英チャールズ皇太子、新型ウイルスに感染

Prince Charles Image copyright Reuters

イギリスのウェールズ公チャールズ皇太子(71)が新型コロナウイルスに感染したことが判明した。検査で陽性反応が出た。英王室が25日、明らかにした。

英王室の報道官は、チャールズ皇太子の症状は軽いとし、「それ以外は健康だ」と述べた。

妻のカミラ夫人(コーンウォール公爵夫人、72)も新型ウイルスの検査を受けたが、陰性だったという。

英王室によると、皇太子夫妻はスコットランド・アバディーンシャーのバルモラル城で自主隔離している。

エリザベス女王が最後に皇太子に会ったのは今月12日で、女王は「健康なまま」だという。

エリザベス女王は、健康に関する「すべての適切な助言に従っている」という。

英王室の声明は、チャールズ皇太子について、「ここ数週間で公務として多くの人と関わったため、誰からウイルスに感染したのかを突き止めるのは不可能だ」としている。

皇太子の新型ウイルス検査はアバディーンシャーの国民保健サービス(NHS)で実施されたという。

(英語記事 Prince Charles tests positive for coronavirus

関連トピックス

この話題についてさらに読む