中国で大気汚染レベルが低下、新型ウイルス流行による経済停滞も一因=NASA

A map released by Nasa shows how air pollution levels have reduced in China this year Image copyright NASA
Presentational white space

アメリカ航空宇宙局(NASA)は1日、中国で汚染レベルが大きく下がっていることを示す人工衛星写真を公開し、新型コロナウイルス流行による経済活動の停滞が「少なくとも原因の一部」だろうとの見解を示した。

NASAが公開した写真では、中国では今年に入って以降、自動車や工場から排出され、大気汚染の原因となっている二酸化窒素(NO2)が減っていることが分かる。

中国では新型ウイルスによる感染症(COVID-19)を封じ込めるため、製造業を中心に休業が相次ぎ、工場の稼動が大きく減っている。

世界保健機関(WHO)によると3月1日現在、中国での感染者は世界最多の8万人近くに上り、2873人が死亡している。世界全体で確認された感染者数は8万7137人。中国以外の58カ国では7169人の感染が確認され、104人が死亡している。

<関連記事>

武漢から二酸化窒素減少

NASAの専門家は、NO2の減少はまず新型ウイルス流行の発端となった武漢で顕著となり、その後、中国全土へ広がっていったと説明した。

また、昨年の同時期と比べて、今年の1月と2月に汚染度が大きく下がっていると指摘。下図は武漢のNO2濃度を示したもので、上段が2019年、下段が2020年となっている。

Image copyright NASA

NASAによると、武漢の大気汚染度低下は、同市で交通機関や企業活動が停止され、数百万人の市民が隔離状態になった時期と一致しているという。

ゴダード宇宙飛行センターで大気質を調査しているフェイ・リュウ氏は、「ある特定の出来事によって、これほどの広範囲でこれほど劇的に汚染度が下がったのは見たことがない」と語った。

リュウ氏によると、2008年の金融危機でもNO2濃度が減少したが、当時の減少はもっと緩やかだったという。

NASAによると、中国では過去にも1月末から2月初旬にかけての春節(旧正月)の休暇によって、大気汚染度が低くなる傾向があった。しかし、従来は春節が終われば汚染度は元に戻っていた。

「今年はこれまでに比べて減少率が顕著で、長続きしている」とリュウ氏は説明した。

「中国全土で新型ウイルスの拡大感染を抑える対策が取られているため、今回の結果には驚いていない」

(英語記事 China pollution clears amid coronavirus slowdown

この話題についてさらに読む