イギリスの1日の新規感染者3万人超す 1月以来最多

A person is tested at a coronavirus test centre in Chessington, Britain, April 18, 2020

画像提供, Reuters

イギリスで1日に確認される新型コロナウイルスの新規感染者が7日、今年1月以来初めて3万人を超えた。ボリス・ジョンソン英首相は下院で、デルタ変異株のため感染は増えているものの、感染と重症化・死亡の間の関係が「断たれた」と述べた。

イギリス政府によると、7日に確認された新規感染者は3万2548人。7日間で19万2902人となり、その前の7日間から42.8%増えた。

さらに、陽性判定から28日以内に死亡した人は33人、7日間で161人となり、その前の7日間から42.5%増えた。

1日に確認される新規感染者が3万人を超えるのは、今年1月24日以来。

入院する人数については、イングランドでは現在、1日平均330人を超えている。5日には416人が入院した。

7日の時点でイングランドでは、新型コロナウイルス感染症COVID-19のため、2144人が入院している。入院患者の数が2000人を超えるのは4月以来初めて。

感染と重症化・死亡の関係は

これに先立ちボリス・ジョンソン英首相は、イングランドで感染対策のロックダウンを7月19日に大幅に緩和する方針を示している。首相は、ワクチン接種の進展により、感染と重症化、感染と死亡の因果関係は「切断した」と話している。

英政府はロックダウンの大幅緩和に伴い、1日10万人規模に感染者が急増する可能性があるとして、準備を進めている。

<関連記事>

毎週水曜正午から下院で行われる首相答弁に立ったジョンソン氏は7日、「デルタ変異株のせいで感染者が増えている」のは「確かに事実」だと認めた上で、「科学者たちは感染と重症化と死亡の間のリンクを切断したと、明確に確信している」と答えた。

「現在の死者数は、パンデミックの以前の波で見られた水準の30分の1に抑えられている」と首相は話した。

一方で、政府科学首席顧問のサー・パトリック・ヴァランスは5日、ワクチンが「感染と入院のつながりを弱めたが、つながりは弱まっただけで、完全に断たれたわけではない」と慎重な見解を示していた。

動画説明,

「ワクチン2回受けたのに感染、私は運が悪かった?」 BBC司会者が専門家に聞く

隔離ルール変更のタイミング

首相は7日、下院連絡委員会に対して、ワクチン接種を終えた人が陽性確認者の濃厚接触者となった場合、8月16日からは自主隔離は不要だというルール変更のタイミングも、適切だと答弁した。

8月16日という日付を選んだのは、イギリス国内でそれまでに集団免疫が獲得できると政府が予測しているかと質問された首相は、「そうではなく(中略)そのころにはワクチン接種がもっと前進していると思うからだ」と述べた。

最大野党・労働党のサー・キア・スターマー党首は、ロックダウン緩和によって国を「混沌(こんとん)と混乱の夏へ」導こうとしていると首相に警告した。

首相質問の際にスターマー党首は、社会活動の再開は「制御された形」で行うべきだと主張し、公共交通機関でのマスク着用を確実にするようジョンソン氏に呼びかけた。

イングランドでは7月19日からロックダウンの大幅緩和に伴い、公共の場でのマスク着用や社会的距離の維持などは法的義務ではなくなる。

政府は12日、最新データを検討の上、7月19日のロックダウン大幅緩和を決定する。

<分析> ニック・トリグルBBC保健担当編集委員

7日に確認された感染者数は、6日より2万8700人増えていた。

水曜日に陽性者数が大きく増えるのは異例なことではない。週末には検査数がやや減るからだ。

大事なのは傾向だ。前週比でみると43%増にあたる。それは最近の傾向よりも実は増分としては少ない。確かに人数は急増しているが、先週ほどではない。

これが長期的なパターンなのかは、まだ言えない。ただし、政府関係者がこのデータを鵜(う)の目鷹(たか)の目で注視していることは確かだ。

イングランドの社会活動再開方針は、ウイルスが間もなく、ワクチン接種と自然感染によって社会が築き上げてきた免疫の壁に当たり、その動きが食い止められるという、その希望を根拠にしている。

閣僚たちは、ロックダウン緩和後には1日10万人規模の感染者が出ると覚悟する必要があると言うが、今の感染増加の波がそれよりも手前でピークを過ぎるよう期待もしている。

ワクチン接種事業は感染と入院の因果関係を弱めたものの、完全に分断したわけではない。

仮に1日10万人の感染が確認されるようになれば、現在の傾向でいくと、1日2000人は入院を要することになる。それは、冬の真っ最中に通常の気管支疾患のためイギリスで入院が必要になる総数の倍の人数だ。