絶滅危惧種のジャワサイ、インドネシア津波で全滅の恐れも

ジャワサイの種そのものが、津波により消滅してしまう恐れがある Image copyright WWF
Image caption ジャワサイの種そのものが、津波により消滅してしまう恐れがある

インドネシアを再び津波が襲えば、絶滅危惧種のジャワサイが絶滅してしまう恐れがあると、自然保護活動家たちは懸念している。

ジャワサイはかつて、東南アジアやインドのジャングルに生息していたが、現在はわずか67頭がインドネシアのウジュン・クロン国立公園(TNUK)に残るのみとなった。

TNUKはは昨年12月22日に数百人が犠牲となった津波を引き起こした火山島、アナククラカタウのすぐ近くに位置する。

アナククラカタウは今も火山活動を続けており、公園当局は急ぎジャワサイを別の場所へ移そうとしている。

12月22日の津波による死者430人には公園職員2人が含まれ、公園内の建物や船も多く破壊された。

しかし、公園に残されたジャワサイは無傷だった。

ジャワサイは通常、公園の南岸に沿って生息しており、津波は今回、北側の海岸を襲った。しかし次にまた災害に襲われたら、サイは無事ではいられないかもしれない。

種そのものが危機に

ジャワサイは、世界に現存するサイ5種類の中で、最も絶滅の恐れが強い。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは、「絶滅危惧IA類(ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの)」に指定されている。

かつてはインド北東部や東南アジア全域で見られたが、密猟や農業による生息地破壊などで、生息数は急減した。

Image copyright WWF
Image caption 現在、ジャワサイは67頭しか残っていない

世界自然保護基金(WWF)によると、ヴェトナムにいた最後のジャワサイは2010年に密猟で殺された。

WWF職員のニコラ・ロウェス氏はインドネシアのサイに関する声明で、「世界中どこにも飼育下のジャワサイはいない。そのため、現存のジャワサイを失うと、実質的にジャワサイの種そのものを失うことになる」と述べた。

Image caption ジャワサイが生息するウジュン・クロン国立公園は、アナククラカタウの南に位置する

完璧な生息地を求めて

アナククラカタウは昨年6月から、火山活動活発化の予兆を見せるようになった。

しかし12月22日、アナククラカタウの火山活動が海底の地滑りを引き起こし、これまでに少なくとも死者430人以上を出した津波を引き起こしたと考えられている。

Image caption 火山により岩や堆積物が海へ滑落したのが津波発生の原因とされる

アナククラカタウの活動は今も活発で、短時間の間にマグマが爆発的に噴出する「ストロンボリ式噴火」は実のところますます活発になっていると、当局者は話している。

<関連記事>

「ジャワサイをウジュン・クロンだけに生息させておくわけにはいかないと理解している」と、インドネシア・サイ基金(YABI)のウィドド・スコハディ・ラモノ会長はBBCニュース・インドネシアに話した。

ラモノ会長はまた、「考慮すべき点はたくさんある」としながらも、少数のサイを別の場所に移動させる計画もあると付け加えた。

移動させるサイは健康状態が良く、お互いに仲が良く、繁殖が可能な個体でなければならない。

しかしサイを別の場所に動かすのは、言うほど簡単ではない。

植物を主食とするジャワサイのために、新しい生息地には200種類以上の植物が必要だ。加えて、水が豊富で、理想的な土壌や土地の状態の整った場所でなくてはならない。年間を通じて湿潤な気候も必要になる。

「完璧な場所を見つけるのは難しい(中略)1つの場所あたり50平方キロ以上が必要で、(サイに適した)食物と水がある場所でなければいけない。どんな病気があるか、サイを捕食する動物がいるのか、地元地域がどれだけ協力的なのかを知る必要もある」とTNUKのママト・ラフマト公園長はBBCニュース・インドネシアに話した。

Image copyright Getty Images
Image caption ジャワサイが生息する場所は、年間を通じて湿潤な気候である必要がある

政府当局者は、ジャワサイに最適な移住先を何年も探し続けている。2017年には1カ所見つかったと思われたが、移住は実現しなかった。

「計画がうまく行かない時もある」とママト氏は述べた。「多くの障害や技術的要因、内的な制約、外部要因(を考慮する必要)がある」。

政府は生息地候補となる10カ所を調査し、そのうちの1つ、ジャワ島西部のチケプー野生動物保護区が条件に適合する候補地として浮上したと、ママト氏は付け加えた。

しかし、ここにも問題はあった。

「地元と陸軍との間に、土地を軍事演習に利用するという合意があった。銃や大砲(の音)がどのようにサイへ影響するか、さらに研究が必要だ」

保護区周辺では人間も生活しており、それもジャワサイに危険を及ぼす可能性がある。

Image copyright Getty Images
Image caption ウジュン・クロン国立公園で見つかったサイの足跡

チケプー野生動物保護区への移住計画は行き詰まっているように見えるが、最近の津波後、当局は再び、切迫感を持って動き出している。

「(サイの)新しい生存環境の準備を、我々は迅速に進める」とママト氏は話した。

ママト氏は「いつかもし噴火がウジュン・クロンを襲う時には、(ジャワサイの)新たな保護区が他にもできている(ことを期待する)」と話した。

記者:リヴァン・ドゥイアストノ(BBCインドネシア) この記事のBBCニュースインドネシア語版はこちら

(英語記事 Anak Krakatau: How a tsunami could wipe out the last Javan rhinos

関連トピックス

この話題についてさらに読む