白人が「Nワード」を歌っていい場合はあるのか

ラッパーのケンドリック・ラマーは米アラバマ州でライブした Image copyright Getty Images
Image caption ラッパーのケンドリック・ラマーは米アラバマ州でライブした

黒人ラッパー、ケンドリック・ラマーによる米アラバマ州でのパフォーマンスの際、ステージに上げられた白人女性が歌の歌詞にあった「Nワード」をそのまま歌ってブーイングされた。これをきっかけに、「Nワード」の使用をめぐる議論が再びメディアをにぎわせている(敬称略)。

ラマーはアラバマ州で開かれた音楽フェスティバル「ハングアウト・フェスティバル」での自身の持ち時間中、楽曲「M.A.A.D City」を一緒に歌おうと女性をステージ上に招いた。

しかしラマーは、この女性が繰り返しNワードを使ったため、パフォーマンスを中断した。Nワードは曲中で繰り返し歌われている。

観客が怒って反応する中、ラマーは女性に「ひとつの単語、それはピー音で消さないと駄目だよ」と伝えた。

Nワードは差別語で、黒人奴隷を侮辱的に意味する中傷語だが、今ではヒップホップで頻繁に使われている。

ラマーの動画がソーシャルメディアに投稿されると、反応は複雑だった。女性を擁護する人もいれば、ラマーが女性の歌を中断したのは正しいという人もいた。

南ロンドン出身のグライム(ダンスミュージックの一種)アーティストでラッパーのイジーは、ほかにも数人のファンがステージに上がり、Nワードを避けて、ラマーと一緒に歌っていたと指摘する。

イジーはBBCニュースに対し、「(女性ファンは)絶対、Nワードを使うべきじゃなかった。簡単に避けられたんだし」と話した。

「自分がどの人種でも、Nワードを使うかは個人の選択だ。ケンドリックは素晴らしい方法で問題に対処した。女性ファンはあの事態を自分の判断で避けられたはずだ。自分で進んで、あの場に身をおいたんだ」

イジーは、いざと言うときに使って大きいインパクトを与えるため、自分自身はNワードをやたらと使わないようにしていると説明した。

Image caption ロンドンで活動するラッパーのイジーは、昨年ブリクストンで開催された、音楽番組「BBCミュージックイントロデューシング」の10周年記念ライブでパフォーマンスした

「自分はNワードをいくつかの違うやり方で使う。例えば同じ人種の別の人を指したり、隠喩として使ったり」

「使うべきだと感じた時に使う。曲の中で罵倒語はなるべく避けようとしているけれど(中略)でも歌詞は自然に流れていくし、その言葉がしっくり来て、大きな意味を持つ時には、歌詞に入れる」

イジーは、「誰でも言いたいことを言っていい。言論の自由があるから。でも、責任もある」と付け加えた。

「もしその言葉を使って(中略)自分には黒人とのつながりが何もない場合、今のこの世界では、反発される覚悟が必要だ」

そして、白人アーティストがNワードを使い、「伝えている内容とその単語に何の関係もなく、単にあれこれ言われたいとか目立ちたいからNワードを使っているなら、それは絶対に受け入れられない」とイジーは言う。

この問題は昨年も持ち上がった。米ニューハンプシャー大学の学生グループがインターネットに投稿した動画が、米国全体の関心を呼び起こしたのだ。

白人学生を含むこのグループは動画の中で、カニエ・ウェストが2006年に発表したヒット曲「Gold Digger」を合唱していた。この曲にはNワードが頻繁に登場する。

学生グループはさかんに批判され、ニューハンプシャー大学は学生たちの判断が「稚拙」だったと声明を出した。しかし、学生たちを擁護する人もいた。

「(学生たちが)この曲を書いたのではなく、カニエ・ウェストが書いたのだ」とジャーナリストのピアース・モーガンは英紙デイリー・メールに書いた

「学生たちはこの曲で数百万ドルを稼ぎ出してもいない。カニエ・ウェストは金を儲けたが」

「学生たちは若く自由で、パーティーで遊んでいたんだ。『Gold Digger』も単純に、他の著名なラップ楽曲と同じように思えたはずだ。だから学生たちは一緒に歌ったんだ」

