【解説】雪かき危険 なぜ大勢が雪かきの最中に死亡するのか

Residents shovel their sidewalks along Coit Avenue in the wind and snow in Grand Rapids, Mich. Image copyright AP

米ニューヨーク州バッファローでは2014年11月半ばの豪雪で、少なくとも2人が雪かき中に死亡した。アメリカでは毎年約100人が同じように、雪かき作業の最中に命を落としている。これはいったいなぜなのか。

米ネイションワイド小児病院の研究チームが1990年~2006年のデータを調べたところ、雪かき中に心臓になんらかの損傷を負って死亡する事例が1647件もあった。カナダでも毎年冬になるたびにこうした雪かき関連死がニュースになる。

除雪作業の危険に詳しい心臓専門医のバリー・フランクリン氏は、実際の死者数が実はこの倍でも不思議ではないと指摘する。

「毎年雪かきによって何百人もの犠牲者が出ていると考えられる」とフランクリン医師。同氏はミシガン州ウィリアム・ボーモント病院の、予防心臓学と心臓リハビリテーション部門の責任者だ。

フランクリン医師の研究チームは、健康な若い男性が雪かきをすると、ランニングマシンで運動をした時よりも心拍数と血圧の上昇率が高くなると発見した。

「この状態で冷たい空気にさらされると、動脈が収縮して血液供給量が減る。心臓発作が起こる条件がすべてそろうわけだ」

雪かきは腕を使う作業のため、足の作業よりも負担が重く、労働としては特に過酷だ。湿って重たい雪を動かそうとして体に力を入れると、心拍数と血圧の上昇に拍車がかかる。

きつい雪かき作業の最中は息を止めている人が多く、これも体への負担となる。加えて、雪かきに最適な時間帯は午前6時から午前10時までだが、人体にとって24時間の日周変動で言うと、ちょうどこれは心臓発作が起こりやすい時間帯にあたる。

雪かきはあまりに危険なので55歳以上の人はやらない方がいいと、フランクリン医師は助言している。

Image copyright AP

「日常的に座っていることが多く心臓疾患の既往症がある、またはその疑いがある人、年に一度の雪かきのためにしか外に出ないという人は、特に危険性が高い」。こう言うフランクリン医師はさらに、喫煙と肥満も発作のリスクを大幅に高めると警告する。

ほかにも医師は、もしどうしても雪かきをしなくてはならないなら、雪を持ち上げようとしないで、押すようにする方が良いと助言している。重ね着をして、室内でこまめに休憩をとり、そして作業前には食事や喫煙を避けるのが大事だとも言う。

除雪機を利用するほうが望ましいのですが、それでも2014年11月19日にはバッファローで除雪機を使っていた複数の男性が心臓発作を起こし、1人が死亡した。

「雪かきがいかに心臓に負担をかけるか、みんな分かっていない」とフランクリン医師は警告を重ねている。

(英語記事 2014年11月19日 Why do so many people die shovelling snow?

この話題についてさらに読む