インド全土が封鎖、13億人に21日間の外出禁止令 新型ウイルスの感染が急増

Indian policemen patrol amid a nationwide lockdown over the highly contagious novel coronavirus Image copyright Getty Images
Image caption インド国内では警察官が巡回している

インドのナレンドラ・モディ首相は24日、新型コロナウイルスの感染拡大のスピードを遅らせるため、25日午前0時から同国全土を封鎖すると発表した。封鎖措置は21日間続く。

モディ首相は24日のテレビ演説で、「インド全土を封鎖する。完全に封鎖する。(中略)インドを守り、あなたやあなたの家族、市民1人1人を守るため、あらゆる道路やあらゆる地域を封鎖する」と述べた。

また、この国が「21日間の封鎖期間をうまく活用できなければ、我々の国は(中略)21年分、後退するだろう」とした。

「これは外出禁止令だ。経済的なコストを払わなくてはならないだろう。しかしこれは全員の責任だ」

モディ氏は、「家からの外出を全面的に禁止する」とし、国民に対し、パニックしないよう訴えた。しかし、首都デリーや複数の都市では、すぐに店舗に大勢の人が押し寄せた。

現地で取材する記者によると、食料や必需品を購入するための外出が、どのように許可されるのかは不明だという。

<関連記事>

今回の封鎖措置は、ここ数日の間に感染者数が急増したことを受けたもの。インド国内でこれまでに確認された感染者は519人に上り、10人の死亡が報告されている。

新型ウイルスをめぐっては、同様の措置を講じている国が増えており、人口約13億人のインドもその流れに加わった。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、日本時間25日午前の時点で、全世界で確認された感染者は42万人超。約1万8900人が死亡している。

Image copyright AFP
Image caption モディ首相の演説後、ムンバイでは必需品を備蓄しようとする人々が殺到した

違反すれば禁固刑も

インド全土での封鎖措置では、必要不可欠ではない事業はすべて閉鎖される。一方で、病院や医療施設は通常通りの運営を続ける。学校や大学の封鎖は継続され、ほぼ全ての集会は禁止となる。

違反すれば最長2年の禁固刑と多額の罰金が科される。

モディ首相は、21日間の封鎖措置は「新型コロナウイルスの連鎖を断ち切るために、とても必要なもの」だと強調。先進国でさえ新型ウイルスに抵抗するうえで問題に直面しており、事態は深刻だとした。

「社会的距離を保つことが、新型ウイルスの感染拡大を防止する唯一の方法だ」

モディ氏は人々に対し、「うわさを広めたりせず」指示に従うよう求めた。

また、同国の医療インフラを強化するため、20億ドル(約2216億円)近くを投じるという。

今回の発表に先立ち、複数の州では、移動制限や必要不可欠ではないサービスを閉鎖するなど、独自の措置を講じていた。

インドはすでに国際線の乗り入れを禁止しているほか、国内線の運航を停止している。鉄道のほとんどの旅客サービスも停止している。

「パニック買いはやめて」

モディ首相はその後、ツイッターで、パニック買いは感染を拡大させるだけだと警告。政府が物資の供給を確保すると強調した。

「店舗に殺到し、(新型ウイルスによる感染症)COVID-19を拡大させるリスクを冒している。パニック買いはやめて、どうか屋内にとどまってください。繰り返しお伝えします。政府は確実にすべての必需品を供給できるようにします」

しかし、デリーや金融の中心地ムンバイでは、物資が不足することを不安に思った人が、すぐさま店舗や薬局に群がった。

デリー市内のシャカープール地区の店舗のオーナーは、「このような混乱は、これまでの人生で見たことがない」と述べたと、地元通信社プレス・トラスト・オブ・インディアは報じた。

北部ウッタル・プラデシュ州ガーズィヤーバードの警察は、市内を巡回しながら、住民に屋内にとどまるよう拡声器で呼びかけた。

予防について知る

感染症について知る

在宅勤務・隔離生活について知る

(英語記事 India's 1.3bn people enter 'total lockdown'

この話題についてさらに読む