生き延びた仲間でたくましい戦士……元医師と法廷で対決した被害女性156人

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
「治療は隠れみの」 米体操チーム元医師の性的虐待裁判で

米体操五輪チームの元医師ラリー・ナッサー被告(54)は、治療するはずの女性スポーツ選手に対して加害行動を取った罪で、禁錮40年から175年の実刑判決をミシガン州の法廷で言い渡された。

自分たちの被害について156人の女性が法廷で次々と証言した。BBCのラジニ・バイディヤナザン記者とロナルド・ヒューズ記者が、性暴力を受けながら生き延びたサバイバーたちの非凡な証言を紹介する。

(この記事は具体的性的内容を含みます)

156人の若い女性、母親、姉妹、娘、オリンピック選手。

全員が1人の男、米国の女子体操五輪チームの元医師ラリー・ナッサー被告から、性的暴力を受けたと証言した。

7日間にわたり、1人1人が証言台に立ち、性的暴力の被害者としては異例の行動をとった。加害者と直接向き合ったのだ。

ナッサー被告はすでに、治療に見せかけた加害行動10件について有罪を認めていた。

告訴していた女性たちは、ミシガン州ランシングで行われた量刑言い渡しの審理で証言台に立った。さらに、そのほか150人近い女性が同じように証言した。匿名が権利として認められていても、多くの女性があえて顔を出し、実名を名乗り、被害を語った。

最初に証言したのは、カイル・スティーブンス氏だった。

スティーブンス氏は長年、「被害者ZA」と呼ばれ続けたが、23日午前にはローズマリー・アクイリナ裁判長の前に立ち、落ち着いた様子で名前を名乗った。

名乗ることでスティーブンス氏は公共の場で匿名でいる権利を放棄し、続いて被告がどういった危害を加えたかについて証言を始めた。

「話す準備はできていました」。証言後のスティーブンス氏は、BBCにこう話した。

「あそこに立って、自分の経験したことを一部始終話すことで、自分が強くなったと思う」

数十年にわたりナッサー被告は若い女性に加害行動を重ねていた。ついに逮捕されることになったのは、スティーブンス氏の通報がきっかけだった。

この事件で証言した他の多くの女性とは異なり、スティーブンス氏は体操選手でもナッサー被告の患者でもなかった。スティーブンス氏の両親が、被告の家族と親しかったのだ。

狭い法廷の証言台に立つと、にっこり笑う幼いスティーブンス氏の写真がスクリーンに映し出された。被告による加害行動の被害を最初に受けたのは、6歳の時。「まだ乳歯がぜんぶ抜けていなかった」。

Image copyright Kyle Stephens
Image caption 証人カイル・スティーブンス氏の子供の頃の写真が法廷のスクリーンに映し出された

被告はまず最初に、スティーブンス氏の前で性器を露出した。やがて、彼女の前で自慰するようになった。そして次に、実際に彼女の体に触れ、加害行動に及んだ。全ては両家の家族が、同じ家の中にいる時のことだった。

12歳になったスティーブンス氏は両親に、被告が勃起したペニスを自分の素足にこすりつけてくると訴えた。しかし被告は否定し、少女の両親は娘を信用せず、被告に謝るよう促した。

「彼のせいで、急いで大人になるしかなかった」。スティーブンス氏は審理後、BBCにこう話した。「たいしたことじゃないと思っていたことが、大人になって成長してはじめて、いかに卑劣な行為だったか気づいた」。

Image copyright AFP/Getty Images
Image caption スティーブンス氏は法廷でナッサー被告(写真手前)に話しかけた

スティーブンス氏は23日の法廷で、母親を横に、証言した。開始から7分後、アクイリナ判事を見上げ、被告に直接話しかけてもよいかどうか丁寧に許可を求めた。

何をされたか両親に告げた後に、両親が被告を家に招いたこと。自宅の応接間で被告が、何もしていないと弁明したこと。そして、もし本当に暴行されるようなことがあったら、絶対に通報するようにと、被告に言われたこと。

スティーブンス氏はひとつひとつ、被告に念押しした。

「ラリー、ここに来ましたよ」と、スティーブンス氏は法廷で被告に告げた。「誰かではなく、みんなに知ってもらうために」。

「そろそろ分かったと思うけど、小さい女の子はいつまでも小さいままじゃない。強い女性に育って、あなたの世界を破壊しに戻ってくる」

スティーブンス氏は10代になると、ナッサー被告の娘2人の子守を頼まれた。子守をすることで自分は被告の娘たちを守れたし、カウンセリング費用を貯めることができたと、スティーブンス氏は証言した。

