9/11テロ、CIAが白人ばかりでなければ防げた?

Stock image of people in suits silhouetted Image copyright Getty Images

18年前の今日9月11日、アメリカで同時多発テロが起き、日本人を含む3000人近くが命を奪われた。この攻撃を防げなかった大きな理由に、米中央情報局(CIA)職員の多様性の低さがあると、イギリスの作家マシュー・サイド氏は指摘する。

以下、サイド氏の見方を紹介する。

多くがWASP

CIA職員は、多くが白人(White)、男性、アングロサクソン(Anglo-Saxon)、キリスト教プロテスタント(Protestant)だ。これは、特定の知的能力と精神状態が高く評価される採用試験によるものだと、CIAベテラン職員は話す。

似通ったものの見方や背景をもつ人が多いため、CIAである事象を分析するとき、職員がそろって同じような見落としをしたり、誰もそのことに気づかなかったりする。

同時多発テロの首謀者とされる、国際武装組織アルカイダの指導者、故オサマ・ビンラディン容疑者についても、CIAは致命的な判断ミスを犯していた。

理解できなかった本当の意味

ビンラディン容疑者は1996年2月、アフガニスタン東部の山岳地帯トラボラの洞穴から、アメリカに宣戦布告をした。映像では、胸まで垂れたひげを生やし、戦闘服の下に布を着けた男が話をしていた。

当時、CIAはこの男がアメリカの脅威になり得るとは思えなかったと、CIA関係者は言う。

Image copyright Getty Images
Image caption ビンラディン容疑者

だが、ビンラディン容疑者が布を身にまとっていたのは、白人男性が想像しがちな、知性や科学技術の遅れを示していたわけではなかった。真の目的は、預言者ムハンマドに似せることだった。

さらに洞穴には、より深い象徴的な意味があった。ほとんどのイスラム教徒が知っている通り、ムハンマドはメッカでの迫害から逃れ、洞穴に避難した。洞穴を見せることで、神聖さを伝えることができたのだ。

ビンラディン容疑者が「詩」の形式で声明を出していたことについても、CIAは誤解していた。白人で中流階級の分析官には、そんなことをする男は変わり者に思えた。しかし、イスラム教徒にとって、詩も洞穴と同じく、神聖なものなのだ。

ビンラディン容疑者が戦略的、効果的にメッセージを発していたことに、CIAは気づくことができなかった。

<関連記事>

脅威を感じ取れなかった

アメリカ相手に勝てるはずのない戦いをビンラディンが始めるわけがない、という誤った認識もCIAにあった。

ジハード(聖戦)戦士にとっての勝利は、地上で獲得するものではなく、天国で得られるものだという発想を、CIA職員はもつことができなかったのだ。

Image copyright SAUL LOEB/AFP/Getty Images

CIAは、アルカイダ対策にもっと人員を割くことができた。内部に人を潜入させる努力もできた。

だが、その緊急性を理解できなかった。脅威を感じ取ることができなかった。

異なる見方がすぐれた判断を生む

サイド氏は、CIAのこうした「同質性」が同時多発テロを食い止められなかったことは、示唆に富んでいると指摘。

CIAに限らず政府や企業においても、異なる理論、異なる見方をもつことが、総合的かつ細部の機微を理解した力強い判断に重要だと説いている。

マシュー・サイド氏は「Rebel Ideas: The Power of Diverse Thinking」(反逆的思考:多様な思考の力)などの著書がある。

(英語記事 Was CIA ‘too white’ to spot 9/11 clues?

関連トピックス

この話題についてさらに読む