韓国、2日連続で感染急増 新型ウイルス感染防止を強化 

Workers disinfecting a street Image copyright Reuters
Image caption 韓国では、新型コロナウイルスの感染者数が2日連続で急増している

韓国は21日、新型コロナウイルスの感染者数が2日連続で急増したことを受け、感染防止措置を強化した。

韓国はこの日、前日20日に新たに52人の感染を確認したと発表。同国内の感染者数は合わせて156人に上った。

これで韓国は、中国と日本(横浜港で停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で600人以上が集団感染)に次ぐ、最も感染者数の多い国となった。

中国では20日、新型ウイルスによる死者が2236人になり、感染者は7万5000人を超えたと発表した。

大邱で急増

韓国の新たな感染者52人のうち41人は、首都ソウルから南東部に約300キロの大邱で確認された。このうち39人は、集団感染が確認された新天地イエス教証しの幕屋聖殿(新天地イエス教会)の信者だった。

韓国当局は20日、大邱に程近い、南東部・清道郡の病院に入院していた男性(63)が、19日に新型ウイルスによる肺炎で死亡したと発表した。

聯合ニュースによると、男性はこの病院で20年以上寝たきりだったという。入院先の病院では、この男性を含む15人が新型ウイルス陽性と確認されていた。

「緊急」事態

丁世均首相は、感染者の増加は「緊急」事態だと述べた。

感染者が確認された大邱と清道郡は、「特別管理地域」に指定された。

また、複数の韓国軍兵士がウイルス陽性と確認されたことを受け、軍施設が封鎖された。

<関連記事>

中国・湖北省で発生したとされる新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、肺炎のような症状を引き起こす。

措置の内容

大邱と清道郡は「特別管理地域」に指定された。

韓国政府は、さらなる感染を阻止するための迅速な措置を講じると誓った。

聯合ニュースによると、「感染者と接触した人々を見つけ、治すことが急務だ」と、丁首相は述べた。

Image copyright AFP
Image caption 韓国は、新型コロナウイルスの感染拡大を懸命に阻止しようとしている

丁首相は、韓国政府は、ベッドや医療機器、医療従事者などの準備を進めていると述べた。そして、新型ウイルスの感染が国内で拡大していると警告した。

「政府はこれまでのところ、国外からの感染を抑えることに注力してきた。これからは、国内での感染拡大を防ぐことを、さらに優先させるだろう」

朴凌厚保健福祉相は、当局は、医療機関内での感染拡大を防ぐため、病院側に対し、呼吸器系に問題のある患者を他の人から隔離することを認める方針だと述べた。

朴氏はまた、大邱市内の病院にいるすべての肺炎患者について、新型ウイルス検査を行うつもりだという。

韓国国防省は、複数兵士が新型ウイルス陽性と確認されたことを受け、すべての将兵に対し、施設の封鎖と、休暇の取得を中止するよう命じた。

大邱市で何が

大邱市最大の集団感染は、新天地イエス教会の信者の間で確認された。

韓国保健当局は、新天地イエス教会での集団感染について、今週初めに新型ウイルス陽性と確認された61歳の女性が関係しているとみている。

韓国の疾病予防管理局(KCDC)は、この女性と接触した166人に対し、自主隔離するよう指示したとしている。

新天地イエス教会は、カルト集団と形容されている。現在は大邱市の支部は閉鎖され、他の複数地域で礼拝がオンラインあるいは各自自宅で行われる。

人口約250万人の大邱市は同国4番目の大都市。当局が、新天地イエス教会での集団感染を「スーパー・スプレッド(大量拡散)させる出来事」だとし、市民は自宅待機が命じられた。

同市市長は、20日時点で、400人以上の同教会信者に新型ウイルスの症状が現われていると述べた。ウイルス検査を行っている最中という。

(英語記事 S Korea steps up measures as virus infections rise

この話題についてさらに読む