昔のことはやはり加害行動ではなかったのかと思うようになり、10代になったスティーブンス氏はあらためて両親に、何があったのかを説明しようとした。

両親はこんどは、娘の言うことを信じたという。

ナッサー被告は1985年に米ミシガン大学を卒業し、翌年にインディアナポリスを本拠地とする体操米国代表チームに医療スタッフとして参加した。

1997年に体操代表チームでの仕事と並行して、米ミシガン州立大学(MSU)のスポーツ医師になった。スティーブンス氏に加害行動を取るようになったのは、この1年後だ。

ナッサー被告は米国の体操チームに帯同し、4回の五輪大会を経験した。着地に失敗した選手に駆け寄り手当てをする姿が、たびたび見られた。

Image copyright IOP/AFP/Getty Images
Image caption 被害者の多くが、1996年アトランタ五輪で負傷したケリー・ストラッグ選手をナッサー被告が手当した時のことについて言及している。ナッサー被告が思いやりのある尊敬を集める医師として、株を上げた瞬間だ

ミシガン州立大学の元ソフトボール選手キャリー・ホーガン氏は、ナッサー被告の治療を受けることは「特権」だと思われていたと証言した。プロ入りを目指す大学のスター選手にとって、治療の成功は人生の分かれ目を意味することさえある。

「自分が治療した五輪体操選手のサイン入りの写真が、何枚も飾られていて、私もそれを強く意識していた」、「トップレベルの中でも最高の医師だった」とホーガン氏は話した。

体操の世界では「神様」扱いされていたという人もいる。

2013年12月に被告は、体操の話題のポッドキャストで、若いスポーツ選手の面倒を見ることがいかに大事か話している。

「身体的にだけではなく精神的にも、選手を守らなくてはならない」。被告は「ジムキャスティック」のポッドキャストで、いつになくゆっくり話していた。「自分はちゃんと面倒を見てもらえると、選手たちに分からせなくては」。

さらに被告は、選手の心の傷についても警告した。「肉体的な傷はほぼ必ず回復するが、心の傷は傷跡を残し、あとあとになってもつきまとってしまう」。

法廷で証言した女性の多くは、暴行後には被告の強い立場に怯えていたと話した。

そもそも自分が被害に遭っていると理解できたとしても、被害を訴えるなどまったく無理だと思った。多くの女性がそう証言した。

被害者のほとんどは、体操選手だった。その手口はほぼ一貫していた。

被告のもとを訪れる若い選手たちは、ほとんどの場合が、体のどこかに痛みを抱えていた。

被告は若い女性を最も無防備な状態にして、自分がやっているのは普通のことだと思わせた。体を触りながら世間話をしたり、冗談を飛ばしたりしていた。

被告は権威的な立場から、これは普通のことだと思い込ませることで、虐待で暴行だと思う方が間違っている、まして苦情を言ったりするのは間違いだと相手に刷り込んだ。

「スパンデックス(スポーツ用下着)を着けていてもかまわないと言われたのを覚えている。ありがたくそうさせてもらった」。2000~2003年にミシガン州立大学でバレーボール選手だったジェニファー・ルード・ベッドフォード氏はこう話す。

「診察台にうつぶせになるように言われた。治療が始まると、骨盤の周りを圧迫するのが自分の治療法で、これは普通のことだと彼が言ったのを覚えている」

「だから彼があそこに触れたとき、これは普通のことで、先生は何をどうすべきか分かってやってるんだから、子供みたいに騒ぐなと、自分に言い聞かせた」

けれどもベッドフォード氏は、「横になりながら、『これでいいの? 変じゃない?』と考えていたのを覚えている」と証言した。

ミシガン州出身の元体操選手レイチェル・ デンホランダー氏は、被害者として最初に名乗りをあげた女性だ。2016年のことだった。

デンホランダー氏はBBCに対して、15歳になってから1年にわたり被告の診察を受けたが、そのたびに毎回暴行されたと話す。

ナッサー被告はデンホランダー氏の母親を診察台の頭側に座らせ、どのような治療が行われているか分からないようにしていた。

片手でスポーツマッサージをしながら、タオルで隠したもう片手で、デンホランダー氏の膣や肛門に指を入れた。最後の頃の診察では、ブラのホックを外して胸をさすった。これは治療ではなく、自分は暴行されているのだと、その場でデンホランダー氏が認識できたのはこの時だけだったという。

