老化を左右するのは実年齢より「主観年齢」 健康にも影響か

デイビッド・ロブソン、科学ライター

Credit: Javier Hirschfeld/Getty Images Image copyright Javier Hirschfeld/Getty Images

もしあなたに出生届がなく、自分自身で感じる年齢がすべてだったとしたら、今のあなたは何歳だろうか。

身長や靴のサイズのように、この世に生まれてから何年たったのかは、変えようのない事実だ。しかし、誰もが同じように年を取るわけではないというのは、自分の日々の経験からもうかがえる。人によっては実年齢より若い気持ちでいるし、人によっては実年齢より上だと感じている。

なぜ感じ方が違うのか、科学者の注目が高まっている。年を取っても元気に見える人と枯れて見える人がいる理由を理解するのに、この「主観年齢」が重要な役割を果たすのではないかというのだ。

米バージニア大学のブライアン・ノセク氏は、「中高年の主観年齢が実年齢と比べてどれだけ若いかは、次に何をするかという、日常や人生に関わる重要な決定を左右するかもしれない」と話した。

主観年齢の重要性はこれにとどまらない。死の危険を含む重要な健康問題が、主観年齢によって予測できることが、複数の研究から判明している。現実問題として、あなたの歳は「自分で感じている年齢」そのもの。自分は年寄りだと思った人が年寄りなのだ。

この興味深い結果を受けて、多くの研究者が個人の老化体験を形成するさまざまな生物学的、精神的、社会学的要因を突き止め、より長く健康的に生きるための応用方法を探している。

Image copyright Javier Hirschfeld/Getty Images

老化現象に対するこの新しい理解は、何十年もかけて作られたものだ。個人が感じる年齢と実年齢の差を示した最初期の研究は1970~1980年代に登場した。

当時はささいな興味に過ぎなかったが、今は大きなうねりとなっている。過去10年間で膨大な量の研究が、この実年齢と主観年齢の落差がもたらす、精神的・肉体的な影響を検討した。

最も興味をそそられる要素のひとつは、主観年齢と性格の相互作用だ。

年を取るにつれて性格が丸くなる一方で、社交性が低下し、新しい経験に消極的になることはよく知られている。こうした性格の変化は主観年齢が若い人ほど小さく、主観年齢が高い人ほど顕著に表れるという。

一方で、主観年齢の低い人も通常の加齢に伴う前向きな変化を見せる。若いころより良心的になり、神経質でなくなる。つまり、主観年齢が低くても人生経験による賢さは、体得できるようだ。しかも、だからといって若々しいエネルギーや情熱は失われていない。つまり、主観年齢が低いからといって、永久に未成熟な状態にあるわけではないのだ。

老いても健康で

実年齢より若く感じていると、うつのリスクを下げるとともに、年を取っても精神的に健康でいられる可能性が高まるようだ。また認知症のリスクを軽減したり、入院の可能性を低めたりと、身体的な健康にも影響している。

モンペリエ大学のヤニック・ステファン博士は、合計1万7000人以上の中年・高齢者を追跡調査した3件の長期研究データを検証した。

それによると、調査に参加した多くは、自分は実年齢より8歳若いと感じていた。一方、実年齢より年を取ったと感じている人の結果は深刻なものだった。教育や人種、結婚歴といった要素を排除しても、主観年齢が実年齢より8~13歳上の人は、対象期間中の死亡リスクや病気による負荷が、通常の18~35%高かった。

Image copyright Javier Hirschfeld/Getty Images

主観年齢が健康にさまざまな影響を及ぼす理由はいくつかある。例えば、性格の変化に直接影響を与えている可能性が挙げられる。

主観年齢が低い人は、年を取ってもさまざまな活動(旅行や新しい趣味を始めること)を楽しむことができる。ステファン博士は「研究ではたとえば、主観年齢によって身体活動のパターンを予測することができる」と話した。

しかし、心理的・身体的な健康状態と主観年齢をつなげるメカニズムが、相互作用する関係にあることは確かだ。気分が落ち込み、忘れやすくなり、身体的に弱くなれば、自分は年を取ったと感じる。結果として負のスパイラルが始まり、心理学的・生理学的な要因が合わさって、主観年齢が高くなり、健康は悪化し、それによってさらに老いを感じ、弱くなっていく。

ステファン氏が学術誌「サイコソマティック・メディシン」に発表した分析は、主観年齢が寿命に与える影響を研究したものとしては過去最大のものだ。その影響の大きさは注目するに値する。

ステファン博士は、「主観年齢と寿命の関係は、実年齢と寿命の関係より比較が可能で、より強い」と話す。

つまり、主観年齢は出生届に書いてある誕生日より、健康状態をより正確に予測してくれる。

これを前提に、多くの科学者がこの複雑なプロセスを形作る社会的・心理学的な要因を特定しようとしている。

我々はいつから、心と体が違う時間軸で動いていると感じるようになるのか? どうしてそうなるのか?

