河井法相が辞任 妻の案里議員に公職選挙法違反の疑い

japan diet

河井克行法相(56)は31日、安倍晋三首相に辞表を提出し受理された。日本の主要メディアが報じた。妻で参院議員の河井案里氏の選挙陣営が、7月の参院選で運動員に法廷限度を超える報酬を支払った疑惑が浮上し、その直後の辞任となった。

案里氏の陣営に関する疑惑は、週刊文春がオンライン版で30日に報じた。車上運動員に対し、公職選挙法で定められている1日1万5000円の2倍にあたる3万円を支払っていたとしている。

「私も妻もあずかり知らない」

国内メディアによると、河井法相(衆院広島3区選出)は辞表提出後、「私も妻もまったくあずかり知らない」、「今後調査して説明責任を果たしていきたい」、「法務、検察に対する国民の信頼を守るために法相を辞める」と記者団に述べた。

その後、安倍首相も記者団の取材に応じ、「任命したのは私。こうした結果となり責任を痛感している。国民のみなさまにおわびを申し上げる」と述べた。

また、河井氏の後任には、元少子化相の森雅子参院議員(55)を充てる考えを明らかにした。

1週間で2人目の閣僚辞任

9月の内閣改造後、今月25日には菅原一秀経済産業相が、秘書が選挙区内で香典を渡した問題で辞任。それから1週間で2人目の閣僚辞任となった。

第2次安倍内閣発足後では、閣僚辞任は10人目となった。

関連トピックス

この話題についてさらに読む