失われた文明の痕跡? 岩に刻まれた絵、サメやクジラも インド

Petroglyph sharks Image copyright BBC Marathi
Presentational white space

インド西部マハラシュトラ州で、数万年前に岩に刻まれたとみられる絵が発見された。考古学者らは、これまで知られていなかった文明の証拠なのではと胸を躍らせている。BBCマラーティー語のマユレシュ・コンヌールが取材した。

岩に刻まれた文字や絵をペトログリフと呼ぶ。マハラシュトラ州のコンカン地域の丘の上で、数千ものペトログリフが見つかった。

ラトナギリやラジャプールなどで見つかったペトログリフの大半は、平らな岩山に刻まれている。数千年にわたり、誰にも気付かれずに残っていた。

Image copyright BBC Marathi

ほとんどのペトログリフは土や泥の層の下に隠れていたが、地表面にあらわになっているものもあった。地域によっては、聖なるものとして地元住民に祭られていたと考えられている。

動物から鳥、人間、そして幾何学模様まで、刻まれた絵は実に多彩で、専門家を驚かせた。

描かれた方法や、他の地域で見つかったものとの類似性から、今回見つかったペトログリフは先史時代のもので、今までに見つかった最古ののかもしれないと専門家たちはみている。

Image copyright BBC Marathi

マハラシュトラ州政府の考古学部門を統括するテジャス・ガルゲ氏はBBCに対し、「調査してまず最初に、紀元前1万年ごろのものだと推理した」と説明した。

ペトログリフの発見は、スディル・リスブード氏とマノジ・ナラセ氏率いる探険家グループによるところが大きい。2人はこの地域でいくつかのペトログリフを見つけたのを機に、本格的な調査に乗り出した。

多くのペトログリフは集落の寺院内にあり、地元の民間伝承の一部になっている。

「何千キロも歩いた。色々な人が写真を送ってくれるようになったし、ペトログリフを見つけるために学校に協力を仰いだりもした。生徒たちに、祖父母や村の老人に他の彫刻を知らないか聞いてもらった。とても貴重な情報をたくさん手に入れることができた」とリスブード氏はBBCに話した。

Image copyright BBC Marathi

2人はこの地域の52の村でペトログリフを発見した。しかし、自分たちの地元に絵が存在すると承知していた村はわずか5カ所だったという。

ペトログリフを積極的に探すほか、リスブード氏とマラセ氏は記録をとり、当局に研究と保護を求める活動でも重要な役割を担っている。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
空から撮影したマハラシュトラ州のペトログリフ

ガルゲ氏は、ペトログリフを作ったのは農耕に疎い狩猟採集民族だったようだと説明する。

「農業活動に関する絵はまだ見つかっていない。しかし狩りの獲物や、動物の姿形を詳細に記した絵はある。つまり、ペトログリフを刻んだ人物は動物や海洋生物のことは知っていた。このことから、この人物は食糧を狩りに依存していたと考えられる」

ペトログリフを調査しているデカン大学の歴史学者・研究者のシュリカント・プラダン博士は、ペトログリフは明らかに、当時の人々が見聞きしていたものに影響されていると指摘した。

Image copyright BBC Marathi

「ペトログリフのほとんどは、身近な動物を描いている。サメやクジラ、カメなどの両生類もいる」と、ガルゲ氏は話した。

しかし、ではなぜサイやカバなど、インドにはいない動物も描かれているのか。ペトログリフを描いた人々はアフリカからインドに渡ってきたのだろうか? それとも、こうした動物がかつてインドにいたのだろうか?

マハラシュトラ州は400のペトログリフについてさらに調査するため、2億4000万ルピー(約3億6000万円)を投じている。

様々な疑問が、いずれ解決すると期待されている。

Image copyright BBC Marathi

(英語記事 Prehistoric art hints at lost Indian civilisation

関連トピックス

この話題についてさらに読む