「アマデウス」などの英劇作家サー・ピーター・シャファー死去 90歳

サー・ピーター・シャファー Image copyright AP
Image caption サー・ピーター・シャファー

「アマデウス」や「エクウス」などで知られる英国の劇作家、サー・ピーター・シャファーが6日、訪問先のアイルランドで死去した。めいのクレシダさんに看取られ、代理人が発表した。90歳だった。(訳注・日本では「シェーファー」という表記が一般的ですが、本人を含め英語圏での発音に近い「シャファー」と表記します)

「アマデウス」と「エクウス」の両方で米トニー賞を受賞したほか、「ブラック・コメディ」、「レティスとラベッジ」、「五指練習」など人気作を次々と発表し、時代を代表する劇作家のひとりとなった。

「アマデウス」と「エクウス」は映画化もされた。馬の目を次々とつぶした少年を題材にした「エクウス」は、1977年に脚色賞を含むアカデミー賞3部門で候補になった。作曲家モーツァルトと作曲家サリエリの確執を描いた「アマデウス」は、1985年にアカデミー賞11部門で候補となり、作品賞や脚色賞など8部門で受賞した。

多くの作品は英ナショナル・シアターで初演された。現在のルーファス・ノリス芸術監督は「(サー・ピーターと)実に豊かで創造的な関係を築いたのは、ナショナル・シアターにとって非常に幸運なことだった。残してくれた戯曲の数々は、いつまでも残る貴重な遺産だ」と、その功績を称えた。

Image copyright Getty Images
Image caption ナショナル・シアター版「アマデウス」でモーツァルトを演じるサイモン・カロウ(右)と、妻コンスタンツァ役のフェリシティ・ケンドル(1980年1月)

「アマデウス」の舞台と映画の両方、ならびに「エクウス」にも出演した俳優サイモン・カロウさんは、どうすれば観客を魅了できるか熟知している職人肌の戯曲家だったと、サー・ピーターをしのんだ。

「(サリエリ役の)ポール・スコフィールドとフェリシティ・ケンドルと自分が舞台で『アマデウス』をやっていたあの2年間は、死ぬまで絶対に忘れない」とカロウさんは言う。「観客は毎回必ず夢中だった。例外はなかった。ピーターの純粋で本能的な、天賦の演劇的才能のおかげだった」。

「エクウス」は1973年、「アマデウス」は1979年にそれぞれナショナル・シアターで初演し、続いてロンドン・ウェストエンドとニューヨークのブロードウェイでロングランとなった。

ブロードウェイ版の「エクウス」は初演と再演でトニー賞3冠。ブロードウェイ版「アマデウス」は、サリエリを演じたイアン・マケレンが主演男優賞を得るなど、5部門でトニー賞を受賞した。

「アマデウス」は2014年に英チチェスター演劇祭でルーパート・エベレット主演で再演され、今年10月からはナショナル・シアターで再演される。

Image copyright PA
Image caption 2007年の「エクウス」再演で主演したダニエル・ラドクリフ
Image copyright AP
Image caption 1985年に「アマデウス」でアカデミー賞脚色賞を受賞したサー・ピーター(中央)と、プレゼンターの俳優バート・ランカスター(左)ならびにカーク・ダグラス

サー・ピーターは1926年、英リバプールで生まれ、ケンブリッジ大学トリニティ・コレッジを卒業。2001年新年の叙勲でナイト爵となった。

2001年に亡くなった双子のアンソニー・シャファーも、「探偵 スルース」や映画「ナイル殺人事件」の脚本などで知られる劇作家だった。

兄とおい2人、めい2人の遺族と友人たちは、サー・ピーターが亡くなったアイルランド・コークの病院の手厚い看護に感謝する声明を発表した。

近親者のみの葬儀は近くロンドンで開かれる予定。追悼式の日程は後日、発表されるという。

(英語記事 Amadeus writer Sir Peter Shaffer dies aged 90

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません