欧州議会、イギリスとの交渉で強硬姿勢へ 

アダム・フレミング、BBCニュース(ストラスブール)

EU Council staff members remove the United Kingdom's flag from the European Council building in Brussels on Brexit Day, January 31, 2020 Image copyright Getty Images
Image caption EU機関では1月31日、イギリスの国旗が取り下げられた

欧州議会は12日、欧州連合(EU)とイギリスの将来の関係をめぐる交渉で、強硬姿勢を打ち出すことを決定した。化学産業の規制や気候変動、食品表示、企業への補助金などさまざまな領域で、イギリスにEUの政策に沿うよう求める方針。

また、野心的な自由貿易協定と引き換えに、イギリスと関連のある租税回避地(タックスヘイヴン)の取り締まりや、11月にスコットランド・グラスゴーで行われる国連気候変動会議での協力体制を求める。

さらに、ブレグジット(イギリスのEU離脱)によって性差別を起こさない対策を要求している。

その上でイギリスに対し、EU法を取り入れる際には常に改善を心がけ、「動的に同調するつもりで」いるべきだとしている。

<関連記事>

イギリスは1月31日午後11時(日本時間2月1日午前8時)にEUを離脱し、11カ月間の移行期間に入った。

この期間中にイギリスとEUは、通商や安全保障などを含む将来の関係について合意を結ぶ予定。

交渉の方向性を協議

EUでは現在、欧州委員会と各国政府が、EUのミシェル・バルニエ首席交渉官の交渉方針(「信任」と呼ばれている)を協議している。今回の欧州議会の決定は、これに影響を与えようというものだ。

この信任はこれまでにもEU内の各機関を回覧され、そのたびに条件が厳しくなっている。議会の方針はそうした傾向の現れともいえる。

2月初めにバルニエ氏が信任の初稿を発表した際、同調を求める項はなかった。ましてや、自動的に適用される条件もなかった。

その後、EU加盟国の外交官による修正が入り、最新版が出来上がった。

最新版では「対等な競争環境(LPF)」の必要性に言及する部分が増えていた。EUはイギリスに対し、欧州企業がイギリス企業によって利益を損なわれないよう公正な経済競争の場を作り、改善努力を続けるよう求めている。

また、EUの漁船が保有するイギリスの水域へのアクセス権を「生かす」という文言が、「維持する」に改定されていた。

一方、EUが開発した全地球航法衛星システム「ガリレオ」へのイギリス参画については、「すべき」から「するかもしれない」に下方修正された。

欧州議会はこうした改定に、さらに厳しい条件をつけようとしているのだ。

欧州議会が求めているのは?

ある欧州議会議員は「我々は悪い警官になるかもしれないということだ」と説明した。

「ミシェル・バルニエはイギリスに、議会が受け入れないだろうからそれはできない、と言うことができる」

実際、バルニエ氏がこうした交渉戦術を使うことは明白だ。また、イギリスとの交渉で出てきた協定案は何であれ欧州議会で採決にかけられる可能性が高いため、バルニエ氏は議会の意向を考慮に入れる必要がある。

欧州議会議員らは協定の内容に反対したいわけではないものの、それが欧州の価値観や社会モデルに関わるような自由貿易協定だった場合には、態度を厳しくするだろうか?

現時点では、2月25日に欧州高官の会議によって決まる、EUの交渉基準に注目が集まっている。これは最終段階の妥協ではなく、スタート地点の野心だ。

また、イギリスと交渉に入る前に協議の条件を形作っておくプロセスでもある。

欧州議会議員らとEU全体は、「求めなければ与えられない」のだと知っている。

(英語記事 EU reveals clues ahead of post-Brexit talks with UK

この話題についてさらに読む