介護施設に高齢者置き去り、ベッドに遺体も 新型ウイルスで混乱のスペイン

Employees of a mortuary enter the crematorium of La Almudena cemetery with a coffin of a person who died of coronavirus disease in Madrid, March 23, 2020 Image copyright Reuters

スペインの国防省は、新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)の対策支援に当たっている兵士が、介護施設などで高齢者が置き去りにされているのを発見したと発表した。中には、ベッドで亡くなっていた高齢者もいるという。

こうした事態を受け、スペインの検察当局は捜査を開始した。

スペインは現在、欧州でも特に新型ウイルスの流行が拡大している国のひとつ。介護施設の除菌作業を支援するため、軍が投入されている。

23日にはスペインにとって日別で過去最多の462人の死亡が新たに確認され、死者数は2182人となった。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、日本時間24日夜の時点で、スペインで確認された感染者は3万5212人、死者は2318人に達した。

首都マドリードでは、アイススケート場が臨時の遺体安置所として使われることになった。

Image copyright AFP
Image caption マドリードの大規模アイススケート場「パラシオ・デ・イエロ」は、遺体安置所になった

ベッドで亡くなったまま

マリガリータ・ロブレス国防相は民放テレシンコの番組に出演し、政府は介護施設などでの「高齢者の扱いについて、厳しく断固とした対応をする」と話した。

「軍隊が介護施設を訪問した際、一部の高齢者が完全に置き去りにされていた。中にはベッドで亡くなっている方もいた」

一部の介護施設では、施設内で新型ウイルスが検出された後、職員が現場を放棄してしまったのだという。

保健当局によると、通常ならば介護施設で亡くなった人の遺体は、葬儀会社が引き取りに来るまで冷暗所に安置される。

しかし死因が新型ウイルスに関係するかもしれない場合には、専用の装備に身を包んだ葬儀職員が来るまで、遺体を動かしてはいけないことになっている。マドリードなど感染者や死者が特に多い地域では、最大で24時間かかることもあるという。

サルバドール・イリャ保健相は記者会見で、介護施設での対応は「政府の最優先事項だ」と強調した。

「こうした施設については今後、徹底的にモニタリングを行う」

マドリードの公営葬儀会社は、防護服などが不足しているため、COVID-19による死者の引き取りを24日から停止すると発表した。

地元メディアが報じた関係筋の話によると、遺体は同市の大規模アイススケート場「パラシオ・デ・イエロ」に一時的に安置され、葬儀社による引き取りを待つことになるという。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
日常生活が一変、世界各地の状況は? 新型ウイルス

イタリアでは死者増加率が減少

スペインは欧州ではイタリアに次いで感染者が多い。イタリアは現在、世界で最も新型ウイルスによる死者が多い国となっている。

イタリア当局によると、23日だけで620人が亡くなり、全体で6077人となった。

しかし、死者数の増加率は19日以降で最小となっており、政府による厳しい外出禁止措置などが功を奏しているという期待もある。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
「息を止める」「牛の尿を飲む」? 新型ウイルスにまつわるニセ情報

(英語記事 Spanish army finds care home residents 'abandoned'

この話題についてさらに読む