カナダ、今夏の東京五輪に不参加を表明 IOCは4週以内に結論

A woman wearing a protective mask walking in front of Olympic rings at the Olympics Museum in Tokyo Image copyright Reuters
Image caption 東京五輪は7月24日開幕予定だが、延期を求める声が高まっている

カナダのオリンピック委員会(COC)は22日、今夏開催の東京五輪には選手団を派遣しないと表明した。新型コロナウイルスのリスクが理由。

COCは、世界は「スポーツよりもずっと重大な地球規模の健康危機のさなか」にあるとした。

一方、国際オリンピック委員会(IOC)は22日、理事会を開いた後、東京五輪の延期を検討しており、4週間以内に結論を出すとの声明を発表した。

東京五輪をめぐっては、新型コロナウイルス感染拡大の危機を受け、選手や各国のオリンピック委員会から延期を求める声が高まっている。

「次の段階に入った」

IOCは声明で、「世界的な状況の悪化を考慮し(中略)理事会は今日、IOCのシナリオ立案で次の段階に入った」と表明。

「これらのシナリオは、2020年7月24日に五輪開幕という現在の運営計画の修正に関するもので、五輪の開幕日の変更にも関係する」とした。

IOCはまた、中止は「議題になっていない」としたが、「規模を縮小した」五輪は検討していくと述べた。

現時点では、数カ月または1年の延期が有力視されている。

今回の発表は、IOCにとって重大な方針転換となる。IOCはつい5日前までは、東京五輪の予定通りの開催に「全力を尽くす」としていた。

IOC決定を歓迎

英オリンピック委員会(BOA)会長のサー・ヒュー・ロバートソンは、「2020年東京五輪の延期に関して、選択肢を検討するとしたIOC理事会の決定を歓迎する」と、今回の声明を評価。

「しかし、いまも大きな不安を抱えている選手たちのために、早急な決断を強く求める」、「現在の規制によって選手たちは公平に競うことができなくなっている。現在の環境の中で五輪に向けた準備を進めるのは、単純に適切とは思えない」と述べた。

国際パラリンピック委員会(IPC)も、「可能性のあるシナリオを研究する」というIOCの決定を「全面的に支持する」と表明した。

イギリスのスポーツ振興を目的とした政府系組織UKスポーツ会長のデイム・キャサリン・グレインジャーは、今回のニュースは「避けられない」ものだとし、「選手とスタッフ、ファンの安全のために正しい決定」だと話した。

イギリスでは24日、BOA、英パラリンピック委員会、UKスポーツの3者共催で、夏季オリンピック・パラリンピック競技の各種目の代表やパフォーマンス・ディレクターらによる電話会議が開かれる。

会議には選手たちを代表する団体も招かれる予定だ。高度な練習施設の閉鎖など、新型ウイルスの世界的流行がイギリスに及ぼしている影響について主に協議する。

「中止は問題解決にならない」

IOCは声明で、「異なる大陸の異なる国々で(新型ウイルスによる感染症)COVID-19の感染者と新たな流行が急増している。理事会はそれを受けて、IOCがシナリオの立案で次の段階に進む必要があるとの結論に達した」と説明。

「IOCは2020年東京五輪の大会組織委員会や日本政府、東京都と全面的に連携しながら、世界の健康情勢の急速な変化と、それが大会延期というシナリオを含めた五輪に及ぼす影響について評価するための詳細な検討を開始する」とした。

また、「2020年東京五輪の中止はいかなる問題も解決せず、誰のためにもならないとIOC理事会は強調した」と述べた。

IOCのトーマス・バッハ会長は、選手に向けた22日の書簡で、「私たちはジレンマに陥っている」、「2020年東京五輪の日程に関して最終決定をするのは時期尚早だ」と主張した。

さらに、大会延期は「極めて複雑な挑戦だ」とし、中止は「選手1万1000人の五輪の夢を砕く」ことになると述べた。

延期についてバッハ氏は、「五輪で重要ないくつもの会場が使用できなくなるかもしれない。何百万ものホテルの予約は調整が極めて難しく、少なくともオリンピック33種目のスポーツの国際大会の予定に変更が迫られる。これらは数多くの困難のほんの一部だ」と話した。

ここ数日間で、英米の陸上競技連盟や数カ国のオリンピック委員会はIOCに五輪の延期を強く働きかけている。

(英語記事 IOC confirms 2020 decision deadline

この話題についてさらに読む