ギリシャで山火事続く、過去30年で最大の熱波

A local resident holds her dog that was rescued by locals during a wildfire

画像提供, EPA

画像説明,

エヴィア島の火災は鎮火の見通しが立っておらず、住民や自治体職員から支援を求める声が出ている

ギリシャのエヴィア島で山火事が続いている。強風が炎をあおり、住宅地に迫る勢いを見せている。

これまでに2000人以上がフェリーなどを使って島から避難した。

ギリシャではここ数日、各地で山火事が発生。首都アテネ北郊で起きた火災は消し止められたという。

ギリシャはさらに、過去30年で最も深刻な熱波に見舞われており、最高気温が45度に達している。

こうした熱波は、人間の活動による気候変動で今後ますます頻繁に、かつ深刻になっていくとみられている。その結果の高温で乾燥した天気が、山火事を助長するといわれている。

動画説明,

ギリシャ・エヴィア島などで山火事、船で避難も

エヴィア島では2か所で山火事が発生しており、すでに数千ヘクタールが消失。家屋などの建物も被害を受けた。

8日に撮影された写真では、高齢者が担がれて島から避難する様子などもみられた。

画像提供, Reuters

画像説明,

エヴィア島では、これまでに2000人以上がフェリーなどを使って避難した

エヴィア島の火災は鎮圧の見通しが立っておらず、住民や自治体職員から支援を求める声が出ている。

同島北東部イスティアイアのヤニス・コンツィアス市長は地元メディアの取材で、「すでに遅すぎる。この地域は破壊されてしまった」と語った。

市長はその上で、消防飛行機や散水ヘリコプターの助けが必要だと訴えた。

一方、ニコス・ハルダリアス市民保護相は、森林火災による視界の悪さなど、消防飛行機の使用には数々の問題があると指摘した。

こうした中、フランスやドイツ、イギリスなどが支援要請に応じている。

ギリシャではこのほか、ペロポネソスの山火事の状態は安定しており、アテネ北郊の山火事は鎮火したと報じられた。しかし、再発の恐れもあることから、ギリシャ軍がこの地域をパトロールしている。

トルコでも史上最悪の山火事

トルコでも山火事が多発しており、同国史上最悪の規模とみられている。これまでに8人が亡くなり、数千人が避難している。

同国の農林水産相は7日、217件の山火事が消し止められた一方、6件がなお進行中だと説明した。

動画説明,

トルコの山火事、貴重なはちみつ生産地を直撃