【写真で見る】 ヒューストンで洪水 「ハービー」の大雨で広範囲に

米南部テキサス州に25日に上陸した大型ハリケーン「ハービー」は27日までに熱帯性低気圧に変化したものの、全米第4の都市、ヒューストン各地が大雨によって大人の胸の高さまで冠水した。

画像説明,

大型ハリケーン「ハービー」は熱帯性低気圧に変化したものの、大雨のため、米南部ヒューストン各地が大人の胸の高さまで冠水した(27日)

画像説明,

一部の道路は川と化した。写真は、隣人女性を舟で救出し避難誘導するリバーオークス地区の男性

画像説明,

米国立気象局によると、ヒューストン市内では集中的に640ミリの雨が降った地区もある。今後さらに300-640ミリの降水が予想されている。写真はヒューストン中心部

画像説明,

「ハービー」上陸で数日の間に降った雨量は、ヒューストンの年間降雨量に匹敵するという。写真は、救助が必要な人を探して巡回するリバーオークス地区の住民ボランティアと救助隊員

画像説明,

救助要請に対応しきれない救急当局は、住民に高台や屋根の上に避難するよう呼びかけている。ただし、必要な場合には救急ヘリコプターが救出できるよう、屋根裏には行かないようにと。市内を流れるバッファローバイユー川の増水が続くなか、近くのマンションに住む女性(写真)は冠水した1階の様子を見下ろしていた(27日)

画像説明,

ヒューストン市は避難所として多数のコミュニティーセンターを開放したが、市長は生命への危険がない場合は自宅に留まり、救助隊を呼ばないよう呼びかけている。写真はヒューストン中心部(27日)

画像説明,

テキサス州の洪水被害の規模は、2005年のハリケーン・カトリーナに匹敵する恐れがあると、保険の専門家たちは警告している。カトリーナ被害への補償額は、自然災害によるものとしては米国史上最多だった。写真は冠水したヒューストン市内

画像説明,

緊急通報番号「911」の交換台は、15時間の間に5万6000件の電話を受理した。通常の平日の7倍にあたる。写真は、救助艇からカヤックボートに移されるテキサス州ディッケンソンの住民

画像説明,

「ハービー」の中心部は30日までにヒューストンに接近する予想。写真は、冠水したテキサス州湾岸地区で、州間高速道路225を徒歩で避難する男性(27日)

画像説明,

救助当局の予想を超える勢いで、冠水の水位が上昇した。そのため、小型艇を持つ住民が救助活動に大きな役割を果たしている。写真は、ヒューストン・リバーオークス地区で住民を救助する市民ボランティアと救助隊員(27日)

画像説明,

洪水によって市内のほとんどすべての主要道路は封鎖された。地元メディアによると、170の道路が冠水した。写真は、ヒューストン北部の州間高速道路45を南に向かって通過するトラック。電光掲示板は、道路封鎖を警告している(27日)

画像説明,

ヒューストンの大雨はまだ数日は続く見通し。写真は、冠水した州間高速道路10(27日)