韓国警察、性犯罪容疑者の身元を異例の公表 動画を販売

Cho Ju-bin outside the police station, wearing a neck brace Image copyright Reuters
Image caption 逮捕されたチョ・ジュビン容疑者(24)は、チャットルームで性犯罪の動画を販売していた

韓国で女性を脅迫して性的行為の動画を提供させ、有料のチャットルームで販売していた組織のリーダー格とされる男が逮捕され、身元が公表された。韓国では通常、重犯罪以外の逮捕者の身元は公表されないが、500万人の署名が集まったため、警察が異例の措置を取った。

逮捕されたチョ・ジュビン容疑者(24)は、メッセージアプリ「テレグラム」内に設置された「n番部屋」と呼ばれるチャットルームのひとつを所有し、未成年の少女らから脅して入手した性的行為の動画を販売していた。

少なくとも1万人がこのチャットルームに参加しており、中には1200ドル(約15万円)を支払ってアクセス権を得たケースもあった。

一連の事件では74人の女性が被害にあっており、これには未成年16人も含まれている。

チョ容疑者はソウルの警察署前で、「傷つけた人々に謝罪します。悪魔の生活に歯止めをかけていただいてありがとうございます」と話した。

同容疑者は虐待、脅迫、強要のほか、児童保護法とプライバシー保護法、性犯罪法に違反した疑いがかけられているが、容疑を認めるかという質問には答えなかった。

「n番部屋」とは

「n番部屋」のチャットルームでは、未成年の少女がインターネットにアップロードした動画などが、リアルタイムでアップロードされていた。参加費用は200ドルから1200ドル。

現地紙・国民日報によると、n番部屋には8つのチャットルームがあり、それぞれの運営者が女性3~4人を脅迫し、入手した動画を上げていた。

被害にあった女性の多くは家出しており、チャットアプリやツイッターといったSNSを使い、金銭を得る目的で売春などに関わっていたという。

チャットルームの運営者はこうした女性に連絡を取り、モデルやエスコートの仕事があると持ちかけた。

そしてテレグラムのアカウントから本名や電話番号、住所、友人リスト、写真などを抜き取り、それを使って脅迫した。

「顔も声も、個人情報も知られていた」

被害にあったある学生は韓国のCBSラジオの取材で、仕事を探している時に声を掛けられたと話した。

金銭と携帯電話をもらえるという約束の後、この女性は自分の写真を送るよう言われた。その後は、性的虐待行為の動画を要求された。少なくとも40本の動画を撮影したという。

女性は、「声も顔も、個人情報も知られていた。私がやめるといったら、それを使って脅されると思うと怖かった」と話している。

市民の反応は?

被害の詳細は昨年11月に初めて報じられ、今年3月になって続報が舞い込んだ。

このニュースに韓国全土から怒りの声が上がった。韓国では折りしも昨年から、芸能界が相次ぐセックス・スキャンダルで揺れていた。

青瓦台(大統領府)のウェブサイトでは、容疑者の身元を公表するよう求める署名に260万筆が集まった。

また、チャットルームの利用者も公表すべきだという署名には200万人が参加した。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は報道官を通じ、このチャットルームは「人々の人生を破壊する残酷な行為だ」と糾弾。

「300万人以上が署名したという事実は(中略)国民、特に女性からの政府に対する、このような悪意あるデジタル性犯罪を止めてほしいという深刻な請願だ」と述べた。

そのほかの逮捕者は?

韓国の警察庁によると、昨年9月以降、チャットルームの運営者18人を含む124人が逮捕されている。チョ容疑者はこの18人のうちの1人。

一方、このチャットルームを創設したとされる「カッカッ」と呼ばれていたユーザーはなお逃走中だ。

警察庁の閔鉀龍(ミン・カプリョン)長官は、「厳しい捜査を通じ、警察はデジタル性犯罪に対する社会の無関心さを徹底的に変えていき、こうした犯罪を社会から締め出す」と述べた。

警察庁では性犯罪被害の相談電話窓口として、全国共通番号「#8103」を導入しています。

内閣府男女共同参画局でも性暴力被害者に必要な情報を提供しています。

また現在、都道府県に「ワンストップ支援センター」が設置されています。

(英語記事 Chatroom sex abuse suspect named after outrage

この話題についてさらに読む