【写真で見る】 天皇退位、宮中祭祀から「おことば」まで

Image copyright Reuters
Image caption 天皇陛下は退位の儀式で「我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」とおことばを述べた(30日午後、皇居)

天皇陛下は30日夕、皇居・宮殿松の間で「退位礼正殿の儀」に臨み、「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と在位中最後の「おことば」を述べた。

天皇が生前に退位するのは202年ぶりで、天皇陛下の長男の皇太子徳仁親王が5月1日、新天皇に即位し、新たな元号「令和」の時代が始まる。

退位の儀式は30日午前、天皇陛下が歴代天皇などに退位を報告する宮中祭祀で始まり、「退位礼正殿の儀」での「おことば」で幕を閉じた。

<関連記事>

Image copyright Getty Images
Image caption 退位の儀式は30日午前から皇居内で始まった
Image copyright Reuters
Image caption 皇室の祖先、歴代天皇などに退位礼の挙行を報告する宮中祭祀で、天皇陛下は重要儀式の際に身に着け、天皇専用の装束とされる「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」姿で賢所に入った。
Image copyright AFP
Image caption 賢所には皇室の祖先とされる天照大神が祭られている
Image copyright Reuters
Image caption テレビで生中継された在位中最後のおことばで、天皇陛下は「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と述べた
Image copyright Getty Images
Image caption 皇居前には大勢の人が集まった
Image copyright Reuters
Image caption 30年間にわたり様々な形で国民と交流を重ねてきた天皇・皇后両陛下は、多くの国民に慕われている
Image copyright Getty Images
Image caption 高齢などを理由に譲位を希望した天皇陛下に国民の大多数が共感した
Image copyright AFP
Image caption 昭和天皇の崩御を受けて新天皇が即位した30年前と異なり、多くの国民は今回の代替わりを祝賀ムードで受け止めている

関連トピックス

この話題についてさらに読む