【写真で見る】 ノートルダム大聖堂の火災 焼失したもの、残ったもの

Pictures of Notre Dame after a devastating fire in April 2019
画像説明,

大聖堂の修復には数十年かかるとみられている

フランス・パリのノートルダム大聖堂で15日夕に発生した大規模な火災被害状況が明らかになりつつある。

火災では大聖堂の屋根と尖塔が崩落した。火は出火から9時間後に消し止められた。

エマニュエル・マクロン仏大統領は、12世紀から建築が始まったこの大聖堂の再建を約束している。すでに数億ユーロの寄付の申し出が寄せられている。

<関連記事>

画像説明,

ノートルダム大聖堂の火災前後の写真

画像説明,

大聖堂の一部は、改修工事のために足場が組まれていた

画像説明,

出火原因の調査が始まっている

画像説明,

被害状況や規模の調査も始まっている

画像説明,

尖塔と屋根が焼失したが建物の主要部分は無事だった

画像説明,

崩落した屋根と尖塔のあった場所からは空が垣間見える

画像説明,

大聖堂の内部の様子

画像説明,

祭壇や十字架は被害を免れたが、崩落した天井や尖塔のがれきが床に落ちている

画像説明,

有名な薔薇(ばら)窓やパイプオルガンも焼失を免れたもよう

画像説明,

大聖堂から運び出された宝物などは、現在はパリ市庁舎に保管されている

画像説明,

彫像の多くは火災前から行われていた改修工事のため、すでに工房で保管されていた

画像説明,

尖塔が焼け落ちる瞬間。大聖堂の主要構造は守られた

画像説明,

15日夜に撮影されたこの写真では、屋根に火が残っているのが見える

画像説明,

屋根に向かって消防隊が放水している。パリ検察庁は、この火災を事故と見て捜査している

画像説明,

燃え上がる大聖堂に駆けつけた消防車

画像説明,

火は遠方からでもはっきりと確認できた

画像説明,

マクロン仏大統領は5年以内の再建を約束するが、数十年かかるという専門家の意見もある

All images subject to copyright