Image copyright Javier Hirschfeld/Getty Images

バージニア大学のブライアン・ノセク氏とニコール・リンドナー氏は共同で、人生における実年齢と主観年齢の違いがどう変化するかを調査した。

予想の通りで、大半の子どもや若者は、実年齢よりも主観年齢の方が高い。しかしこの傾向は25歳前後で逆転し、主観年齢が実年齢よりも低くなる。30歳になるまでに全体の7割が実年齢よりも若いと感じるようになり、それ以降は差異が広がるだけだという。

両氏は共同論文で、「主観年齢の加齢は、まるで火星での出来事だ。地球での10年が、火星ではたった5.3年に当たる」と説明した。

ノセク氏とリンドナー氏は調査対象者の「理想年齢」についても調べたところ、これも火星時間に沿っていることが分かった。

「理想年齢は実年齢と共に上がっていくが、主観年齢よりわずかに若い値になる」と、ノセク氏は説明する。

「人生経験が徐々に良くなっていると思いつつ、実際の経験よりゆっくり感じて生きているという説を支持しているように思える」

人生最高の時期は一度きりというわけではない。これもまた20代半ばに反転する。20歳の60%が早く年を取りたいと思っているが、26歳になると70%が若くなりたいと思う。そしてそこから先、ほとんどの人が、少し前が人生のばら色の時代だったと感じるようになる。

Image copyright Javier Hirschfeld/Getty Images

年齢的な不安から自分を守る

一部の心理学者は、低い主観年齢は自己防御力の一例で、加齢の否定的なステレオタイプから自分を守ろうとしているのだと言う。

ドイツ・ビーレフェルト大学のアンナ・コルナット氏の研究は、主観年齢は時と場合によって変わる可能性があると指摘している。

例えば、仕事をしている時の自分と、友達といる時の自分は違うと感じる人もいるだろう。コルナット氏は研究の対象者に、生活の様々な状況で自分を若く感じるか、老けたと感じるかを聞いた。

結果は明らかだった。加齢による影響の一般的イメージが良くない仕事や健康、金銭面などの分野ほど、対象者の主観年齢は低くなった。

これは、主観年齢を低く考えることで、年齢にまつわる問題から自分を遠ざけようとしているという説を裏付けている。「私は65歳だけど50歳くらいに感じる」人は、自分の仕事ぶりをさほど不安に思っていないことになる。

コルナット氏の研究では他にも、主観年齢の低い人ほど、将来の自分について前向きな見解を持っていることが分かった。

つまり、加齢を悲観的に考える社会の目線から自分を守り、将来についてより前向きな視点を与えてくれる。この自己防衛機能は、実年齢より若く感じるとなぜ健康面でメリットがあるのかという説明にもなる。

Image copyright Hirschfeld/Getty Images

このように研究は進んでいるが、科学者たちはまだ主観年齢の可能性の一端を解明したばかりだ。しかし、将来的には、患者の主観年齢を下げて健康改善するという治療法が出てくるかもしれない。

ある既存研究では、高齢者に運動プログラムに参加してもらったところ、同年代の他の人よりもよくできていると褒められると、体力が改善したという。

ステファン氏によると、主観年齢の健康状態などを予測する力は実年齢を上回っている。ステファン氏は、医師は患者に主観年齢を聞くことで将来の健康問題の危険性をつきとめ、より効果的な健康管理を計画するべきだと話す。

これらの発見は、我々の脳や体がどのように時間の経過を切り抜けているか、より感覚的な視点をもたらしてくれる。

あなたが実際に何歳であっても、限界だと思うその原因がどこから来ているのか、自分自身に問いかけてみる価値はあるのだ。

デイビッド・ロブソンはロンドンを拠点にする科学ライター。ツイッターは@d_a_robson

(英語記事 The age you feel means more than your actual birthdate

関連トピックス

この話題についてさらに読む