トランプ氏のツイートで仕事が「不可能」 米司法長官が批判

Donald Trump and William Barr give a press conference in December Image copyright Reuters
Image caption バー司法長官(右)はトランプ大統領の側近の1人とされる

ウィリアム・バー米司法長官は13日、ドナルド・トランプ大統領のツイートについて、「私が仕事をするのを不可能に」していると、米放送局ABCのインタビューで批判した。

バー氏がトランプ氏に不快感を示すのは珍しい。

バー氏はインタビューで、「司法省の刑事事件についてツイートするのをやめる時だと思う」と発言。

「常に背後のコメントが私を妨害している状況では、司法省で仕事ができない」と付け加えた。

<関連記事>

司法省は11日、トランプ氏の盟友で偽証罪などで有罪となったロジャー・ストーン被告に関して、禁固7~9年としていた求刑を軽減する考えを表明。

この方針転換は、トランプ氏が当初の求刑に対して「ひどくてとても不公平な状況だ」とツイートした後に示されたことから、同省の姿勢が厳しく問われている。

ストーン被告の事件を扱っていた検察官4人は11日、そろって担当を辞退。バー氏に対しては、トランプ氏の圧力に屈したとの非難が出ている。

トランプ氏は12日、バー氏について、ストーン被告の事件の「担当についた」としてツイッターで称賛した。

「誰にも脅迫も影響もされない」

バー氏はABCのインタビューで、トランプ氏が「刑事事件において私に指示したことは一度もない」と主張。しかし、継続中の事件に関するトランプ氏のツイートは、「私が仕事をするのを不可能に」していると述べた。

また、「正しい判断と思っていることを続けるのか、ツイートを理由に引き下がるのか? それがまさに、これらのツイートがどれほど破壊的になり得るのかを、ある意味示している」と話した。

Image copyright EPA
Image caption ネットフリックスのドキュメンタリー番組によると、ストーン被告(写真)がトランプ氏を大統領選に立候補するよう説得したという

さらに、「私は誰にも脅迫されたり影響されたりしない(中略)議会だろうと新聞の論説委員会だろうと大統領だろうと」と主張。

「彼(トランプ氏)が反応してくれることを望む」と述べ、トランプ氏がバー氏の発言を尊重することへの期待を表明した。

「耳を傾けるべき」

バー氏は昨年2月に司法長官に任命された。トランプ氏と緊張関係にあった前任のジェフ・セッションズ氏とは対照的に、トランプ氏の側近の1人とみられている。

共和党のミッチ・マコーネル上院院内総務は、トランプ氏はバー氏の言葉に耳を傾けるべきだと述べた。

マコネル氏は米放送局フォックスニュースに、「司法長官が仕事の邪魔になると言うなら、大統領は長官の言うことを聞くべきだ」と話した。

(英語記事 Trump tweets make my job 'impossible', says Barr

この話題についてさらに読む