【ラグビーW杯】 NZのハカに「V字」で対抗 イングランドの意図は

England had lost their previous six meetings with the All Blacks before their semi-final win Image copyright PA Media
Image caption イングランドの主将ファレル(中央)はニュージーランドのハカの最中、笑みを浮かべているように見えた

ラグビーのニュージーランド代表の踊り「ハカ」は、迫力ある身振りと表情で知られる。26日のワールドカップ(W杯)日本大会の準決勝では、そのハカに、対戦相手イングランドが前例のない受け止め方を見せた。

ニュージーランド・マオリ族の伝統の踊りハカに対しては、相手チームは肩を組んで横一線に並んで見るのが通例だ。

Image copyright AFP
Image caption 主将リードを先頭に矢尻形に陣形を整えたニュージーランドに対し、イングランドはV字形で向き合った

しかしこの日は、両チームのアンセム(応援歌)斉唱が終わり、黒のジャージーに身を包んだオールブラックス(ニュージーランド代表)がハカのために逆三角形に陣形を整え出すと、白のジャージーのイングランドはV字型に広がって向き合った。

主将が笑みを浮かべる

イングランド主将のオウエン・ファレルは、ハカの最中、笑みを浮かべているように見えた。

「相手がこちらにかかって来るときに、ただ一列に並んで立っていたくはなかった」とファレルは試合後のインタビューで語った。

ニュージーランドに、好きなようにはさせないという意思を伝える意味があったという。

この日の対決は、イングランドが19-7でニュージーランドに勝利した。

<関連記事>

NZ陣営に踏み込む選手も

異例の隊形でハカに向き合ったイングランドに、主審のナイジェル・オウエンスが注意する一幕もあった。

ハーフラインを越えてニュージーランド側に入り込んでいたイングランドの選手の一部を、自陣に戻るように命じたのだった。

ラグビーの統括団体ワールドラグビーは、試合前に踊りなどを見せる際、各チームが自陣から出ることを禁じている。

Image copyright Getty Images
Image caption 主審のナイジェル・オウエンス(左)ら審判団は、イングランドの選手たちを自陣に押し戻した

イングランドの選手たちは、それぞれが熱い思いを胸にしていた。

センターのマヌ・トゥイランギは、「全員、準備万端で団結していることを示そうと思っていた」と言う。「これまでなかったことで、エディ(ジョウンズ監督)が提案したんだと思う」。

フランカーのトム・カリーは、「我々は早い段階で相手に向かっていきたかった。あれ(ハカ)はもう試合の一部だろ?」と述べた。

影響はあった?

ニュージーランドはどう受け止めたのか。

「何の影響もなかった」と主将のキーラン・リードは言う。

スクラムハーフのアーロン・スミスも、「オールブラックスは110年間、これをやってきた。自分たちのことだから、相手には気づかなかった」。

しかし一方、イングランドのファレルを見て、神経が高ぶったと言う。

「ちょうど正面にいて目が行ったのがオウエン・ファレルだった。彼は何回かウインクしてきたので、できるだけビビらせてやろうと思った」

接近してにらみ合い

慣例と違うかたちでハカに向き合ったチームは、過去にもあった。

Image copyright Getty Images
Image caption 2007年大会では対戦チーム同士の試合前の接近について規定がなかったため、フランス(左)はハカを見せるニュージーランドに接近してにらみ合った

W杯2007年大会の準々決勝では、フランスの選手たちが赤と白のウェアに、青のTシャツを合わせ、国旗を表現。一団となって前進し、ニュージーランドの選手たちとにらみ合った。

フランスはこの試合、20-18でニュージーランドを破った。

(英語記事 England had to stand up to haka - Farrell

この話題についてさらに読む

関連リンク

BBCは外部サイトの内容に責任を負いません