エジル氏とエルドアン氏以外にも 議論を呼んだスポーツ選手の写真撮影

英プレミアリーグ・アーセナルに所属するMFメスト・エジルは、5月にトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と面会した後批判を受けた Image copyright Reuters
Image caption 英プレミアリーグ・アーセナルに所属するMFメスト・エジルは、5月にトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と面会した後批判を受けた

スポーツの有名選手のほとんどにとって、カメラの前でポーズをとるのは毎日の出来事だ。しかし、写真撮影の機会があっという間に批判や議論を引き起こす時もある。

ドイツ人サッカー選手のメスト・エジルが一例だ。エジルはトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と撮った写真をめぐって批判を受け、ドイツ代表からの引退を表明した(文中一部敬称略)。

エジルはトルコ系で、「家族の国の最高官職に敬意を表して」エルドアン大統領と5月に面会した。

しかし写真を見て、ドイツの民主主義的価値観に対するエジルの忠誠を疑う人たちもいた。

エルドアン率いるトルコ与党は対立者を厳しく取り締まり、軍、警察、裁判官を解任させている。

ドイツサッカー協会(DFB)もエジルを批判した。DFBは「エルドアン氏が十分に尊重しない価値を、サッカーとDFBは守る」と表明した。

この議論は、スポーツ選手が政治家に会うことの意味や、笑顔の写真は相手の支持を意味するのかどうかという問題を浮かび上がらせている。

ただ、このような類の出来事は決して今回が初めてではない。

モハメド・サラーとラムザン・カディロフ

Image copyright EPA
Image caption エジプトのサッカー選手、モハメド・サラー(右)と握手するチェチェン共和国の首長ラムザン・カディロフ

一見すると普通の握手に見えるが、上の写真は、英プレミアリーグ・リバプールとエジプト代表でプレイするモハメド・サラーが政治的宣伝活動に利用されたという非難につながった。

サラーと一緒に写っているのは、チェチェン共和国の首長ラムザン・カディロフだ。カディロフは数々の人権侵害で告発されている。

2人はチェチェン共和国の首都グロズヌイで先月面会した。サッカーのロシアワールドカップ(W杯)では、エジプト代表がグロズヌイを練習拠点にしていた。

人権団体は、大会にチェチェン共和国を取り込んだとして国際サッカー連盟(FIFA)を批判し、写真を非難した。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルのアラン・ホガースは当時、「ラムザン・カディロフは、モー・サラーを絶好の歩く宣伝材料と見るに決まっていた」と話した。

「チェチェンにおけるカディロフの独裁支配体制下、強制失踪や拘束者の拷問、裁判なしの死刑まで、次々と報告されている」

カディロフは今年初めにBBCに対し、自分の人権に関する記録を擁護し、裁判なしの死刑や拷問に関する報告は全て「でっち上げ」だと主張した。

デニス・ロッドマンと金正恩

Image copyright KCNA / AFP
Image caption 平壌で元NBAのスター選手デニス・ロッドマンとバスケットボールの試合を観戦する金正恩

本当とは思えない友情もあるが、北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)と元バスケットボール選手のデニス・ロッドマンとの間には友情がある。

ロッドマンは2013年、初めて北朝鮮を訪れた。米メディアの「バイス・メディア」が、ロッドマンが所有するバスケットボールチーム「ハーレム・グローブトロッターズ」に北朝鮮でのエキシビジョン・マッチを用意したのだ。

ロッドマンはそれから何度も北朝鮮を訪れ、大のバスケットボールファンとして知られる金正恩とたびたび会っている。

しかしロッドマンは、北朝鮮による人権侵害に言及しようとせず、そのため批判されている。

北朝鮮は公開処刑を実行したり、国民を暴力的な労働収容所送りにしたり、巨大な監視網を使って住民を監視したりしていることで知られる。

ロッドマンは今年初め、米NBCの番組「トゥデイ」に「誰も(人権侵害を)目にしていないし、誰もテレビで人権侵害を見ていない。全て伝聞だ」と語った。

コナー・マレガーとウラジーミル・プーチン

Image copyright AFP
Image caption コグー・マグレガーはロシアのウラジーミル・プーチン大統領を「最も偉大なリーダーの1人」と称賛した

コナー・マグレガーは間違いなく、世界で最も有名な総合格闘技の選手だ。

実際、その有名さから、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はモスクワで行われたW杯決勝に特別ゲストとしてマグレガーを招待したとみられる。

マグレガーはインスタグラムで、フォロワー2400万人以上に向け、会合への感謝とプーチンへの礼を伝えた。

「この人は現代で最も偉大なリーダーの1人だ」とマグレガーは書いた。「プーチンさん、今日は光栄でした」。

しかし、ロシアの人権状況をめぐりしばしば批判されるプーチンに対するマグレガーの称賛は、激しい反感を招いた。

あるツイッター利用者は「応援はもうしない。偉大な戦士、人を見る目がない人」と書いた。

別の利用者は「愛してるよコナー、でも、歴史を調べろ」とツイートした。

レネ・イギータと「ティモチェンコ」の愛称で知られるロドリゴ・ロンドニョ

Image copyright AFP
Image caption レネ・イギータは2012年に行われたエキシビジョン・マッチで、自身の代名詞になっている「スコーピオン・キック」を再現してみせた

元サッカーコロンビア代表GKレネ・イギータ、愛称「エル・ロコ」は、1995年にウェンブリー・スタジアムで行われたイングランド代表との親善試合で見せた、「スコーピオン・キック」が特に有名だ。

しかし2016年、現在は解散している反政府ゲリラのコロンビア革命軍(FARC)リーダーと写真に収まったことで、イギータは苦境に陥った。

FARCや他の反政府組織と、政府軍および右派民兵組織との50年以上続いた武装闘争で、26万人以上が死亡した。

それにもかかわらず、イギータは当時FARCの最高司令官だったロドリゴ・ロンドニョの腕をイギータが掲げているようなポーズで、一緒に写真に収まり、非常に問題視された。

イギータは当時、「私は軍司令官にも、民兵組織のリーダーにもゲリラのリーダーにも会っている。全員コロンビア人で、私は彼らの思いを分かっている」と述べた。

Image copyright Reuters
Image caption 「ティモチェンコ」の愛称で知られるロドリゴ・ロンドニョは,反政府ゲリラFARCの元最高司令官

(英語記事 Ozil meets Erdogan and other controversial sporting photo ops

この話題についてさらに読む