【写真で見る】 揚げコーラに揚げバター……134年続く米テキサスの祭典

1886年から続く「ごちそう」の祭典が、今年も行われた。米テキサス州ダラスで9月下旬から24日間にわたって開催された「ステート・フェア」には、200万人以上が足を運んだ。ユニークで面白い食べ物が目玉のこのお祭りを、BBCのエリザベス・ホットソン記者が取材した。

Image caption 高さ約11.5メートルの「ビッグ・テックス」像

テキサスのステート・フェアのシンボル「ビッグ・テックス」像は2体あり、大きい方は高さが17メートルもある。写真は、高さ約11.5メートルのもので、日没後にはライトアップされる。

Image caption 度々表彰されている「メキシ・コーン」

ステート・フェアの目玉は食べ物だ。屋台は毎年あれこれ工夫をこらし、人目を引くメニューを揃えて参加する。

ルース・ホーンツさんの屋台「ルース・タマーレス」の看板メニューは、じっくり蒸し焼きにした「メキシ・コーン」。

バルバコア(メキシコのバーベキュー)とブラック・ビーンズ、パクチー・ライムライスをトルティーヤで包み、ピコ・デ・ガヨ(トマト、タマネギ、唐辛子などで作る調味料)とケド・ブランコ(白いチーズ)、自家製サルサ・ヴェルデソースをかけたものだ。

お祭りの食べ物コンテスト「ビッグ・テックス・チョイス・アワード」で度々受賞している。

Image caption 電飾や旗で飾り付けられたチュロス店

メキシコと国境を接するテキサス州では、スペイン系やメキシコ系の文化の影響が多くみられる。

Image caption ターキーレッグの広告

最も価値のあるメニューに巨大ターキーレッグを挙げる人もいる。

Image caption アメリカンドッグの店「フレッチャーズ」

アーロン・フレッチャーさんの一族は、アメリカンドッグ好きの間では王族扱いだ。1942年のステート・フェア以降、出店を続けている。

Image caption バーガー・ハンド・パイ

ごちそうは他にもいくらでもある。「バーガー・ハンド・パイ」は、牛肉やベーコン、炒めた玉ねぎ、チェダーチーズ、ペッパージャックチーズをパイ生地で包んで焼いた食べ物だ。

お祭りに5年間連続して加しているエドウィン・ララさんが作っているのは、「フライドPBJ」。PBJとはアメリカの国民食とも言える「ピーナッツバター・アンド・ジェリー・サンド」の意味だ。

ピーナッツバターとジャムを塗った食パン2枚を重ねて、衣をつけて……その通り、黄金色にしっかり揚げればできあがり。

Image caption ピーナッツバターとジャムのサンドイッチを揚げた、フライドPBJ

まずフライドPBJの端っこをかじってみてから、好きかどうか判断するのがいいかもしれない。

Image caption 粉砂糖たっぷりの「ファンネルケーキ」

「ウィンター・ファミリー・コンセッションズ」のCFO(チーフ・フライング・オフィサー、最高揚げ物責任者)のクリスティ・エルピロさんが作っているのは、「ファンネルケーキ」。粉砂糖がたっぷりかかった、揚げたパンケーキのようなお菓子だ。

Image caption このお店は揚げ物だらけ。揚げコーラに、揚げジャンバラヤ……なんでも揚げる

「揚げコーラ(フライドコーク)」はいかが? それとも、「揚げバター」は? 「ピザ・フライ」もあれば、「フライド・ピザ」もある。

Image caption 揚げバター・ボール

「揚げ物のジーザス(Fried Jesus)」の異名を持つアベル・ゴンザレス・ジュニアさんが考案し、2009年に初登場した「揚げバター・ボール」。凍らせたバターに衣をつけ、揚げれば完成だ。

Image caption ステート・フェアの運営を担当するラスティ・フィッツジェラルドさん

ステート・フェアの運営担当のラスティ・フィッツジェラルドさん。移動遊園地や、食べ物やおもちゃの屋台が並ぶにぎやかな会場を管理している。

Image caption 観覧車「テキサス・スター」

1番人気のアトラクション「テキサス・スター」は、ステート・フェアではおなじみの存在だ。

Image caption ブレントさん、ジャンさん兄弟

「スモーキー・ジョンズBBQ」のブレントさんとホアンさんのリーヴス兄弟は、自らが考案した「ビッグ・レッド・チキン・ブレッド」に自信満々だ。

Image caption 「ビッグ・レッド・チキン・ブレッド」

屋台には、人目を引くメニューが必要だ。炭酸飲料のビッグ・レッド入りのドーナツの上に、フライドチキンが乗っている「ビッグ・レッド・チキン・ブレッド」は、今年最も目立ったメニューの1つだ。

Image caption カリーナ・ジャイメスさん

ダラス出身のカリーナ・ジャイメスさんは、ビールにスパイス、コショウ、レモン、ライムを加えたカクテル「ミチェラーダ」がお気に入り。究極の迎え酒なのだという。

Image caption カラフルなフローズンカクテル

屋台が何百もひしめくステート・フェアでは、とにもかくにも目立たなくてはならない。ブランドン・ウィンさんが作るインパクトのあるフローズンカクテルは、間違いなくひときわ目を引いている。

写真:エリザベス・ホットソン

すべての写真の権利は著作権者に帰属します

(英語記事 A taste of the Lone Star state

関連トピックス

この話題についてさらに読む