深めています。試合につきものなので。できるだけ安全を保てるようなルールがあります」と付け加えた。

「私はラグビーが大好きです。私のやる気を奪うものは何もありません」

ウェールズ代表キャプテンのシーラン・リリクラップさんは、スウォンジー大学ラグビーチームを率いている。リリクラップさんによると、同大の女子の試合は発展段階にあり、より多くの研究を歓迎しているという。

「ラグビーはわくわく興奮するし、あらゆる人に向いているスポーツです。どんな体形や体のサイズであってもプレーできます」と、リリクラップさんは言う。

「数年前にこの大学のラグビーチームのヘッドに就任した頃は、先発の15人を集めるのに苦労していましたが、今では70人以上のメンバーがいます。私たちは、この研究に協力するために、いちラグビー・クラブとして取り組んでいます。(中略)さらなるデータを得ることで、すべての女子チームが前進していくのに役立つでしょう」

脳震とうとは

  • 頭部への衝突や打撃、衝撃などによる一時的な脳の障害
  • 症状は通常24時間以内に現われ始めるが、最長3週間症状が出ない場合もある
  • 主な症状は頭痛、めまい、記憶障害、動作の不自然さ(不器用)、視力障害など

出典:英国民保健サービス(NHS)ダイレクト・ウェールズ英国民保健サービス(NHS)

(英語記事 How to protect women from concussion in rugby

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません