女性が男性にセックスを強要……それはレイプなのか

ケイティー・シルヴァー、BBCニュース

Handcuffs Image copyright Getty Images

男性が女性に対して、性器の挿入を伴う性交を強要した場合、それは強姦だ。しかし、女性が男性に、性器を無理やり自分に挿入させ、セックスを強要した場合、それはどういう扱いになるのか。イングランドとウェールズの法律では、後者は強姦に相当しない。しかし、女性による男性への性交強要を調べた最新調査の筆者は、これにも強姦罪を適用すべきだと考えている。

(この記事の内容を不快に思う方もいるかもしれません)

ランカスター大学法科大学院のシヴォーン・ウェア博士は、2016~2017年にかけてイギリス初の、「強制挿入」の調査を実施。オンライン調査で200人以上の男性から回答を得た。

今年7月に発表された最新調査は、2018年5月から2019年7月にかけて男性約30人と1対1で対面し、直接話を聞いた内容にもとづくもので、強制挿入が起きる状況とその後の影響、さらに刑事司法制度の対応について詳細に調べている。

調査の参加者は全員匿名だが、その内の1人をここでは「ジョン」と呼ぶ。

ジョンによると、何かがおかしいという最初の兆候は、パートナーの自傷行為だった。特に危険な事態になると、ジョンは彼女を急いで救急病院に連れて行った。どうして自傷してしまうのか、2人は数時間かけて話し合い、心理的原因を探った。

それから約半年後、相手の女性は自分に傷をつけるのではなく、ジョンを狙うようになった。

「居間に座っていたら、彼女が台所から走ってきて、僕の鼻を強打して、くすくす笑いながら走り去った」とジョンは言う。「それ以降、暴力行為はどんどん頻繁になった」。

パートナーの女性は近所のかかりつけ医師に助けを求めたと、ジョンは言う。カウンセリングを受け、心理カウンセラーに会うよう紹介状を書いてもらったが、予約はすっぽかした。

女性は仕事から帰宅しては、「セックスを強く要求するようになった」とジョンは言う。

「暴力的になって、あまりにひどいので、彼女が帰宅するのを恐れるようになった」

あるときジョンが目を覚ますと、自分の右腕が手錠でベッドの金属枠につながれていた。彼女のやったことだ。ベッドの隣にあるステレオシステムのスピーカーを持ち上げた彼女は、それでジョンの頭を殴り始めた。次にジョンの左腕をナイロンロープで縛り上げ、セックスを強要しようとした。

全身の痛みと恐怖にかられ、ジョンは応じることができなかった。すると彼女はまたジョンを殴り、そのまま半時間ほど放置した。やがて戻ってきてジョンの手錠を外したものの、何があったのか話し合おうとしなかった。

それから間もなくして彼女は妊娠し、暴力行為はやんだ。しかし赤ちゃんが生まれて数カ月後の晩、ジョンがふと目を覚ますとまた手錠でベッドにくくりつけられていた。

彼女は今度は、ジョンに勃起不全治療薬の「バイアグラ」を無理やり飲ませ、猿ぐつわをかませた。

「自分ではどうしようもなかった」とジョンは言う。

「ことが終わると、僕はシャワーの中でずっと座ってた。そのままどれくらい時間がたったのか、よく分からない。やがて下の階の部屋に行くと、彼女は開口一番こう言った。『夕ご飯はなに?』って」

自分の体験を人に話そうとしても、なかなか信じてもらえなかったと言う。

「どうして家を出なかったのか、何度か聞かれた。だって、自分の子どもたちのために買った、自分の家なんだし。それに金銭面もあった。経済的な意味でも彼女との関係に、がんじがらめになってたんだ」

「今でもなかなか信じてもらえない。『なんで殴り返さなかったんだ』とか、そういう反応がよくある。でも、それは言うほど簡単なことじゃない」

「もっと早くに逃げ出せばよかった」

Image copyright Getty Images

ウェア博士が話を聞いた他の男性たちも、ジョンと同じような経験を口々に語っている。「自分の性器を強制的に相手の体に挿入させられる」という行為を強要するのは多くの場合、女性パートナーや元パートナーだ(博士は、男性と女性が当事者となる強制挿入のみを研究対象にしている)。そして、この強要行動は実は、多岐にわたる家庭内暴力(DV)の一環なのだというケースが多い。

自分の経験を口にしても信じてもらえないことが多いというのも、大勢に共通している。

「楽しんだんだろう。じゃなかったらもっと前に通報したはずだ」と、警官に言われたという男性もいる。

別の男性はウェア博士にこう言った。「自分に何があったのか口にするのが怖いし、恥ずかしいし、いざ誰かに話すと信じてもらえない。自分は男だから。男を性的に虐待するってどういうことだ?って。だってほら、こいつは男じゃないかって」。

