冷凍コンテナの39人死亡で、ベトナム人4人に実刑判決

Lorry container being moved under police escort

画像提供, PA Media

画像説明,

39人の遺体が見つかったコンテナ

2019年10月に英東部エセックス州で、トラックの冷凍貨物コンテナ内から39人が遺体で見つかった事件で、ヴェトナム・ハティン省の裁判所はヴェトナム人の被告4人に禁錮2年6カ月~7年6カ月の実刑判決を言い渡した。ヴェトナム国営メディアが16日に報じた。

国営VnExpressによると、24歳から36歳までの被告4人は「不法な移住を計画・仲介」した罪で有罪判決を受けた。

また、ほかの被告3人には執行猶予付きの有罪判決が言い渡された。

犠牲者の1人は仲介業者に2万2000ドル(約230万円)を支払っていたという。

死因は「酸欠と熱中症」

39人の遺体が見つかったコンテナはベルギー・ゼーブルージュ港から船に積まれ、英テムズ川沿いのパーフリート港に運び込まれた。

北アイルランドから来たトラックがこのコンテナを引き取り、その後、ロンドン近郊グレイズにあるウォーターグレイド工業団地で遺体が発見された。

検死の結果、死因は酸欠と熱中症とされた。

事件をめぐっては、トラックを運転していたモーリス・ロビンソン被告が今年初め、39件の過失致死と不法移民の支援を共謀した罪を認めた。

また、過失致死と不法移民への支援を企てた罪に問われているアイルランド・モナハン州出身の運送業ロナン・ヒューズ被告(40)は先月、ロンドンの中央刑事裁判所で罪を認めた。

一方、39件の過失致死罪に問われている北アイルランド・ダウン州出身のイーモン・ハリソン被告(23)は無罪を主張した。