【写真で見る】 巨大満月「ピンクムーン」、世界各地で夜空を照らす

Pink supermoon rises above Windsor Castle

画像提供, PA Media

画像説明,

今年3回目となる、満月が地球に通常より接近して大きく見える「スーパームーン」が世界各地で観測された。4月の「スーパームーン」は「ピンクムーン」と呼ばれる。写真は、イギリスのウィンザー城上空で観測された時のもの(7日夜)

欧州各地で7日から8日にかけて、満月が地球に通常より接近して大きく見える「スーパームーン」が夜空を照らし、多くの人が天体観測を楽しんだ。

4月のスーパームーンは「ピンクムーン」と呼ばれるが、通常の満月との顕著な色の違いはない。

「ピンクムーン」という呼称は、ネイティブ・アメリカン(米先住民)が北米で春先に咲く花にちなんで名付けたもの。

7日夜から始まった月光ショーを収めた、息を呑むような写真を紹介する。

画像提供, EPA

画像説明,

英ロンドンの観覧車「ロンドン・アイ」とピンクムーン

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「社会的距離」戦略が実施されている英ロンドン市内に、明るい光が降り注いだ。

画像提供, Reuters

画像説明,

英ロンドンの超高層ビル「ザ・シャード」とピンクムーン

画像提供, Reuters

画像説明,

英スタッフォードシャー・モウコップ上空のピンクムーン

英スタッフォードシャー・モウコップ上空にもピンクムーンが現れた。イギリスでは、「スーパームーン」、「ピンクムーン」、スーパー・ピンクムーン」といったハッシュタグがソーシャルメディアでトレンド入りした。

画像提供, PA Media

画像説明,

英ゲーツヘッドにある天使像「エンジェル・オブ・ザ・ノース」とピンクムーン

英ゲーツヘッドにある天使像「エンジェル・オブ・ザ・ノース」の上空でもピンクムーンが観測された。

月は地球に最も近い「近地点」に到達すると、通常より最大14%大きく、30%明るく見える。

画像提供, PA Media

画像説明,

英スコットランド・ファルカークにある「ケルピーズ」像とピンクムーン

ピンクムーンは、英スコットランド・ファルカークにある「ケルピーズ」像などのランドマークの上空で光を放った。

ソーシャルメディアでは多くの人が、新型ウイルスのパンデミック(世界的流行)の最中に、月の光が穏やかで希望ある情景を映し出したと投稿した。

画像提供, Getty Images

画像説明,

ドイツ・ベルリンの連邦議会議事堂とピンクムーン

欧州のほかの場所では、有名なランドマークの上空にピンクムーンが出現した。

画像提供, EPA

画像説明,

イタリア・ローマ上空のピンクムーン

荘厳なローマの街も、ピンクムーンに照らされた。

画像提供, Reuters

画像説明,

フランス・パリのノートルダム大聖堂の塔の合間から見えるピンクムーン

画像提供, PA Media

画像説明,

アイルランド・リーシュのロック・オブ・デュナメーズで、ピンクムーンを楽しむ家族

アイルランド・リーシュのロック・オブ・デュナメーズなどで、数千人もの人が立ち止まって空を見上げた。

画像提供, Jeff Overs / BBC

画像説明,

英ロンドン・ハイゲートヒル上空のピンクムーン

画像の著作権は著作権者に所属します