妊娠していない女性に「妊娠してますか?」と……ジェットスター謝罪

A plane from Qantas airline budget carrier Jetstar (L), is shown taxiing past the air traffic control tower (R) at Sydney Airport, 26 October 2007.
画像説明,

豪格安航空会社ジェットスターは女性に謝罪した

豪格安航空会社ジェットスターの客室乗務員が、妊娠していないニュージーランドの女性に妊娠しているか質問したため謝罪するという事態になった。

24歳のグレーテ・アンダーセンさんが地元メディアに話したところによると、25日にウェリントン発オークランド行のフライトに乗ろうとした際、男性乗務員が自分のおなかを指さし、「何週目ですか?」と質問。「失礼な質問」をしたのに「申し訳なさそうな」素振りを何もしなかったと、アンダーセンさんは航空会社に苦情を伝えたという。

ジェットスターを含めて多くの航空会社は、妊娠28週以上の女性に対して、飛行機に乗っても大丈夫だという医師の診断書の提出を求めている。

アンダーセンさんの件についてジェットスターは地元メディア「NZME」に対し、27日にアンダーセンさんに謝罪し、100ニュージーランドドル(約8100円)分のフライトバウチャーを進呈したと説明し、「不快な思いをさせたことについて深くお詫びする」とコメントした。

アンダーセンさんは地元メディアに、「とてもきまずい思いをした」とジェットスターのフェイスブック・ページに投稿したと話し、「以前はとても太っていたのだけれども、その時もこんな失礼なことを聞かれたことはないし、乗務員が何も謝ろうとしなかったのがひどい」と付け加えた。

同社のオーストラリア版とニュージーランド版のフェイスブック・ページには28日現在、アンダーセンさんのコメントは載っていない。