「ピザのカロリー、消費にはウォーキング4時間」 ラベル記載すれば効果=英研究

ミシェル・ロバーツ保健担当編集長、BBCニュースオンライン

Generic pic of people helping themselves to pizza Image copyright Getty Images

食品のラベル表示に、その食品のカロリーを消費するにはどれだけの運動が必要か記載するべきだと、イギリスの調査チームが訴えている。

例えば、ピザ1枚分のカロリーを消費するには4時間のウォーキングが、チョコレートバー1本には22分間のランニングが必要となる。

英ラフバラ大学の研究チームは、こうしたエネルギーコストを記載することで、肥満にならないための健康的な食習慣を促進し、飽食を緩和することができると指摘した。

学術誌「Journal of Epidemiology and Community Health」に掲載された研究では、14の先行研究を基にした。

エネルギー消費をラベルに記載することで、1日当たりの摂取カロリーを200kcal減らすことができるという。

カロリーとは

  • 食べ物や飲み物に含まれるエネルギーは、カロリーで計算される。単位はkcal(キロカロリー)
  • 呼吸からランニングまで、1日に必要とされるエネルギー量は、成人男性は約2500kcal、女性は約2000kcalとされる
  • 消費カロリーより摂取カロリーが多い場合、エネルギーは脂肪として蓄積されるため、肥満になる恐れがある
  • 1日に食べすぎた量はわずかでも、それが毎日のことだとちりも積もって山となる

べ物のカロリー、運動で消費するには

ランニングは時速5~8キロ、ウォーキングは時速3~5キロから5~8キロを基準とした。

  • シリアル(ボウル1杯、172kcal):ランニング16分、またはウォーキング21分
  • チョコレートバー(229kcal):ランニング22分、またはウォーキング42分
  • 甘いソフトドリンク(138kcal):ランニング13分、またはウォーキング26分
  • ブルーベリー・マフィン(265kcal):ランニング25分、またはウォーキング48分
  • ポテトチップス(小袋、171kcal):ランニング16分、またはウォーキング31分
  • チキンとベーコンのサンドイッチ(445kcal):ランニング42分、またはウォーキング1時間22分

それぞれの運動量はそれほど大きくないように感じられるが、研究チームは、この表示がイギリスの肥満問題に大きな影響を与えるとしている。

イギリスでは現在、成人の3分の2以上が過体重か肥満だとされている。

研究を主導したアマンダ・デイリー教授は、「食べ物について良い選択を促し、これまでより活発に運動するように促すため、色々な方法に注目している」と説明する。

そうした方法のひとつとして、食品に「必要な運動量」を記載することで、自分が何を口にしているのか分かりやすくなり、健康的な選択ができるようになるという。

デイリー教授は、間食やお菓子に含まれるカロリーを消費するのにどれだけの運動が必要かを知れば、多くの人がショックを受けるだろうと述べた。

「ほとんどの人が、食品に含まれるカロリーの量を少なく見積もっている。500キロカロリーのチョコレートマフィンを買えば、それは50分のランニングに相当する」とデイリー教授は指摘する。

「これは決してダイエットについての話ではない。食べ物の摂取にはエネルギーコストがかかるということを公衆に教育している。そうすれば、『カロリー消費に2時間もかかるチョコレートケーキを自分は本当に食べたいのか? 本当にその価値がある?』と、自問自答できる」

リスクの「引き金」になる可能性も

イギリスの王立公衆衛生協会は、できるだけ早くこのラベル表示を導入したい方針だ。多くの消費者にも歓迎されるだろうとみている。

声明で同協会は、「この種のラベル表示は、個人のカロリー摂取をエネルギー消費の文脈に落とし込むとともに、イギリスが直面する記録的な肥満を説明する一助になるだろう」と説明した。

「カロリー摂取では、小さな変化が大きな違いを生み、体重増加につながる」

デイリー教授は、大手食品メーカーやスーパーなどがこのラベル表示を試験導入することで、「実生活」での臨床試験を行えればと話している。

一方で、こうした食品表示によるリスクを指摘する声もある。

摂食障害の慈善団体「Beat」のトム・クィン氏は、「肥満を減らすことの重要性は理解しているが、こうした食品ラベルは、摂食障害の引き金となるリスクがある」と述べた。

「摂食障害を患う人の多くが、運動のし過ぎに悩まされている。食品に含まれるカロリーの燃焼にどれだけの運動が必要か記載されると、こうした症状を悪化させる危険がある」

(英語記事 Exercise calorie labels 'make food less tempting'

この話題についてさらに読む