【ラグビーW杯】 ハカにV字で対抗のイングランドに罰金  敵陣に入る違反

haka Image copyright Getty Images
Image caption 矢尻形に陣形を整えたニュージーランドに、イングランドがV字形で向き合った際、何人かの選手がハーフウェイラインを越えた

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の決勝に進出したイングランドは、準決勝でニュージーランドのハカにV字形をつくって向き合った際に敵陣に入り込んだとして、2000ポンド(約28万円)の罰金の支払いが命じられた。

ラグビーの統括団体ワールドラグビーは、対戦相手が試合前に踊りなどで「挑戦」してくる際には、選手たちは自陣にとどまるよう規定している。

26日の準決勝では、イングランド選手の一部がハーフウェイラインを越え、ハカを披露しようとするニュージーランド陣営に入っていた。

Image copyright AFP
Image caption 主将リードを先頭に矢尻形に陣形を整えたニュージーランドに対し、イングランドはV字形で向き合った

主審のナイジェル・オウエンスら審判団は、それらの選手に自陣に戻るよう指示した。

試合はイングランドが19-7でニュージーランドに勝利。11月2日の決勝で、南アフリカと対戦する。

Image copyright PA Media
Image caption イングランドの主将ファレル(中央)はニュージーランドのハカの最中、笑みを浮かべているように見えた

フランスも2011年に

ワールドラグビーは今回の処分について、イングランドは「文化的な挑戦行動に関する」規則に違反したと説明した。

W杯におけるそうした違反は、今回が初めてではない。

2011年ニュージーランド大会の決勝では、試合前にハカを踊るニュージーランドの選手たちに向かって、フランスの選手たちが矢尻形に隊形を組んで前進した。

Image copyright Getty Images
Image caption 2007年大会では対戦チーム同士の試合前の接近について規定がなかったため、フランス(左)はハカを見せるニュージーランドに接近してにらみ合った

フランスはのちに、「文化的、儀式的作法」に反したとして、2500ポンド(約35万円)の罰金が科せられた。

<関連記事>

罰金の行方は

今回、肩を組んで横一列でハカに向き合う慣例をイングランドが破り、V字形に整列した模様は、「情熱的なニュージーランドのハカに対するイングランドの驚くべき対応」と題した、ワールドラグビーのユーチューブ動画で見ることができる。

この動画は、これまでに400万回以上再生されている。

イングランドが払う罰金は、慈善団体に寄付されるという。

(英語記事 England fined for haka response

この話題についてさらに読む