【米大統領選2016】アメリカ各地になぜか裸のトランプ氏像 通行人に人気

米ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコ、クリーブランドの各市で18日、大統領選共和党候補のドナルド・トランプ氏の像がいきなり出現した。等身大の全裸像は通行人に人気で、記念撮影する人が続出した。

画像説明,

米ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコ、クリーブランドの各市で18日、大統領選共和党候補のドナルド・トランプ氏の像がいきなり出現した。等身大の全裸像は通行人に人気で、記念撮影する人が続出した。写真はニューヨーク市ユニオンスクエア公園(18日)

画像説明,

厳しい表情のトランプ氏裸像を設置したのは、活動家集団「INDECLINE」の企画。クリーブランドのアーティストの作品だ。写真はニューヨーク市ユニオンスクエア公園の像を確認する作業員。

画像説明,

像の設置を企画した活動家集団「INDECLINE」は「彫像を通じて、アメリカで最も悪名高く唾棄されている政治家のひとりのおぞましい魂を、具体的かつ比ゆ的にかたどったものを残しておく」ことが目的だと発表した。写真は、サンフランシスコでトランプ氏裸像を眺める人たち。

画像説明,

多くの通行人は明らかに像を面白がっていた。オレンジ色がかった像にキスする人までいた。写真はサンフランシスコで。

画像説明,

自分ならではの「ドナルド」をまねる人もいた。写真はロサンゼルスのトランプ氏像とポーズをまねる男性。

画像説明,

アメリカの一般市民の間で全体的に、企画は大成功だったようだ。写真はサンフランシスコで。

画像説明,

しかしニューヨーク市の公園管理当局は、無許可で設置された像を撤去した。公園管理当局の報道担当は、「ニューヨーク市の公園管理局は、市立公園におけるいかなる無許可の屹立にも反対する。それがどれほど小さい屹立だろうが」と皮肉った。

画像説明,

トランプ陣営は今のところ、像について公式にコメントしていない