グーグルマップ、「環境に優しい」ルートを提案へ

Google Maps Street View car in San Francisco.

画像提供, Getty Images

米グーグルは30日、地図アプリ「グーグルマップ」の運転経路検索で、最も環境に優しいと推定されるルートを案内するサービスを開始すると発表した。主に交通量データと道路の傾斜を考慮し、二酸化炭素(CO2)排出量が最も少ないルートを表示するという。

この新機能は気候変動対策の一環で、グーグルは今年後半にまずアメリカで開始し、その後「世界各国に展開していく」方針という。

サービス開始後はユーザーが自ら選択しない限り、「エコ・フレンドリー」(環境に優しい)ルートが標準で表示される。

代替ルートの方が大幅に所要時間が短くなる場合は、複数の選択肢が表示され、CO2の推定排出量も比較できるようになる。

「およそ半数のルートで時間とコストの代償を最小限あるいはゼロに抑えつつ、より環境に優しい選択肢を見つけられる」と、グーグルの商品担当責任者ラッセル・ディッカー氏は述べた。

米アルファベット傘下のグーグルによると、米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)の見識を参考に、様々な車種や道路での実験に基づくCO2排出量を使ってルートを案内する。

道路データには、グーグルマップのストリート・ビュー撮影車の機能や航空写真、衛星写真から得た道路の傾斜などの情報が考慮される。

「これはデータ、サステナビリティ(持続可能性)、消費者の選択という3つのトレンドが融合した素晴らしい例だ」と、コンサルティング会社カーニーのシダート・パタク氏は述べた。

ゾーン警告

グーグルは6月から、一部の車両の通行を制限する低排出ガスゾーンを通過する際にドライバーに警告するサービスも始める。

低排出ガスゾーンを設定しているのはドイツ、フランス、オランダ、スペイン、イギリスなど。グーグルは、こうしたCO2排出量削減への取り組みを支援するためのサービスだと説明した。

また、グーグルマップのユーザーは、自動車や自転車、公共交通機関、その他の移動手段をつかったルートを一括表示できるようになり、項目ごとに表示を切り替える必要がなくなるという。

グーグルは2030年までに、CO2などの温室効果ガスを排出しない「カーボンフリー」エネルギーに切り替えるとしている。