女性の多くはナッサー被告のせいで、男性の親類やパートナー、医師、見知らぬ人、友人、教師との信頼関係を破壊されたと話す。

「私はまず、自分を疑い、自分を責めた」とベッドフォード氏は述べた。

「人の良い面を信じたかったが、『相手は医者だ、これは治療だ、わざと触ったんじゃない』と、いくら正当化しようとしても、『何かがおかしい』という心の声は消せなかった」

ミシガン州代表だった元体操選手のグウェン・アンダーソン氏にとって、加害行動はわずか12歳の時に始まった。

当時の自分と同年代の少女たちを教える教師となったアンダーソン氏は、被告のしたことがよりはっきり見えるようになったと話す。

「12~14歳の子供たちを毎日教えています」とアンダーソン氏は法廷で証言した。「そして毎日子供たちを見ていると、あなたが私たちを性的に虐待した時、私たちがいかに幼くて無防備だったか、痛感する」。

「子供たちを毎日見ながら、『私はこの子たちの安全な場所。この子たちを守るのは私。私は子供たちを応援する。私は子供たちをやる気にさせる。私は子供たちの支えだ』と自分に言い聞かせる」

被告の患者暴行がいつ、どのようにして始まったのか明らかではないが、訴えのあった一番古い加害行動は1994年のものだ。

米紙インディアナポリス・スターは2016年8月、体操米国代表のコーチらによる性的暴行疑惑について詳細に報じた。同紙によると、体操チームは訴えについて関係当局に届け出なかったという。

第一報はナッサー被告を名指ししていない。しかし、記事が出たことでデンホランダー氏は、発言のチャンスだと気づいた。

インディアナポリス・スター紙は翌月、デンホランダー氏を含め2人の元体操選手がナッサー被告からの被害を実名で公表する記事を掲載した。

「こういう方法しかないのは分かっていた」と、デンホランダー氏は法廷の外でBBCに話した。「プレデター(獲物を探し回る捕食動物のような常習犯)が2つの強力な組織に守られている場合、1人が匿名で声を上げるだけではとても足りない」

「ナッサー被告のように人を巧みに操り、社交的で魅力的なプレデターの場合、相手が一番安心できる場所で、世間の目の前で対決する覚悟が必要です。そしていざ対決したら、決してひるんではならない」

デンホランダー氏の勇気に励まされて、ほかの女性たちも被害を公表し始めた。法廷の外の廊下で無数の女性が、名乗りを上げることにしたのは、デンホランダー氏の行動に触発されたからだと話した。

その結果、4日間で90人の女性が証言するという当初の予定を大幅に上回り、156人の女性や少女が7日間にわたって被害について話すことになった。

同じ恐ろしい思いを経験した女性たちが、お互いを勇気づけて連帯する空気が、法廷にあふれていた。

リオデジャネイロ五輪で4つの金メダルを獲得したシモーン・バイルス選手は今月半ば、自分もナッサー被告から加害行動を受けたと書面で明らかにした。

19日には、2012年と2016年五輪で団体と個人で金メダルを得たアリー・レイズマン選手と2012年五輪で金メダル(団体)を得たジョーディン・ウィーバー選手が法廷で、2012年のロンドン五輪中にナッサー被告に暴行されたと、詳しく説明した。

ナッサー被告は結局、2016年11月21日に逮捕された。

その翌年には、児童性的虐待の画像所持に関連する罪状3件で、禁錮60年が言い渡された。

被告はその後、自宅や体操の練習場、ミシガン州立大学の自分のオフィスで女性たちを性的暴行した罪を認めた。これが、女性156人の証言につながった。

被告は審理の終盤で被害者たちに向かって、「自分が感じているものは、自分が引き起こした痛みやトラウマ、感情の破たんに比べれば、大したものではない」と述べた。

「私がどれほど広く深く、申し訳ないと思っているか、決して言葉では言い表せない。皆さんの言葉を、終生抱え続ける」

被告は審理開始当初、自分の両手をぼんやりと見つめ、証言台で発言する女性たちと目を合わせるのを避けていた。

しかし、アンダーソン氏が証言していた24日、被告の元同僚が「彼女をちゃんと見ろ」と被告に怒鳴った。トム・ブレナン氏は、かつて被告を「師匠」と仰いでいた体操コーチだ。

被告はそれ以後、被害者の女性たちを見て、耳を傾ける回数が増えた様子だった。

しかし被告がどれほど反省しているかは審理の最後まで、明らかにならなかった。アクイリナ判事は、被告から受け取った手紙の一部を読み上げた。そのなかで被告は、自分は優秀な医者で、若い女性たちはメディアにだまされて自分を誤解するようになったのだと書いていた。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
「あなたは今でも危険」 米女子体操代表の元医師に裁判長

