【解説】 新型コロナウイルスQ&A ぜんそくや妊娠に影響は? ペットはうつるの?

Young woman treating asthma with inhaler Image copyright Getty Images

中国の7万8000人超を含め世界各地40カ国以上で感染者が8万2000人を超し、なお増え続ける新型コロナウイルス。

世界的な緊急事態となった新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」について、BBCニュースの健康問題担当チームが読者の様々な質問に対して、主にイギリスでの場合を中心に答えます。

Q: 私のように、ぜんそくの持病がある人にとって新型コロナウイルスの危険性は? ――レスリー=アンさん(英スコットランド・ファルカーク)

A: 新型コロナウイルスは呼吸器系の疾患を引き起こすため、ぜんそくの症状のきっかけにもなり得る。

イギリスのぜんそく対策専門団体「Asthma UK」は、新型ウイルスを心配している人に、自分のぜんそく症状を管理するための手順をアドバイスしている。手順には、処方されている通りに吸入器を毎日使うことなどが含まれる。これによって、新型コロナウイルスを含むあらゆる呼吸器系ウイルスが、ぜんそく発作のリスクを軽減できる。

ぜんそくの症状が悪化した場合は、医療機関に連絡し、必要に応じて救急車を呼ぶように。

Q: もし私と夫がウイルスに感染したら、我が家のペットも感染するかもしれない? ――パット・ジャクソンさん

A: いいえ。世界保健機関(WHO)によると、新型ウイルスが人間とペット動物の間で感染するという証拠は得られていない。

ただしそれでも、ペットに触れたあとは定期的にせっけんと水で手を洗う方がいい。ペット動物は大腸菌やサルモネラなどを保菌していることがあり、それは人間にも伝染するからだ。

Image copyright Getty Images
Image caption マスクをした上海の犬

A: 自分の上司が、新型ウイルスのため自主隔離しなくてはならなかった人と接触した。私も自主隔離するべき? ――エルシー・ペサブリッジさん

Q: イギリスでも複数の企業が、新型ウイルス予防措置として自宅で作業するようスタッフに要請した。感染者の出た国から帰国した従業員の一部に症状がみられたからという。

ただし、保健省の公衆衛生執行機関、パブリック・ヘルス・イングランド(PHE)は、感染が疑われる症例のほとんどが陰性のため、スタッフを帰宅させる必要はないと呼びかけている。PHEは、たとえ感染者が確認されても職場を閉鎖する必要はないとしている。

英保健当局は現在、次の人たちに自主隔離を勧告している――。

  • 新型コロナウイルスの検査結果を待っている
  • 感染が確認された人と濃厚接触をした
  • 中国・湖北省やイラン、イタリアや韓国の特定地域から戻った(症状がなくても)
  • 湖北省以外の中国大陸、香港、韓国、日本、マカオ、マレーシア、シンガポール、タイ、台湾から帰国して14日以内で、せきや高熱、息切れの症状が出ている

Q: すでに肺炎にかかった人は、新型コロナウイルスの症状は軽くて済む?――マージさん(カナダ・モントリオール)

A: 新型コロナウイルスに感染すると、一部の人は肺炎になる可能性がある。肺の既往症がある人は特に、そのリスクがある。

しかし、いま世界で感染が拡大しているコロナウイルスは新型のため、免疫がついている人はいない。そのため、以前に肺炎にかかったり、重症急性呼吸器症候群(SARS)などコロナウイルスによる疾患を経験していたとしても、この新型ウイルスへの免疫はなく、COVID-19を発症する可能性がある。

WHOは、新型ウイルスに対するワクチンが一般に使用可能になるまでには1年半かかるかもしれないと話している。

Q: 私は妊娠5カ月で、自分が感染した場合の赤ちゃんへのリスクを理解したい――BBCサイト読者

A: 妊婦が特に新型コロナウイルスに感染しやすいと考える理由はないと、専門家はみている。PHEによると、イギリスで感染する確率は低い。

Image copyright Getty Images

自分をウイルスから守るには、簡単な衛生アドバイスに従うのが大事だ。それには、定期的に手を水とせっけんでしっかり洗う、洗っていない手で自分の顔や目、口に触れない、具合の悪い人との接触を避ける――などが含まれる。

お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません
しっかり手を洗うには ウイルス感染を防ぐため

Q: インフルエンザの方が危険そうなのに、なぜ各国政府はこれほど極端な形で新型ウイルスの対策に取り組んでいるのか? ――ロレイン・スミスさん(英ハーロウ)

A: 感染拡大を食い止めるために現在とられてる措置は、世界中の人にウイルスがどんどん伝染するパンデミックを阻止するためのものだ。

都市を封鎖したり、自宅に待機して不要不急の外出を控えるように勧告するのは、極端な対応に思えるかもしれない。しかしそれをしないのは、ウイルスが自由に拡散するのを容認するのと同じだ。

インフルエンザと違い、この新型ウイルスにはワクチンがない。そのため、高齢者や基礎疾患のある人は特に、その影響を受けやすい。

中国では、町の封鎖や外出を控えるといった対策が奏功しているようで、日ごとの新しい感染者数は減り始めているようだ。

.

Q: 新型ウイルスはドアの取っ手など経由で感染するのか。どれくらいもつのか――ジーン・ヒメネスさん(パナマ)

A: 感染している人がせきを手のひらで受けて、その手で何かを触ったら、その表面は汚染されるかもしれない。確かにドアの取っ手は、そのリスクがある。

そういう表面でウイルスがどれくらいの間、生き続けるのかはまだ分かっていない。数日間というよりは数時間で不活化(死滅)するだろうと専門家は見ているが、私たちはともかく定期的にしっかりと手を洗い、ウイルス感染と拡散のリスクを軽減すべきだ。

Image copyright Getty Images

Q: 感染した人が調理した食べ物から感染する?――ショーン・マッキンタイヤさん(豪ブリスベン)

A: 感染者が衛生に配慮しないで食べ物を調理した場合、その食べ物から別の人にウイルスが移る可能性はある。手に着いた、せきの飛まつからウイルスが広がることもある。ウイルスの拡散を防ぐには、食べ物に触ったり食べたりする前に手を洗うこと。これは誰にとっても有効なアドバイスだ。

Q: コロナウイルスに一度感染すれば、免疫はつく? ――デニス・ミッチェルさん(英オックスフォードシャー州ビスター

A: 感染症が治ると、その人の体には次に同じ病気になった時にどう対処すればいいかの記憶が残る。ただ、こうした免疫は長く持続しない場合もあるし、効率的でない場合もある。年月がたつと効果が薄れることもある。感染後にどれだけの間、免疫が続くかは明らかになっていない。

Q: マスクは感染予防に有効? どれくらいの頻度で取り替えるべき? ――トム・リムさん(インドネシア・バリ

A: マスクをつければ有効な差が出ると示すデータはほとんどない。の効果はほとんど証明されていない。専門家は、定期的に手を洗う、特に口の近くに手を持ってくる前には手を洗うなどして、衛生状態を保つ方が、はるかに効果的だとしている。

Q: 新型ウイルスに感染した人は完治する? ――クリス・ステップニーさん(英ミルトン・キーンズ)

A: 答えはイエス。多くの感染者が軽い症状だけで済むし、ほとんどの人が完治すると考えられている。

一方で高齢者や、糖尿病やがんなど持病のある人、免疫機能が低下している人などはリスクが高い。

中国の国家衛生健康委員会の専門家は、軽い症状の場合は1週間ほどで回復すると述べている。


(英語記事 Coronavirus: How dangerous is disease for asthmatics, and other questions

この話題についてさらに読む