ウェア博士の研究によると、被害者の経験には次のような共通点がある――。

  • 多くの男性は「強制挿入」の経験を恥ずかしく思い、通報しない。DVは通報しても、自分への性的虐待は明らかにしないことがある。
  • 精神衛生への打撃は深刻なものになり得る。その影響は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や希死念慮、性的不能などとして表面化することがある。
  • 性的虐待を繰り返し経験する男性もいる。幼児期の性的虐待や、男性を含む複数の加害者から性的暴力を受けた後、女性からも「強制挿入」を強要されたという。
  • 被害者の多くは警察や刑事司法制度、法律に対して、圧倒的に悪い印象を抱いている。

世間の誤った思い込みとして、男性の方が身体的に女性より屈強なのだから「強制挿入」など不可能だ――というものがある。これは決して事実ではないことが、博士の研究ではっきりする。加えて、男性はどんな状況でも女性との性交の機会を歓迎するものだという「都市伝説」も、間違っていることが立証されている。

Image copyright Getty Images

3つめの間違った思い込みは、男性の性的欲求についてだ。勃起したならセックスがしたいはずだと思われがちだが、実際には「性器の勃起はただ単に、刺激に対する生理的反応に過ぎない」とウェア博士は説明する。

「たとえ怖くても、怒っていても、おびえていても、男性は勃起することがあるし、その状態が持続することもある」

「女性についても、強姦されながら性的に反応(例・オーガズムなど)することがあるという研究もある。体が生理的に反応するからだ。男女を問わず性的暴力の被害者について、このことはもっと語られるべきだが、まだ不十分だ。だが、明確な証拠はすでに得られている」

ウェア博士の2017年調査に参加した複数の被害者は、アルコールや薬物で酩酊状態にある最中に「強制挿入」を経験し、自分に起きていることを制止できなかったのだと話している。

今回発表された最新調査に参加した男性は、ナイトクラブで遊んだ後に女性と帰宅したところ、完全に意識を失ったと話した。いわゆる「デート・レイプ」用の薬物を何か与えられたのではないかと疑っている。その後、同意しないまま性交を強要されたと男性は話す。

別の男性は、学生時代の夏休みにキャンプで働いていた際、セックスを強制されたと話した。自分がボーイフレンドに書いた手紙を女性同僚に見つかり、セックスしなければ同性愛者だと周りに暴露すると脅されたという。

この女性同僚は、この男性が女性と性交すれば「人生は一変し、ストレートになる」と思い込んでいたという。男性は友人や家族や同僚たちに、自分はゲイだと明らかにしていなかったため、女性の脅しに従うしかないと思ったと話した。

ウェア博士によると、最新調査の参加者のほとんどが、自分の性器を相手に挿入させられた経験を「強姦」と認識しており、自分の経験がイングランドおよびウェールズの法律では「強姦」に該当しないことに不満を抱いていた。加えて、イギリスの社会全般がおそらく自分の経験を強姦とみなさないはずだと、そこにも不満を抱いていた。

「自分の元彼女が酔っ払っては強引にセックスを仕掛けてきた、要するに自分を強姦したなんて話は、ほとんどの男の憧れだったりするよね?」と参加者の1人は話した。

「パブでそんなこと言おうものなら。うちの彼女は酔っ払うと、すっかりその気になるんだぜ、なんて。『うおお、最高だ! あやかりたいね!』とか言われるのが関の山だ。でも絶対に最高じゃないし、あやかりたくない。本当に。想像するようなそんなのじゃないんだ」

ウェア博士は「ああ、男か。女に強姦されるなんて、そんなはずないじゃないか」と題した論文で、アメリカの一部の州法は「強姦」を、不同意の性交と広く定義していると指摘する。また豪ヴィクトリア州では、「性器の挿入を強要する強姦」という別個の行為を犯罪として認定している。

博士は、「自分の性器を他人に強制的に挿入させられる」行為を強姦罪に含めるかどうか、「真剣に検討」する必要があると提言している。

(編集部追記:日本の刑法第177条は「強制性交等」を、「十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする」と定めている。これに対して2017年の改正前は、「強姦」について、「暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする」と規定していた。)

(英語記事 Forced penetration: If a woman forces a man to have sex, is that rape?

警察庁では性犯罪被害の相談電話窓口として、全国共通番号「#8103」を導入しています。

内閣府男女共同参画局でも性暴力被害者に必要な情報を提供しています。

また現在、都道府県に「ワンストップ支援センター」が設置されています。

この話題についてさらに読む