Image copyright Getty Images
Image caption スタンダップ・コメディアンのクリス・ロックは、有名なネタの1つでこの問題を扱った

スタンダップ・コメディアンのクリス・ロックは、有名なネタでこの話題を取り上げた。白人の友人たちは「(黒人ラッパーの)ドクター・ドレーの曲を僕の近くでは楽しめない。だから、その言葉を飛ばしたり、もごもご言ったりし始めるんだ… 悲しい光景だった」という内容だった。

ロックは白人がNワードを含む曲で踊ったり、曲を歌ったりするのは問題ないが、白人がNワードを会話で使うのはあり得ないと示唆した。

「白人の皆さん、心配しないで。ドレーも、ジェイ・Zもカニエもかけていいですよ。どれも大丈夫。どれもOK。ただ、曲の中じゃないと駄目だよ。曲の中だけ」

その上でロックはこうも付け加えた。「というわけで、問題はそのままだ。白人はNワードを言っていいのか? 答えもそのままだ、『まあ、駄目だよね』」。

白人アーティストがNワードを使っても問題ないという意見の人を見つけるのは、なかなか大変だ。その一方で、どの人種だろうと、決して誰も使ってはならないと考える人もいる。

キャスターで作家のエドワード・アドゥーは「(Nワードの使用が)受け入れられるようになってきたみたいだ」と指摘する。

「わざわざ誰かを批判するのは、気が引けるという風潮がある。『放っておけ、人のやりたいようにさせろ』と」

「黒人の友人がNワードを使うと、自分は居心地が悪い。失礼だと思う。そして白人がNワードを使うと、本人も周りも貶めてしまう」

「火に油を注ぐ」

アドゥーは「Nワードは、反ユダヤ的発言と同じような文脈で扱われるべきだと私は思う。あらゆる差別語は、同じように分類されるべきだ」と加える。

そしてアドゥーは、音楽業界内の人々を批判する。

「ヒップホップや黒人社会の人間が、火に油を注いでいる。使ってはならない単語だと、認めようとしない。これは教育の問題だ。無知で、問題を気にしない人の問題だ」

複数の黒人アーティストは、自分たちはNワードを取り戻そうとしているのだと主張する。アドゥーはこれも取り合わない。

「大勢が苦しんだ。それで、どうやってこの言葉を取り戻すというのか。馬鹿な話だ」

「次世代に訴えるという意味では、もしケンドリックがNワードを言えば、『言ってもいいんだ』と思う人たちが出る。それは先々、とても良くない」

Image copyright PA
Image caption カニエ・ウェストの「Gold Digger」を皆で歌ったことで批判された学生たちもいた

アドゥーは、自分のこうしたスタンスが、黒人コミュニティからも批判されていると話す。「裏切り者と呼ばれることもある」。

ジャーナリストでブロガーのジェシカ・ノアもアドゥーに同意する。

「攻撃的な言葉を他の誰かが歌うのがいやなら、自分も歌うべきではないし、そもそも歌詞に使うべきではない」

「自分に影響力があるとか、今回みたいに自分のファンが自分が発した言葉を繰り返す可能性があるなら、繰り返して欲しくないなら、最初からそんな言葉は使っては駄目だ」

「はっきり言って、誰もNワードを使ってはならないと私は思う」

ノアは「ある言葉を歌っておいて、同じ言葉を同じ文脈で繰り返す白人をとがめるのは、私は偽善的だと思う」とも付け加えた。

「私自身も含めて私たちは、人種関係において、偽善や二重基準(ダブルスタンダード)を使わないよう、気をつける必要がある。Nワードは、使うのが誰だろうと、今後もずっといつまでも、不適切な罵倒語であり続ける」

(英語記事 Should white people ever sing the N-word?

関連トピックス

この話題についてさらに読む