エリザベス英女王、皇太子即位後のカミラ夫人の肩書は「王妃」に

Camilla and Queen in 2014

画像提供, Danny Lawson

画像説明,

エリザベス英女王(右)は、チャールズ皇太子の妻カミラ夫人(左)がいずれ「王妃」と呼ばれるようになってほしいとメッセージを公表した。写真は2014年撮影

エリザベス英女王は即位70周年(プラチナ・ジュビリー)を前に5日、記念メッセージを発表し、チャールズ皇太子が王に即位した暁にはカミラ夫人に「王妃(Queen Consort)」の肩書を使ってもらいたいと述べた。

エリザベス女王は1952年2月6日に即位した。この70周年を前に発表したメッセージの中で、女王は「その時が来た暁には、カミラが『Queen Consort』と呼ばれるようになることを、心から願っている」と書いた。「Queen Consort」は王の伴侶を意味し、呼称は「Queen」となる。

カミラ夫人の現在の肩書は、コーンウォール公爵夫人。皇太子の妻としてカミラ夫人は自動的に「王妃」となるのが通常だが、2人の結婚に至った経緯をめぐり国民の間にさまざまな思いがあるため、肩書についても多くの意見がある。「Princess Consort」と呼ばれるのではないかとの指摘もあった。

エリザベス女王による今回のメッセージで、カミラ夫人はいずれ「Queen Camilla (カミラ王妃)」と呼ばれる見通しとなった。

チャールズ皇太子夫妻の居宅クラレンス・ハウスの報道官は、夫妻が「感動しており、光栄に思っている」と述べた。

エリザベス女王の夫フィリップ殿下や、ヴィクトリア女王の夫アルバート殿下など、女王の夫はいずれも「Prince Consort」と呼ばれ、「King(王)」とは呼ばれなかった。

画像提供, PA Media

画像説明,

エリザベス女王は即位70周年の前日を、英東部サンドリンガムの邸宅で過ごした

チャールズ皇太子とカミラ夫人は共に離婚経験者として、2005年に教会ではなく役所で結婚した。皇太子は1996年にダイアナ元妃と離婚。ダイアナ元妃はその翌年、交通事故のためパリで亡くなった。

夫妻が結婚した当時は、皇太子即位後のカミラ夫人の肩書は「Princess Consort」になることが、王室の意向だった。しかし近年では様々な意見が出ていた。

女王が今回「王妃に」と明確に表明したことで、この件については結論が出たもよう。チャールズ皇太子が国王になった暁には、カミラ夫人は王妃としてその役割を担うことになる。

画像提供, Chris Jackson

画像説明,

カミラ夫人

女王は新年の叙勲で、イングランドの最高勲章「ガーター勲章」をカミラ夫人に授けていた。

74歳になるカミラ夫人は近年、家庭内暴力(DV)の被害者を支える団体を支援するなど、独自の慈善活動を精力的に展開している。

「皆さんへの奉仕に人生を

エリザベス女王は、英東部ノーフォーク・サンドリンガムにある邸宅から、即位70周年の記念メッセージを発表した。

「明日2月6日には、私が1952年に即位してから70周年を迎えます。70年がたった今もなお、自分の治世が始まった日だというのと同じくらい、父王ジョージ6世が亡くなった日として、私は記憶しています」と女王は述べ、「この記念日を迎えるにあたり、自分の人生を常に皆さんへの奉仕に捧げると誓った1947年の約束を、新たにできることを嬉しく思います」と公務への思いを強調した。

動画説明,

エリザベス英女王、即位70周年を前に記念のケーキカット

女王はさらに、故フィリップ殿下がいかに「私心なく」自分を支えてくれたかを振り返ったほか、「この国の全ての出身、信仰、年齢の人、そして世界の人々」が自分に好意を示して支えてくれたことに感謝した。

イギリスの王が即位70周年を迎えるのは、史上初めて。6日当日には公務は予定されていない。