【写真で見る】 W杯優勝にフランス歓喜 ロシアに傘は1本だけ?

French fans in Paris celebrate in front of the Eiffel Tower, 15 July 2018
画像説明,

エッフェル塔の前で優勝を祝う仏サポーターたち

サッカーのフランス代表は15日、ロシアで行われたワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝戦でクロアチア代表と対戦し、4-2で勝利した。フランスにとっては20年ぶり2度目のW杯優勝となった。

チームにとっても感動的な勝利だったが、ディディエ・デシャン監督以上に喜んでいる人はいないだろう。1998年フランス大会で代表主将だったデシャン監督は、今回の勝利で、選手と監督の両方としてW杯に優勝。史上3人目の偉業だ。

画像説明,

クロアチアは初のW杯決勝戦進出だった。写真は、首都ザグレブで試合を見守るサポーターたち

後半戦、試合は4人の乱入者によって一時中断された。ロシアの反体制パンク・ロックバンド「プッシー・ライオット」は試合後にフェイスブックに声明を投稿し、ウラジーミル・プーチン大統領も観戦していたこの試合を中断したことを認めた。

画像説明,

試合に乱入し、仏代表キリアン・エムバペとハイタッチを交わす「プッシー・ライオット」のメンバー

画像説明,

チームメイトと共に3点目のゴールを祝うMFポール・ポグバ(中央)

画像説明,

胴上げされるディディエ・デシャン監督。デシャン監督は選手と監督の両方でW杯優勝を手にした3人目の人物となった

画像説明,

フランスの勝利にガッツポーズするエマニュエル・マクロン仏大統領と、立ち尽くすクロアチアのコリンダ・グラバル=キタロビッチ大統領。中央にはウラジーミル・プーチン露大統領の姿も

画像説明,

パリのシャンゼリゼ通りでは何千人ものサポーターが優勝を祝った

画像説明,

敗北に意気消沈するクロアチアのDFシメ・ブルサリコ

画像説明,

疲れきった様子のクロアチア代表MFルカ・モドリッチ

しかし、この試合で特に注目を集めたのが表彰式だった。大雨の会場でウラジーミル・プーチン露大統領が真っ先に傘を差し出される一方、エマニュエル・マクロン仏大統領とクロアチアのコリンダ・グラバル=キタロビッチ大統領はずぶ濡れになっていた。

画像説明,

大雨の中で傘がなくても、フランスとクロアチアの首脳は明るく選手たちを祝福した

プーチン氏が外国首脳と傘を分け合わなかったことに、ソーシャルメディアではユーモアから驚きまでさまざまな反応があった。

「バースツール・スポーツ」のクレムコン記者はツイッターに「プーチンには傘を差す付き人がいて他の人がずぶ濡れなのは、まさに権力の誇示だ」と投稿した。

Twitter の投稿を飛ばす, 1

Twitter の投稿の終わり, 1

英国のコメディアン、オミド・ジャリリさんも「傘をもらえる大統領は1人だけ、笑える」とツイートした。

Twitter の投稿を飛ばす, 2

Twitter の投稿の終わり, 2

女子サッカーのイングランド代表GKシオバン・チェンバレンさんは「ロシアには1本しか傘がないの!?」と皮肉った。

Twitter の投稿を飛ばす, 3

Twitter の投稿の終わり, 3

全ての画像は著作権者に属します