この裁判で決定的な役割を果たしたのが、アクイリナ裁判長だった。証言に立った女性はほぼ全員が冒頭で、自分たちを支えて励ましてくれた裁判長に感謝していた。

被告はすでに何カ月も前に罪を認めていたため、裁判長は中立的立場をとる必要がなかった。証言台に立つ女性たちの話をセラピストのように聞き、その言い分を汲み取り、女性たちの友人として、被告の行動を非難した。

アクイリナ氏は被害女性の1人に、「あなたを利用した怪物は、これからどんどんしおれていきます。『オズの魔法使い』で、水をかけられた魔女がしおれて消えていったみたいに」と語りかけた。

自殺を考えたこともあると明かした複数の被害者には、判事は自殺しないよう励ました。あなたが自殺すれば、被告は勝つことになると。

証言をしようとする別の女性には、裁判長はこう語りかけた。「少し緊張しているんですよね。私や自分のお母さんに話すつもりで、やってみて」。

本業以外には犯罪小説を書くこともあるアクイリナ判事は、法廷で終始、力強く語り続けた。証言する女性たちを、「スーパーウーマンのようにたくましく」「生き延びた仲間(サバイバー・シスターズ)」で「戦士たち」だと呼んだ。

証言を希望するサバイバー全員の話を聞き終えるまで審理を続けるつもりだと、方針を説明する際に、アクイリナ氏は、「発言できない被害者を1人たりとも作りたくない」と述べた。

虐待を生き延びた女性たちは、裁判長の思いに応えた。次から次へと匿名の権利を放棄し、自分の物語を決める力を取り戻す機会だと気づき、チャンスをつかんだ。

全員がお互いを知っているわけではなかったが、目に見えない絆を感じるし、証言したお互いから力をもらったと、大勢が口にした。

ミシガン州立大学の元ソフトボール選手、ティファニー・トマス・ロペス氏は被告に向かって、「私たちを侵したとき、あなたは軍隊を作り出した」、そして自分もその一員だと告げた。

ロペス氏はさらに、「あなたのせいで、私はもう何年も、あなたに首を絞められているようなものだった。もうそこから逃れる準備ができた」と語った。

審理が当初予定されていた4日間を過ぎると、次第に被告の勤務先に怒りの矛先が向くようになった。

2012年五輪の金メダル選手、アリー・レイズマン氏は、苦情が出た後でも被告が少女を暴行し続けられたのはなぜか、第三者による調査を要求した。

レイズマン選手は、米体操協会が「内部から腐っている」と非難。米五輪委員会と体操協会がいずれも、自分たち選手をまったく応援しなかったと述べた。体操協会の理事3人はすでに辞任している。

現在の焦点は、誰が何をいつ知っていたかに移っている。

Image copyright Reuters
Image caption レイチェル・デンホランダー氏は「サバイバーたちの軍隊の五つ星の将軍」と呼ばれた

地元紙ランシング・ステイト・ジャーナルによると、1997年~2015年の間に7人の女性あるいは少女がナッサー被告について、コーチ、トレーナー、警察、あるいは大学関係者に被害を訴えていた。

ミシガン州立大学は2014年の時点で、卒業生からの被害届を調べながらも、問題行動はなかったと発表していた。被告が逮捕されたのは、その2年後のことだ。

大学は元生徒たちが必要としたカウンセリング費用の賠償として、1000万ドル(約10.9億円)を準備したが、約140人の女性から訴えられている。同大学のルー・アナ・サイモン学長は24日、批判の高まりを受け辞任を表明した。

同大学評議員会は19日、大学への疑惑について外部監査の実施をミシガン州政府の司法長官室に求めた。

女性捜査官や検察官、判事によって、ナッサー被告は有罪となり、服役し始めた。その一方で、関係当局の責任を問いただす闘いはまだ始まったばかりだ。

なぜ当局はもっと早く、被害者の話に耳を傾けなかったのか。

現在3児の母親で弁護士のレイチェル・デンホランダー氏が24日、最後に証言台に立った。アクイリナ裁判長は、デンホランダー氏を「サバイバーたちの軍隊の五つ星将軍」と呼んだ。

被害公表を決めた16カ月前の決心が、今回の判決で報われたデンホランダー氏は、BBCに次のように話した。

「今の状況にとても深く感謝している。でも本当に胸が痛む」

「本当なら小さい女の子のほとんどが、あんな思いをしないで済んだはずなのに。そう思うと、どうしようもなく心が震える」

(英語記事 Larry Nassar case: The 156 women who confronted a predator

この話題についてさらに読む