妊娠9カ月の看護師、武漢で勤務 「プロパガンダ」と非難噴出

A nurse wears a face mask to protect against Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS), 2004 Image copyright Getty Images
Image caption 女性医療従事者を「プロパガンダの道具」に利用しているとメディアを批判する声が中国で上がっている

中国国営テレビ局CCTVが、新型コロナウイルスの大流行が発生した中国・武漢の病院で働き続ける妊娠中の看護師を「英雄」として伝えたところ、思惑に反して激しい批判を浴びている。

CCTVは先々週、妊娠9カ月の看護師ジャオ・ユさんが、武漢の陸軍病院の救命病棟で働く映像を放送した。妊娠後期のジャオさんは、防護服を着用して病院内を歩き回り、患者の検査に当たっていた。

この患者はその後、発熱者を担当する部門に送られた。ジャオさんに「危険」だから働かないように話す様子も確認できる。

Image copyright Weibo/CCTV
Image caption 妊娠後期のジャオさんが病院で働く様子が放送された

映像の中でジャオさんは、勤務を続けることを家族に反対されているが、新型ウイルスとの戦いで貢献したいと述べている。

「プロパガンダ」と非難

ジャオさんの自己犠牲を称えるというCCTVの思惑に反し、ソーシャルメディアではCCTVや病院に対する批判が噴出している。

ある人は、「このプロパガンダを止められないのか? 誰がこの映像にOKを出したのか? 妊婦は(前線に)いるべきではない、それだけだ」と投稿。「プロパガンダ」を放送したとしてCCTVを責める人は他にも多い。

<関連記事>

別の人は、「何だこれは、政治目的の見せ物か? 妊娠9カ月の女性にこんなことをさせるな」と書き込んだ。

「このメッセージは(中略)よく考えもせず、女性に体調に関係なく前線で戦うよう提唱している(中略)本当に不快だ」という投稿もあった。

中国では新型ウイルスによる死者が2200人を突破。大半は湖北省の省都である武漢で確認されている。

中国の感染者は7万5000人以上に上っている。感染は世界的にも拡大しており、中国国外でも感染者は1000人を超え、死者も出ている。

頭髪を丸刈りに

ネットで批判を呼んだ映像は、これだけではない。甘粛省の国営メディアは先週、女性の看護師たちが頭髪を丸刈りにされ、泣いている場面を放送。患者の治療に当たる際に、防護用具を着用しやすくするためと説明した。

Image copyright Weibo
Image caption 頭髪を丸刈りにされる女性の医療従事者たち

しかし、髪を短くすれば済むとして、この説明を疑う声が噴出。男性が丸刈りにされる映像はなぜないのか、と問う声も上がった。

前線で貢献する女性たちを称えるよう呼びかけるハッシュタグ(#SeeingFemaleWorkers)をつけた投稿も、中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボ)」で急増した。

ある人は、「プロ意識。信念。忠誠。強さ。これらはすべて誇りに値する要素だ。女性は長髪を丸刈りにしたという理由だけで能力があり立派なわけではない」とコメント。

中国のソーシャルメディア「微信(ウィーチャット)」には、「なぜメディアはいつも女性の犠牲をプロパガンダの道具に使うのか? 長い髪のまま前線に行く女性も同じように尊敬に値するのではないか? 妊娠していない女性が戦うのも同じではないか?」との投稿も上がった。

「その人たちは美しく、母親であり、パートナーであり、そして犠牲を払う。そうして初めて立派だとみなされる」

(英語記事 Why a pregnant nurse is sparking outrage in China

この話題についてさらに読む