【米大統領選2020】 民主党候補争い、バイデン氏が一歩リード

Supporters of Joe Biden hold a sign up at a rally - 3 March 2020

画像提供, Getty Images

11月の米大統領選でドナルド・トランプ大統領と争う野党・民主党の候補を決めるための「スーパー・チューズデー」で、ジョー・バイデン前副大統領は参加した14州のうち10州で勝ち、夏の党大会で自分を候補に指名してくれる代議員の人数でリードした。

民主党の予備選では、各候補が各州の代議員を獲得しようと競い合う。代議員は7月の全国党大会に出席し、党候補を投票で決める。いま行われている予備選では、この代議員が党大会でどの候補に投票するかを、党支持者が決める。

3日の「スーパー・チューズデー」では14州の民主党支持者が一斉に投票し、その結果、2月末まで支持率低迷で撤退寸前とも言われていたバイデン氏が、一気に巻き返した。

ジョー・バイデン前副大統領は3日の「スーパー・チューズデー」に参加した14州のうち10州で勝ち、夏の党大会で自分を候補に指名してくれる代議員の人数でリードした。

アフリカ系アメリカ人の間で特に人気の高いバイデン氏は、南部各州に加え、人口が多く代議員の数も多いため重要なテキサス州でも優勢だった。

これまでトップを走っていたバーニー・サンダース上院議員(ヴァーモント州選出)は、地元ヴァーモントのほか、コロラド州とユタ州で1位になった。また全米で最も人口が多く、そのため代議員の人数も多いカリフォルニアでも優勢。

他の候補はほとんど勝てず、大富豪マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長は4日に撤退を表明し、今後はバイデン氏を支持していく姿勢を示した。エリザベス・ウォーレン上院議員は地元マサチューセッツ州でもバイデン氏に及ばなかった。

ただし、民主党の予備選では、1位の候補がその州の代議員を全員獲得するのではない。代議員は、得票率15%以上の候補に、得票率に応じて割り振られる。

こうして州ごとに代議員を積み重ねた結果、7月の全国党大会の時点で、少なくとも1991人の誓約代議員(予備選結果に忠実に党大会で投票する代議員、一般代議員)を獲得した候補が、党の候補に指名され、11月の本選でトランプ大統領に挑むことになる。

スーパー・チューズデー14州の結果見通し

(米CBSニュースによる)

○ アラバマ = 勝者 バイデン氏 (開票率100%)

全代議員52人

  • バイデン氏 代議員40人獲得(得票率63%)
  • サンダース氏 代議員5人獲得(同17%)
  • ブルームバーグ氏 代議員1人獲得(同12%)
  • ウォーレン氏 代議員0人獲得(同6%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同0%)

○ アーカンソー = 勝者 バイデン氏 (開票率94%)

全代議員31人

  • バイデン氏 代議員13人獲得(得票率40%)
  • サンダース氏 代議員7人獲得(同22%)
  • ブルームバーグ氏 代議員3人獲得(同17%)
  • ウォーレン氏 代議員0人獲得(同10%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同1%)

○ カリフォルニア = 勝者 未確定 (開票率87%)

全代議員415人

  • サンダース氏 代議員150人獲得(得票率34%)
  • バイデン氏 代議員99人獲得(同25%)
  • ブルームバーグ氏 代議員9人獲得(同14%)
  • ウォーレン氏 代議員1人獲得(同12%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同1%)

○ コロラド = 勝者 サンダース氏 (開票率82%)

全代議員67人

  • サンダース氏 代議員22人獲得(得票率36%)
  • バイデン氏 代議員9人獲得(同24%)
  • ブルームバーグ氏 代議員6人獲得(同19%)
  • ウォーレン氏 代議員3人獲得(同18%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同1%)

○ メイン = 勝者 バイデン氏 (開票率84%)

全代議員24人

  • バイデン氏 代議員9人獲得(得票率34%)
  • サンダース氏 代議員9人獲得(同33%)
  • ウォーレン氏 代議員0人獲得(同16%)
  • ブルームバーグ氏 代議員0人獲得(同12%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同1%)

○ マサチューセッツ = 勝者 バイデン氏 (開票率94%)

全代議員91人

  • バイデン氏 代議員32人獲得(得票率33%)
  • サンダース氏 代議員27人獲得(同27%)
  • ウォーレン氏 代議員17人獲得(同22%)
  • ブルームバーグ氏 代議員0人獲得(同12%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同1%)

○ ミネソタ = 勝者 バイデン氏 (開票率99%)

全代議員75人

  • バイデン氏 代議員36人獲得(得票率39%)
  • サンダース氏 代議員26人獲得(同30%)
  • ウォーレン氏 代議員5人獲得(同15%)
  • ブルームバーグ氏 代議員0人獲得(同8%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同0%)

○ ノースカロライナ = 勝者 バイデン氏 (開票率100%)

全代議員110人

  • バイデン氏 代議員57人獲得(得票率43%)
  • サンダース氏 代議員27人獲得(同24%)
  • ブルームバーグ氏 代議員1人獲得(同13%)
  • ウォーレン氏 代議員0人獲得(同10%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同1%)

○ オクラホマ = 勝者 バイデン氏 (開票率99%)

全代議員37人

  • バイデン氏 代議員18人獲得(得票率39%)
  • サンダース氏 代議員12人獲得(同25%)
  • ブルームバーグ氏 代議員1人獲得(同14%)
  • ウォーレン氏 代議員0人獲得(同13%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同2%)

○ テネシー = 勝者 バイデン氏 (開票率100%)

全代議員64人

  • バイデン氏 代議員32人獲得(得票率42%)
  • サンダース氏 代議員15人獲得(同25%)
  • ブルームバーグ氏 代議員3人獲得(同15%)
  • ウォーレン氏 代議員0人獲得(同10%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同0%)

○ テキサス = 勝者 バイデン氏 (開票率96%)

全代議員228人

  • バイデン氏 代議員111人獲得(得票率34%)
  • サンダース氏 代議員102人獲得(同30%)
  • ブルームバーグ氏 代議員10人獲得(同14%)
  • ウォーレン氏 代議員5人獲得(同11%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同0%)

○ ユタ = 勝者 サンダース氏 (開票率32%)

全代議員29人

  • サンダース氏 代議員7人獲得(得票率35%)
  • ブルームバーグ氏 代議員3人獲得(同17%)
  • バイデン氏 代議員3人獲得(同17%)
  • ウォーレン氏 代議員0人獲得(同15%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同1%)

○ ヴァーモント = 勝者 サンダース氏 (開票率100%)

全代議員16人

  • サンダース氏 代議員10人獲得(得票率51%)
  • バイデン氏 代議員5人獲得(同22%)
  • ウォーレン氏 代議員0人獲得(同13%)
  • ブルームバーグ氏 代議員0人獲得(同9%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同1%)

○ ヴァージニア = 勝者 バイデン氏 (開票率100%)

全代議員99人

  • バイデン氏 代議員66人獲得(得票53%)
  • サンダース氏 代議員30人獲得(同23%)
  • ウォーレン氏 代議員1人獲得(同11%)
  • ブルームバーグ氏 代議員0人獲得(同10%)
  • ギャバード氏 代議員0人獲得(同1%)

次回の民主党予備選は10日で、在外民主党員のほか、アイダホ、ミシガン、ミシシッピ、ミズーリ、ノースダコタ、ワシントンの各州で行われる。