奄美沖で牛6000頭載せた貨物船が遭難か、乗組員1人救助 台風9号

Patrol ship rescuing a seaman

画像提供, Reuters

画像説明,

乗組員1人が日本の海上保安本部に救助された

台風9号(メイサク)が北上していた東シナ海で2日、パナマ船籍の貨物船の行方がわからなくなり、日本の海上保安本部は同日夜、漂流していた乗組員1人を救助した。乗組員43人のこの船には、牛約6000頭が載せられているという。

海上保安本部などによると、貨物船「Gulf Livestock 1」は東シナ海を航行中、台風9号に見舞われた。2日未明、奄美大島の西の海上で遭難信号を発した。

これまでに、ライフジャケットを着けて漂流していた乗組員1人が救助された。この乗務員は、船が転覆したと話しているという。

他の乗組員と貨物船の捜索が、海と空から行われている。台風による高波と強風が続いており、捜索は難航している。

高波を受けて転覆か

画像提供, Reuters

画像説明,

海上保安本部に救助される乗組員

乗組員のうち39人はフィリピン人で、他にニュージーランド人とオーストラリア人が2人ずついるという。

救助されたフィリピン人のエドゥアルド・サレノさん(45)は、貨物船について、エンジンが故障した後に波を受けて転覆したと話したという。

ライフジャケットを着けるよう指示され、自分は海へ飛び込んだと話している。それから救助されるまでの間に、他の乗組員は見ていないという。

サレノさんの妻はBBCに、病院にいる夫から連絡があり、無事だと知らされたと話した。

画像説明,

貨物船は奄美大島(Amami Oshima)西方の東シナ海で遭難信号を発した

フィリピン・ケソン州のリゼル・ピトゴーさん(38)は、Gulf Livestock 1に乗っている夫リンドンさんと1日夕に話をした。リンドンさんは天候を少し気にかけていたという。

ピトゴーさんは、「夫の電話は2日には通じなくなった」とBBCに話した。

NZから中国に向け航行

ニュージーランド外務省によると、Gulf Livestock 1は8月14日にニュージーランドを出港し、中国に向かっていた。航海は17日間の予定だったという。

オーストラリアとニュージーランドはともに、乗組員の家族に対し、外交上のサポートを提供していると述べた。

Gulf Livestock 1は全長139メートル。2002年に建造された。

台風9号は3日午前、韓国・釜山港に上陸した。少なくとも1人が死亡、2200人以上が避難し、住宅約12万戸で停電が発生した。