米アカデミー賞で目立ったドレスは ふわふわピンクからふわふわウサギまで

アナベル・ラッカム、BBCエンターテインメント記者

Melissa McCarthy Image copyright Reuters

第91回アカデミー賞授賞式が24日、米ロサンゼルスで開かれ、多くのスターが男女を問わず豪華なロングドレスやふわふわのピンク、そしてふわふわのウサギたちをまとっていた。

ソーシャルメディアで特に話題になった装いをいくつか紹介する……(一部敬称略)。

最優秀ドレスは……

ミュージカル「キンキー・ブーツ」でトニー賞とグラミー賞を受賞しているビリー・ポーターは、タキシード・ドレスで周りをあっと言わせた。

Image copyright Getty Images

本人はツイッターで、「オスカー授賞式ではおめかししないと」と書き、デザイナーのクリスチャン・シリアーノに感謝した。


ポーターはファッション誌ヴォーグに、自分は「常にファッションにインスピレーションを得て」いると述べ、自分の服装は同性愛者としてのアイデンティティーをいかに受け止めるかという表現だと説明した。

ファッション・ファンは、男性性と女性性を完璧に組合わせたこのクリスチャン・シリアーノのドレスを絶賛している。

トルーディさんは、「ビリー・ポーターの勝ち。みんなもう帰っていいから。ドレスやタキシードは返して。帰って!」とツイートした。

シャーロット・クライマーさんは、「考えても見て。ビリー・ポーターといつも同じ惑星で暮らせるなんて、なんて光栄なの」と書いた。

サイード・ジョーンズさんは、「ビリー・ポーターが生きている毎日が、私たちを幸せにしてくれる。これほど素晴らしく輝く人のそばで暮らせるなんて、なんて幸運なんだ」と書いた。

スーパーマンのようなマント

あれは鳥か? 飛行機か? いや、かなりかっこいいマントを着た大勢の有名人だ。

「天才作家の妻」で主演女優賞候補になったグレン・クローズは、金色にきらめくマントつきのドレスでレッドカーペットに登場した。

Image copyright Getty Images

「ある女性作家の罪と罰」で主演女優賞候補になったメリッサ・マカーシーも、マントつきの白黒アンサンブルで現れた。

Image copyright Getty Images

ヴィラネル的な

BBCドラマ「キリング・イヴ」で人気の暗殺者は、有名人の間でも人気なのかもしれない。ジョーディー・コーマー演じる殺し屋が着て注目されたピンクのドレスによく似たスタイルが、この日のレッドカーペットで相次いだ。

エリーさんは「今夜のオスカーのドレスコードは『ヴィラネル』みたい」と書いた。ツイートの右下の写真が、ドラマの「ヴィラネル」だ。

ジェイク・ジョートルスさんも、「みんなヴィラネルになりたくて、私はそれで文句なし」と書いた。

ジュードさんも、「今年のオスカーは一部、ヴィラネルがお届けします」と書いた。

映画「シンプル・フェイバー」に出演した米女優リンダ・カーデリーニは、タフェタ素材のフューシャ・ピンクのドレスで目を引いた。

Image copyright Getty Images

映画「クレイジー・リッチ」のオークワフィナは、DSquared2のライラック色タキシードできらきら光っていた。

Image copyright Getty Images

米歌手、ケイシー・マスグレーヴスは、ジャンバティスタ・ヴァッリのベビーピンク色ドレスを選んだ。

Image copyright Getty Images

虹色のレッドカーペット

昨年のアカデミー賞は、性的暴行被害者に連帯を示す「#MeToo」運動や「Time's Up」運動に共感し、白黒の地味な衣装が多かったが、今年のレッドカーペットはあらゆる色の服装で彩られた。

デイム・ヘレン・ミレンは、スキャパレリのピンクシフォン・ドレスで華やかに登場した。

「女王陛下のお気に入り」で共に助演女優賞の候補になったレイチェル・ワイズは赤、エマ・ストーンは茶色とゴールドのルイ・ヴィトンのドレスだった。

Image copyright Getty Images
Image caption レイチェル・ワイズ
Image copyright Getty Images
Image caption エマ・ストーン
Image copyright Getty Images
Image caption シャーリーズ・セロン

シャーリーズ・セロンは茶色いボブカットとパウダーブルーのディオール・ドレスで話題になった。

メリッサ・マカーシー女王陛下を称えよ

Image copyright Reuters

女王を演じたのは「女王陛下のお気に入り」のオリヴィア・コールマンだけではない。

衣装賞のプレゼンターとして登場したメリッサ・マカーシーは、白黒は白黒でも、たくさんのウサギのぬいぐるみをのせた、チューダー様式のドレスを着ていた。ウサギを大事にしている「女王陛下のお気に入り」でのアン女王へのオマージュだ。

同じように時代がかった衣装を着たブライアン・タイリー・ヘンリーとの掛け合いは、ソーシャルメディアを喜ばせた。

ところでお値段は

Image copyright Getty Images

レディー・ガガが着けていたネックレスに見覚えがある人は?

128カラットのイエローダイヤを中心にしたティファニー製のネックレスは、オードリー・ヘップバーンが1961年に「ティファニーで朝食を」のPRツアー中で着けていたものだ。

ちなみに値段は、3000万ドル(約33億円)だという。

(英語記事 Oscars 2019: Which Oscars outfits have caused a stir?

関連トピックス

この話題についてさらに読む