北朝鮮、100万人以上が感染か 新型コロナウイルス

Employees spray disinfectant and wipe surfaces as part of preventative measures against the Covid-19 coronavirus at the Pyongyang Children's Department Store in Pyongyang on March 18, 2022.

画像提供, Getty Images

画像説明,

平壌のデパート内でCOVID-19対策として消毒剤を散布する職員

北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)総書記は15日、新型コロナウイルスの感染拡大について保健当局を非難し、軍に医薬品の配給を支援するよう命じた。国営メディアは、北朝鮮政府が「熱病」と呼んでいるものによって、現在100万人以上が体調を崩していると伝えた。

国営メディアはまた、これまでに約50人が死亡したとした。そのうちの何人がCOVID-19で陽性と判定されたかは不明。

北朝鮮には限られた検査能力しかないため、確認された感染例はほとんどない。

同国はワクチン不足とぜい弱な医療制度のため、新型ウイルスに特にもろいとみられている。現在は、全国的なロックダウン措置が取られている。

<関連記事>

国営メディアによると、金総書記は週末に緊急政治局会議を開き、国家備蓄医薬品の配給をめぐる当局者の不手際を非難した。

その上で、軍の医療隊の「強力な部隊」を介入させ、「平壌市での医薬品の供給を直ちに安定させる」よう命じたという。

北朝鮮は先週、初めて新型コロナウイルスの感染があったと発表した。しかし専門家らは、それ以前から同国内に新型ウイルスが広まっていたとみている。

金氏は「最大限の緊急」ウイルス管理を命じたという。地域でのロックダウンや、職場での会合の制限が指示されたとみられる。

支援の申し出に未反応

北朝鮮は昨年、アストラゼネカと中国製シノヴァクのワクチン数百万本を供給するという、国際社会からの申し出を拒否。2020年1月という早期に国境を封鎖することで、新型ウイルスをコントロールしたと主張した。

北朝鮮と国境を接する韓国と中国は、感染拡大と闘っている。中国は現在、大都市のロックダウンでオミクロン株の流行を封じ込めようとしている。

韓国政府はまた、北朝鮮から要望があればワクチンや医療スタッフ、医療機器などを無制限で援助すると申し出ている。

12日の北朝鮮の発表を受け、同国に新たな人道的支援を申し出たとしている。北朝鮮はまだ反応を示していない。

「建国以来、最大の混乱」

国営の朝鮮中央通信(KCNA)によると、金総書記は14日、COVID-19の急拡大を「大災害」と呼び、「悪性伝染病の流行は、建国以来、我が国に降りかかった(最大の)混乱だ」と語った。

新型ウイルスの流行をめぐっては、健康への直接的な影響だけでなく、北朝鮮の食糧生産への懸念も指摘されている。同国は1990年代に過酷な飢饉(ききん)に見舞われたほか、世界食糧計画(WFP)は現状について、人口2500万人のうち1100万人が栄養不良に陥っていると推定している。

アナリストらは、もし農業従事者が畑作業をできなくなれば、その影響は極めて深刻だとみている。