英MI5、「中国工作員」が議会で暗躍と警告 中国は否定

Christine Lee
画像説明,

クリスティン・チン・クイ・リー氏は英ロンドンとバーミンガムで法律事務所を経営しているという

英情報局保安部(MI5)は13日、中国の工作員とみられる人物が献金を通じてイギリスの議会に食い込み、政治に介入しているとする、異例の警告を発した。中国側は介入を否定した。

MI5によると、クリスティン・チン・クイ・リーという名の女性が中国共産党のために、現職の英下院議員と下院議員を目指す人との「つながりを確立」していたという。

リー氏は中国や香港の非英国人から得た資金を、イギリスの政治家たちに献金として渡していた。

この情報は、MI5による「長期にわたる重要な」調査で得られたものだと、英ロンドンの官庁街ホワイトホールの情報筋はBBCに語った。

一方、ロンドンの中国大使館は声明を出し、イギリスの政治への介入を否定した。

下院議員や野党党首らに献金

最大野党・労働党のバリー・ガーディナー下院議員は、2014年末からリー氏の法律事務所「クリスティン・リー&カンパニー」から献金を受けていた。

下院議員の利益登録簿によると、2020年までの間に42万ポンド(約6500万円)以上を受け取っていた。そのほとんどは議会調査担当者の人件費に使われていた。

リー氏の息子がガーディナー氏の議員事務所でボランティアとして働き始め、後に正式に採用されていたことも分かっている。

ガーディナー氏は声明で、寄付金の受け取りと、リー氏の息子を雇っていたことを認めた。しかし一方で、リー氏については「何年も前からMI5と連絡を取っていた」とした。

画像説明,

最大野党・労働党のバリー・ガーディナー下院議員

ガーディナー氏はMI5について、「彼女(リー氏)が私の事務所と関わりを持ち、過去に私の事務所の研究者に資金提供したことをずっと知っていた。私から十分に知らせていた」と主張した。

また、リー氏には調査担当者の任命に関して「何の役割も与えられていなかった」とし、全ての献金を「適切に報告した」と述べた。

さらに、「MI5はクリスティン・リー氏を介して不適切な資金が流れていることを間違いなく特定していた。その一方で、私の事務所が受け取った資金はこれとは何ら関係ないことは、MI5から保証されていた」と付け加えた。

ガーディナー氏はリー氏の息子が13日に辞任したことを認めた。そして、この息子が母親の行動を知っていた、あるいは共犯だったことを示す情報をMI5は持っていないとした。

一方、野党・自由民主党の党首サー・エド・デイヴィーも、エネルギー相時代に5000ポンド(約78万円)の献金を受けていたが、同氏は地元の団体が受け取ったとした。

「深く懸念」

プリティ・パテル内相は、「中国共産党の代わりに政治干渉活動に従事していることを承知のうえで、国会議員を標的にした」人物がいることを「深く懸念している」とした。

一方で、イギリスには「外国の干渉を特定する」ための措置があると述べた。

MI5はリー氏からコンタクトがあった人は、「同氏の属性」と、「中国共産党のアジェンダを推進するための同氏の権限」に「留意」する必要があるとした。

労働党のイヴェット・クーパー影の内相は、「我々はイギリスの民主的プロセスに介入しようとする中国の試みを、最も強い言葉で非難する」と述べた。

また、労働党が「欺瞞(ぎまん)や干渉の程度と、外国からの有害な活動による継続的リスク」について、内務省やMI5からのさらなる情報を求めていると明らかにした。

クーパー氏は、全ての下院議員と同僚は、安全保障上のリスクと、干渉から身を守る方法について、MI5から最新情報を得なければならないと付け加えた。

国外追放の要求も

与党・保守党の元党首で、現下院議員のサー・イアン・ダンカン・スミスは、下院でMI5の警告について言及。この警告について、議長が議員に電子メールを送信したことを認めた。

スミス氏は「重大な懸念事項」だとし、リー氏を国外追放するよう求めた。

スミス氏と、下院国防委員会のトバイアス・エルウッド委員長は、下院で声明を出すよう政府に要求した。「このようなグレーゾーンの干渉が起こること我々は予測しているし、中国がそうしたことを行うと思っている」と、エルウッドは付け加えた。

「しかし、この議会でそうしたことが起きたという事実に、政府は危機感を持たなければならない」

「秘密裏に連携」

MI5の警告によると、リー氏は英議会への関与について、「イギリス在住の中国人を代表し、多様性を高める」ためだったと主張した。

しかし、MI5は同氏の活動について、「中国共産党の統一戦線工作部(UFWD)と秘密裏に連携し、中国と香港にいる外国人から資金提供を受けて実施されたもの」だと指摘した。

UFWDは英国の政治情勢が中国共産党に有利になるように、「影響力のある人物」と「関係を深める」ことを目指し、同党に対して人権問題などの懸念を示す人物に対処しようとしているとされる。

MI5はリー氏について、現在は解散している超党派の議員連盟「Chinese in Britain」など、「英政界の幅広い個人らと関与」していたとしている。

また、リー氏が「中国共産党のアジェンダを推進するために超党派議連の設立を目指している可能性がある」と警告した。

中国は否定

ロンドンの中国大使館は13日、ウェブサイトに声明を発表。MI5について、イギリスの中国人コミュニティーを「中傷、威嚇」していると非難した。

声明の中で報道官は、「中国は常に他国の内政に干渉しない原則を貫いている」と説明。

「私たちはいかなる外国議会においても『影響力を買う』必要はないし、その努力をすることもない。イギリス内の中国人コミュニティーに対する中傷と威嚇のたくらみに強く抗議する」とした。