【写真で見る】 世界各国のクリスマス、悲劇のあった場所でも

世界中のキリスト教徒がイエス・キリストの生誕を祝っている。今年、悲劇に見舞われた場所でも、クリスマスの礼拝が行われた。

Short presentational grey line

スリランカ、コロンボ

画像提供, EPA

スリランカの首都コロンボの聖アントニー教会で、キリスト教カトリックの子どもたちが天使の格好をしている。この教会では今年4月のイースター当日、自爆テロが発生し、54人が亡くなった。

アラブ首長国連邦(UAE)、アブダビ

画像提供, EPA

アブダビの聖ジョゼフ大聖堂で、信徒がろうそくを捧げている。UAEの人口の5%以上はフィリピン系で、カトリックが熱心に信仰されている。

ヴェトナム、ハノイ

画像提供, AFP

ハノイの聖ジョゼフ大聖堂は19世紀に建てられた。

フランス、パリ

画像提供, EPA

フィリップ・マルセット大司教が、サン ジェルマン・ロクセロワ教会でクリスマスの深夜の礼拝を執り行った。4月に火災にあったノートルダム大聖堂では、1804年以来、約200年ぶりにクリスマスの礼拝が行われなかった。

ケニア、モンバサ

画像提供, Reuters

ケニアの海港都市モンバサのジーザス要塞は、16世紀にスペインによって作られたもの。ここでもクリスマスの礼拝が行われた。

パレスチナ自治区、ベツレヘム

画像提供, EPA

新約聖書でイエス・キリストが生まれたとされるベツレヘムは、ヨルダン川西岸に位置する。

ヴァチカン

画像提供, AFP

キリスト教カトリックの総本山ヴァチカンにあるサン・ピエトロ大聖堂でのミサでローマ教皇フランシスコ1世は、「神は一番の悪人をも愛する」と語りかけた。

このメッセージは、性的虐待などのカトリック教会のスキャンダルに言及したものと受け止められる可能性がある。

オーストラリア、シドニー

画像提供, EPA

クリスマスを前に、オーストラリアでは各地で森林火災が発生し、深刻な被害が相次いでいる。

シドニーの街角には、アロハシャツとレイを着けたモリソン首相が「メリー・クリスマス」ならぬ「メリー・クライシス(危機おめでとう)」と言っている落書きが登場した。

全ての写真は著作権者に帰属します