【解説】サウジ皇太子と米国の蜜月はこれで終わるのか

フランク・ガードナー BBC安全保障担当編集委員

Donald Trump disembarks Air force one in Saudi Arabia Image copyright BANDAR ALGALOUD / SAUDI ROYAL COUNCIL / HANDOUT

米国の大統領専用機エアフォース・ワンがサウジアラビアの首都リヤドに着陸し、手厚い歓迎を受けてから、まだ18カ月もたっていないとは、まさか本当だろうか?

ドナルド・トランプ米大統領が昨年5月、大統領として初の外遊先にサウジアラビアを選んだ際、ほとんどのサウジアラビア人は大喜びした。サウジアラビアの人々は、トランプ氏の前任者バラク・オバマ前首相のことがあまり好きではなかった。それほど中東に関心がなかったと思っていたし、オバマ氏が残したイランとの核合意は、サウジ視点でみれば悪いものだった。

一方のトランプ氏は、サウジアラビア人の取引相手になる人物だ。イエメン紛争に使う武器販売をオバマ政権は制限したが、トランプ氏はこれを撤廃した。トランプ氏は、人権について説教もしない。自分の義理息子のジャレッド・クシュナー氏が、サウジアラビアで圧倒的な権力を持つムハンマド・ビン・サルマン皇太子と非常に緊密な関係を築くことも喜んでいる様子だった。

ムハンマド皇太子は「MBS」とも呼ばれる。そのMBSによる米国への答礼訪問は、ホワイトハウスのあと、国防総省、そしてハリウッドへと続いた。皇太子は英ロンドンでも同様の歓迎を受けた。イエメン紛争で人道的悲劇を加速しているのは、皇太子の責任だという反戦デモがロンドンでは起きたが。

Image copyright ANDAR ALGALOUD / SAUDI KINGDOM COUNCIL / HANDOUT
Image caption ジャマル・カショジ記者の失踪について、サウジアラビアのムハンマド皇太子(左)に批判が集まっている

サウジ本国では、ムハンマド皇太子が推進する様々な改革を欧米の外交官たちは一様に称賛した。皇太子は女性の自動車運転禁止を撤回し、映画上映など国民向けの娯楽を解禁した。評判がよくない宗教警察の権力も制限した。これはいずれも、サウジアラビアが長く必要としていた新鮮な空気だと、欧米は歓迎した。

<関連記事>

ムハンマド皇太子は同時に、5000億ドル(約56兆円)かけて砂漠に未来都市を建設し、自国の石油収入依存を断ち切るという、驚くほど野心的な計画も発表した。「MBS」が統治するサウジアラビアはどんどん成長し、昨年の今頃には、世界中が皇太子に会いたがった。皇太子が首都リヤドで初開催した「未来投資イニシアティブ」には、参加者が殺到した。

Image copyright Frank Gardner
Image caption トランプ氏による大統領就任後初めての海外訪問を取材する中、巨大グラフィックの前で休憩をとるカメラマン。両国の関係は今よりも幸せなものだった

その情勢は一変した。皇太子はどうも欧米待望のリベラルな改革者ではないようだとの危険信号も点灯した。皇太子は昨年、王子と産業界の人物数十人が汚職したと非難し、独断で高級ホテルに監禁したのだ。レバノンのサアド・ハリリ首相を短期間拘束し、辞任を迫ったとの疑いも出た。皇太子はまた、たとえツイートに過ぎなくても自分の改革政策を批判するような者は、誰でも逮捕しろと命じた。

しかし、決め手となったのはムハンマド皇太子の最も激しい批判者だったジャマル・カショジ記者の失踪だ。カショジ記者は10月2日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館内で行方不明になった。あまりに怪しい事態を前に、皇太子と親密なトランプ大統領さえ、サウジアラビア政府の罪状が証明されれば、同国に「厳罰」を与えると発言するほどだった。これに対してサウジ政府は14日、自分たちも同じように報復できると反論した。世界の石油市場で決定的な役割を担っているのは、ほかならぬ自分たちなのだと。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
総領事館に入ったまま行方不明に サウジ記者失踪のこれまで

国営メディアの後押しもあり、サウジアラビア人の多くが政府を支持している。イスタンブールで起きたことは全て、潔白なサウジ王家の評判を落とそうとするカタールとトルコの陰謀だという噂まで広まっている。しかし、英明なサウジアラビアの救世主とかつては称賛された33歳の皇太子が、今度こそ一線を超えてしまったのではないかと、内心では疑問を抱いている人もいる。

ムハンマド皇太子はサウジアラビアを、金ばかりかかり勝算のなさそうなイエメン紛争に放り込んだ。隣国カタールとのもめごともサウジを傷つけた。人権をめぐってはカナダと対立し、平和的な抗議活動で数十人を拘束する一方、王族や産業界の大勢を遠ざけた。

もっと平穏な日々を切望する保守的なサウジアラビア人は、今後増えるのかもしれない。

(英語記事 Saudi Arabia: Is this the end of Mohammed Bin Salman's honeymoon?

この話題についてさらに読む