選挙スタッフ550人が死亡 インドネシア大統領選で何があった?

Voting during Indonesian election Image copyright Getty Images

先月17日にあったインドネシア大統領選では、投開票などに当たったスタッフ550人以上が過労などで死亡したとされる。いったい何があったのか。

大統領選は、国会と地方議会の選挙も同時に開催。有権者は1億9000万人を超えた。1日で投開票を済ませる選挙としては、世界でも珍しい大規模なものだった。

インドネシアには1万8000もの島々があり、投票所の設営や投票箱の移動などでかなりの労力が必要となる。今回の同日選に関わったスタッフの人数は、総計700万人を超えた。

選挙管理委員会によると、選挙スタッフは738万5500人で、うち567万2303人は民間人、残りは投票所の警備に当たった警察や軍の関係者たちだった。

Image copyright Getty Images

開票はすべて手作業。締め切りに間に合わせるため、深夜や翌日の朝方まで開票が続いたところも多かったとされる。

選管は、投開票日から11日後の4月28日までに、270人以上の選挙スタッフが過労などで死亡したと発表。病気になった人も1878人に上ったとした。

死者数はその後、550人以上に上方修正した。

死亡率で分析すると…

選挙スタッフの死亡率は異常なのだろうか。

世界保健機関(WHO)によると、インドネシアの死亡率は1000人につき7.16人(2017年)だ。

これを選挙スタッフの人数である700万人に当てはめると、1日につき137人前後が亡くなる計算になる。

選挙スタッフは全員、投票準備や開票作業などで4日働いたと仮定し、先ほどの数字をもとに計算すると、死者の数は548人になる。

これは、選管が発表した約550人という死者数にかなり近い。

ただ、この大まかな計算は、年齢や性別、健康状態などの要素を勘案していない。

インドネシアの当局によると、亡くなった選挙スタッフの多くは50歳以上だったという。

そうすると、選挙スタッフの死亡者数はもっと多くなるはずだと考えられる。

Image copyright Getty Images
Image caption 投票用紙を手にするジャワ州の選挙スタッフ

インドネシアの保健省の発表では、亡くなった選挙スタッフの死因は心不全、脳卒中、呼吸不全、髄膜炎、敗血症などだ。

死者のうち、どれくらいに既往症があったのかは不明だ。

選挙スタッフの中で疲労やストレスを訴えて入院した人のうち、ほとんどは24時間以上続けて働いていたと言われている。それ以前にも何日間か、選挙準備で働いていた人も多いはずだ。

投開票日は4月にしては気温がそこそこ高かった。

オークランド大学のジェシー・ヘション・グレイマン博士は、2014年には選挙スタッフの死者が144人だったことと比べると異常だが、なんらかの結論を得るにはさらなる分析が必要だと話している。

(英語記事 Did an election kill 500 people?

関連トピックス

この話題についてさらに読む